FC2ブログ

新型肺炎の終息はいつごろか?

望遠鏡




終息へのシナリオ
――どのような状態になれば、終息していくのでしょうか。

三宅: 流行が進み、みんなが免疫を持つようになれば収まりますし、いわゆる普通の風邪になります。新型インフルエンザのときもそうでした。未来予測は難しいですが、封じ込めをしていればウイルスがシュッとなくなり、感染者がいなくなるとは思えません。市中感染が散発的に起こっていて、これから患者が増えるというのが自然な想定だと思います。そういう状態が2~3カ月間続くことを前提に、どこまで社会的な活動や生活を犠牲にするのか、もう少し冷静になった方がいいと思います。

新型インフルエンザの想定は過去の経験を踏まえて作っていますが、第一波は8週間程度続き、社会の中に免疫を持つ人が増えていって一度終息します。
その数カ月後に第二波が来るとみているのは、しばらくすると人の往来で免疫を持っている人の割合が社会の中で変わるからです。


★水際作戦から羅漢者への重症化対策へと変わっています。
株価が上がる=新型肺炎の終息」 これにつきます。
では、終息は何をもって判断するのか?
WHOが終息宣言を出す前に当然株価は反発します。

株価は、実体の半年先を行く」といわれます。

上のような記事が散見されるようになってきました。
新型肺炎が流行りだしたのは1月末です。
市中で蔓延すると 「もうだめだ!」って皆さんが思われるかもしれませんが 株式の世界は世間の常識とは違います。

市中で蔓延する=免疫ができてもうこれ以上広がらない状態 =株価上がる
★これだけ騒いでいても現在の死者は、たったの3人(2/24現在)です。
では、インフルエンザの日本での死者数 
2016年1463人→2017年2569人→2018年3325人

やはり 株価は遅くとも3月中に反発するのではないでしょう!




(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

スポンサーサイト



アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
90位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる