FC2ブログ

新元号「令和」!

「令」と「和」新時代象徴する2文字 新元号読み解く
新元号「令和」 社会
2019/4/2 2:00 日本経済新聞 電子版



1日発表された新元号「令和」。出典は日本最古の歌集「万葉集」から、「令」は元号に初めて使われた。令和は5月から始まる新時代をどのように照らすのだろうか。出典となった作品の背景や2つの文字が持つ意味を専門家に聞きながら、読み解いた。

平成までの元号の出典は判明しているだけで77。すべて中国の古典に由来する。出典を国書に求めたのは初めてだが、これまでも日本の古典から選ぶという考え方はあり、万葉集などはその有力候補だった。
東京大の山本博文教授(日本近世史)は「これまでの元号が典拠としていた漢籍の言葉は、君主にとっての政治的な理想だったが、万葉集から引いた『令和』には政治性が感じられない。元号そのものは価値観が多様化するこれからの時代に合っている」と分析する。
川本皓嗣・東京大名誉教授は「このような形で国書を元号の出典とするのは長続きしないだろう。漢文の記述が少ない国書は出典になじみにくい。今後は漢詩からの引用があってもいいのでは」と話す。
「令和」の文字を引いたのは、万葉集巻五に収録された梅花の歌の「序」。この梅花の歌は32首あり、大伴旅人を中心とするグループが詠んだとされる。漢字の音だけをあてて表記された「歌」と違い、「序」は表意文字としての漢字を使った漢文体であることも、出典として適していた。
また、出典となった「序」は中国・東晋時代の書家、王羲之の代表作「蘭亭序」にならったともいわれる。


国際日本文化研究センターの倉本一宏教授によると、序は旅人が正月に仲間を館(官舎)に招いた歌会で前置きとした文章の一部。「梅をめでながら旅人らが宴を楽しんでいる心情を詠んだものだ」と解説する。
当時の旅人は藤原氏との政争に敗れた長屋王と親しかったために九州・大宰府に左遷。都をしのびつつ、もうすぐ帰れそうだとの希望を詠んだと解釈できるという。「微妙な政治情勢を背景に詠まれたが、込められた字のイメージそのものには、平和な時代になってほしいという思いが読み取れる」と語る。
漢字に詳しい京都大の阿辻哲次名誉教授によると、「令」には、「令嬢」「令息」といった言葉のように「よい」という意味がある。文字の構造は、ひざまずいている人に申しつけているという形で「命令」の意を含む。令和を漢文調にすると「和たらしむ」と読める。阿辻名誉教授は「世の中を平和にさせる、という穏やかな印象にあふれている」と話した。
「中国では『令月』に『吉日』と付けることが多い。令は吉と通じ、めでたい意味がある」と説明するのは、東京大東洋文化研究所の大木康教授(中国文学)。歌に出てくる梅は中国を代表する花として知られており「中国の古典から引用してきた過去とのつながりや関係にも考慮したのではないか」としている。
元号に詳しい京都産業大の所功名誉教授によると、「令」の文字を使った元号は1864年に「元治」に改元された際に「令徳」の候補があった。だが幕府側が「徳川に命令する」という意味が込められているとして難色を示し採用されなかったとの記録がある。




(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト



アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
85位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる