FC2ブログ

我慢の限界!

残侠伝昭和


昭和残侠伝 
高倉健と池辺亮が我慢に我慢を重ねていましたが ついに堪忍袋の緒が切れてやむなく殴り込みのシーンです。





韓国への輸出規制「第1弾」を発動 半導体材料3品目
7/4(木) 朝日新聞  0:00配信

iPhoneXには韓国サムスン電子製の有機ELパネルが使われている(アップル提供)
 政府は4日午前0時、韓国への輸出規制強化策の「第1弾」を発動した。半導体などの材料3品目を対象に、輸出許可の手続きを厳密にする。韓国のメーカーが材料不足で半導体などを十分つくれなくなれば、これらを使う日本を含む家電メーカーのスマートフォンなどの製造も滞り、世界経済に影響する恐れもある。

 3品目は、スマートフォンやテレビなどの画面に使う「フッ化ポリイミド」、半導体基板に塗る感光材の「レジスト」、半導体洗浄に使う「フッ化水素」だ。いずれも世界全体に占める日本の生産シェアが高い。

 3品目を手がける国内企業はこれまで、韓国向けに最大3年間分の輸出許可を1度に取れたが、4日から輸出契約1件ごとに取る必要がある。許可に時間がかかったり、許可自体が取れなかったりする可能性がある。経済産業省は標準的な審査日数を90日としている。

 政府は規制強化策の「第2弾」として、輸出先として信頼できる国として指定する「ホワイト国」(現在27カ国)から、韓国を外す手続きに着手している。早ければ8月中旬にも外す見通しだ。
朝日新聞社

韓国に対する日本政府の貿易上の制限をみて、高倉健さん主演の「網走番外地」シリーズが頭の中に浮かんだ。忍耐と我慢を重ねた揚げ句、とうとう反撃に転じる-。

 政府は輸出手続きを免除する友好国リストから韓国を外した。テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミド、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の対韓輸出は煩雑な許可手続きが必要になる。

 「安全保障がからむ貿易管理について韓国と一定期間対話がなされていない」(経済産業省)という理由は建前である。真相は「いわゆる徴用工問題で事態の進展が見通せないことから、事実上の対抗措置に踏み切った」(1日付産経新聞朝刊)である。

 3品目の日本の世界シェアは高く、フッ化ポリイミドとレジストは約9割、エッチングガスは約7割を日本が占めるという。対韓輸出規制が厳しくなると、半導体大手のサムスン電子や薄型で高精細なテレビで先行するLGエレクトロニクスなど韓国を代表する企業の生産に深刻な打撃となる可能性が取り沙汰されている。韓国側も対抗措置を検討中という。

 スケールは小さいが、米中貿易戦争ならぬ、「日韓ハイテク貿易戦争」とうがつ向きもあろう。「国際自由貿易ルールを日本は無視するのか」との反発が韓国から上がり、国内でも「安倍政権は自由貿易の担い手として海外から期待も寄せられていたが、こうした評価を損ねるかもしれない」(2日付日経新聞社説)との懸念が出る。

 現実の国際貿易は決してきれい事ではない。韓国の場合、対日貿易では以前から日本製の家電、自動車、半導体の輸入を制限し、国内メーカーを育成してきた。それでも、国産技術では間に合わない部品や材料を日本からの輸入に頼ってきた歴史がある。日本の政界は日韓の特殊な関係を考慮し、韓国側にとって都合のよい対日貿易を事実上、黙認した。政治的忖度(そんたく)だ。

 韓国産業は徐々に日本の技術水準に追いつくようになった。まずはテレビ、自動車、そして半導体、スマホの世界シェアは日本メーカーを圧倒している。それでも、限られた一部の部品や材料技術はいまなお、日本に劣る。徴用工問題に限らず慰安婦問題を含め、両国間の合意を無視する韓国に対し、日本側はやむなく、韓国の日本に対する貿易上の数少ない弱みをついた。

 グラフは全品目と半導体からみる韓国の対日輸入依存度の推移である。対日依存がこれまでの約20年間のうちに急速に減少、いずれも対日輸入シェアは1割以下まで縮小した。半導体を含め、以前ほど日本に頼らなくてもよい。このプロセスの中で、韓国の歴代政権は日本に対して、「歴史」問題を蒸し返して、対日関係悪化を気に留めない。貿易で依存するのは中国で、北京にはひたすらへりくだる。韓国にとって対日貿易は政治そのものなのだ。日本側の反撃は始まったばかりだ。(産経新聞特別記者・田村秀男)


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね


スポンサーサイト



アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
85位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる