もう少しで床下浸水でした・・・・・

雨が降り続きもう少しで床下浸水になる所でした・・・・・・

地面が道路よりも低いのでどうしても水はけが悪いのです・・・・・・

合羽を着てスコップで庭に水路を付けました・・・・・・

溝に雨水を誘導しました!

途中に大きな石があってそれを「テコの原理」で除けました!

水路もついたし  雨も小降りになって一安心です♪

本当に これほどの雨は久しぶりでした・・・・・・




20180708105744b40.jpeg



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

ついに始まった関税掛け合戦!

★今日は、日経平均は反発した!
香港や上海指数も上げたから まあ ここまでは「織り込み済み」か!
ここからが問題ですね~
欧州の株価も上げれば週明けはもっと上げますね!


みちのり



米、追加関税発動=中国報復で「貿易戦争」―世界経済に影響
時事通信7/6(金) 13:12配信


 【ワシントン、北京時事】トランプ米政権は米東部時間6日未明(日本時間同日午後)、中国が知的財産権を侵害したとして同国から輸入するハイテク製品に25%の追加関税を課す制裁措置を発動した。

 対象は年500億ドル(約5兆5000億円)相当の輸入品で、これに対し中国は「必要な反撃をせざるを得ない」(商務省)とし、同じ規模の米国産品に報復関税を実施。制裁と報復を繰り返す「貿易戦争」に入り、日本を含む世界経済への影響が懸念される。

 トランプ政権は3月、米通商法301条に基づき、中国の知財権侵害を理由に制裁関税を課すと表明した。両国は貿易協議で対立の回避を模索したが折り合えず、経済大国同士が全面衝突する新たな局面に入る。

 米中両国は6日、第1弾として340億ドル相当の輸入品への追加関税をそれぞれ発動。米国は自動車、情報通信機器など818品目を対象にし、中国のハイテク産業振興政策をけん制した。中国の標的は米与党共和党の票田である農業州の産品が中心で、大豆や鶏肉など545品目に上る。

 両国は時期を見極めつつ、第2弾である160億ドル相当の輸入品にも高関税を課す。トランプ大統領は対中制裁の対象を最大で4500億ドルに増やす可能性を示唆。中国からの輸入品の大半に追加関税をかける異常な事態になりかねない情勢だ。



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね


「エーザイ」 ストップ高!

エーザイキャプチャ


エーザイ」が ストップ高になりました!

アルツハイマーの薬の有効性が発表になったためです!



[5日 ロイター] - エーザイ<4523.T>と米バイオ医薬品大手バイオジェンは5日、共同開発中のアルツハイマー病治療薬「BAN2401」について、中期臨床試験(第II相試験)の最終分析において最も服用量が多い患者群に効果が見られたことが判明した、と発表した。
試験対象となったのは、早期アルツハイマー病患者856人。これらの患者をプラセボ(偽薬)群と、用量を5段階にしたグループに分類した。その結果両社によると、18カ月が経過した時点でプラセボ群に比べて最大用量の患者の病気の進行が著しく遅くなった。
バイオジェンは昨年12月、中期試験の期間12カ月経過時点で主要目標を達成できなかったが、18カ月まで試験を継続すると表明していた。
両社は、詳しい分析結果を今後の学会で公表するとしている。



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

投信で損失、個人の半数 金融庁調査

投信で損失、個人の半数 金融庁調査

経済 金融機関 2018/7/4 22:00日本経済新聞 電子版


 投資信託を保有する個人投資家の半数近くが損失を抱えている――。金融庁が投信を販売する銀行に実施した調査で、こんな実態が明らかになった。過度な分配金や短期の売買で十分な運用収益を得られず、長期の資産形成に結びついていない。販売会社も改革に動きつつあるが、事態を重く見た金融庁は運用成績の共通指標などで顧客本位の徹底を求める。


 金融庁が都銀や地銀の計29行を対象に2018年3月末時点の運用損益を調べたところ、損失を抱える顧客は46%と全体の半分近くに達した。損失率が10%以下の個人が全体の35%ともっとも多かった。個別行では「平均の運用損益率がマイナスの金融機関もあった」(金融庁)という。

 運用損益は、投信の購入時と今年3月末時点の評価額を比較。累計の受け取り分配金(税引き後)や販売会社に支払う手数料なども加味して全体の収益を算出した。

 ここ数年は緩和マネーの流入で世界的に株価が堅調に推移する。本来なら個人が高い収益を得ていいはずだが、実態が異なるのは日本固有の投信の構造があるからだ。

 銀行や証券会社はかねて自らの手数料収入を優先し、個人の短期売買を助長しているとの批判があった。販売手数料ばかりがかさめば、肝心の運用利回りは低下してしまう。ある金融庁幹部は「金融機関のトップは手数料収入の多寡は気にしても、顧客がもうけられているかは見向きもしてこなかった」と批判する。

 特に問題視されてきたのが「毎月分配型」だ。過度な分配金を顧客に支払い、元本の取り崩しが常態化した。生活費の足しにする高齢者には人気があったが、現役層の資産形成にはそぐわない。

 調査では投信の保有期間と運用リターンの関係も分析。長期保有するほど投資収益を得やすい傾向がみられた。運用コストにあたる信託報酬の高さが、運用収益とは必ずしも結びつかないこともわかった。

 公募投信の残高は約110兆円と過去最高水準にある。「貯蓄から資産形成」の実現には、投信を活用した長期投資の定着が欠かせない。

 金融庁は個人が投信の成績を比較できる共通指標を設け、銀行や証券会社に公表を求める考えだ。指標は(1)運用損益別でみた顧客の割合(2)預かり残高上位20商品のコストとリターン(3)同リスクとリターン――が柱。主に設定から5年以上の投信を対象とし、販社に顧客本位の徹底を促す。



チッチッチッチッ

マウスが 壊れました!

デスク


トレーダーにとってPCは商売道具です。

まして マウスなどは必需品です。

昨年11月の新しいPCを買ってマウスも新品でした・・・・・

ところが 先日突然マウスのスクロールホイールが利かなくなりました。

サポートから設定とかいろいろ聞きましたが どうもマウスの故障とのことで1年の保証期間中で送ってもらいました。

すると 問題なく使えました。

いままで 半年でマウスが故障するなんてなかったので「まさか」って感じでした。

マウスも半年で壊れる可能性がありますから !!!!









(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね





アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
128位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる