FC2ブログ

米当局矢継ぎ早の政策打ち出し

アメリカ金融当局は次々とサブプライム問題への対策を打ち出しました

1、金利は0.75%下げて年2.25%へ

2、証券担保貸し出しへの資金供給枠拡大

3、市場への流動性を拡大するため、ニューヨーク連銀を通じて、証券化市場に参加する金融機関への資金供給を目的にした融資制度の創設も発表した。

これらの政策は最後の一手と呼ばれているものらしいです

これを受けてニューヨーク市場は大幅高となりました

これを受けて東京は細々 と上げて現在は80円だけプラス

情けな~ 

商品先物市場は一旦の達成感から売られて急落しております

ひょっと すると商品相場から株式相場への流れが変わりつつあるのかもしれません

でも いくらニューヨークが上げても東京は上がれません 

日銀総裁は決まらんわ

ガソリンの暫定税率も決められんわ

混乱を極めています 

こんな状況を見て買ってくる外国人投資家はおらんやろう

どない思います 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
110位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる