FC2ブログ

すでに老後ですが 何か?

★すでに老後は 始まっています!
厚生年金も繰り上げて61歳からもらっているので月額13万円です!
偶数月に2か月分振り込まれますが いつもわすれています・・・・・・
まったく あてにしていないからです!
相場で生きているのでそうなるのです。

「老後はいくら金が要るのか?」
って話は多いですね~
この話の3つの要点に「適切に運用する」というのがあります!
ここが最も難しいでしょうね~




楽観的



人生に、お金はいくら必要か(人生設計の基本公式)
「お金の問題」はシンプルな3つのステップで解決

私は、ファイナンシャルプランナーとして、日頃、多くの方からご相談をお受けしています。若い方からリタイアメントを迎えた、或は、まもなく迎える方もそれぞれの年代で、お金について悩み、様々な不安を持っていらっしゃいます。
しかし、端的に申し上げると、お金の問題は、自分でなんとかするしかありませんし、また、解決できることです。一般には、自分の人生の持ち時間を使って、計画的に「貯蓄」していくことで、多くの問題は解決できます。この「貯蓄」というのは、銀行の預貯金だけでなく、運用してお金を増やしていくことも含みます。

そのスタートは、人生にお金はいくら必要なのか、自分は一体いくら貯めればいいのかを知ることです。
早速、あなたの必要貯蓄額を求めることができる「人生設計の基本公式」をご紹介しましょう。この公式は、何歳でも、どんな職業でも使うことができ、かつ、過去を一切問題にしません。これまで貯められなかった人も、運用に失敗した人も、節約疲れの人も、誰でも、簡単に使えます。今からでも遅いということは全くありません。

そして、これで求めた必要貯蓄額を効率的に確実に貯めていくことによって、人生に重要な「お金の問題」は解決します。
実は、複雑そうに見えるお金の問題は、非常にシンプルな次の3つのステップで解決することができるのです。

ステップ1:老後の備えに必要な貯蓄額の計算をする

ステップ2:実際にそのお金を貯める方法を知り実行する

ステップ3:貯蓄の途中で貯まったお金を適切な方法で運用する


これら3つがしっかりできていれば、お金のことに悩まず、人生を有意義に過ごすことに集中することができます。人生には、お金の問題よりも大切なことがたくさんあるはずです。ぜひ、この3つにすぐに取りかかってください。


老後の備えに必要な貯蓄額の計算をする

今稼いでいるお金の一部を将来の老後のために貯める。それが「貯蓄」です。あなたは、一体どのくらいのお金を将来のために移動しなければならないか、「人生設計の基本公式」で求めてみましょう。

「人生設計の基本公式」とは、あなたが想定する老後の生活を送るために、今、どのくらい貯蓄をしなければいけないのかを求めることができるものです。言い換えれば、現役時代、毎月、必要貯蓄額を貯蓄していけば、老後は安心して過ごせます。

老後のイメージは人それぞれですので、下記の質問に答えて、ぜひ、みなさんの必要貯蓄率を出してみてください。


人生に、お金はいくら必要か(人生設計の基本公式)



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね


スポンサーサイト



アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる