3/24 東京市場は、反発!

日経平均続伸1万9262円53銭、米金利やドル/円に落ち着き
オトナンサー 3/24(金) 15:02配信

日経平均続伸1万9262円53銭、米金利やドル/円に落ち着き
米金利やドル/円の落ち着きが買い安心感に
 3月24日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前日比177円22銭高の1万9262円53銭で取引を終えました。


 マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミストによると、日経平均は一時、前日終値比200円を超える場面も。米下院で23日、医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の採決が延期されましたが、米株は小幅な下落にとどまりました。米金利やドル/円が比較的落ち着いていたことも、買い安心感につながりました。

 東証1部33業種中、パルプ・紙、電気・ガスなど30業種が上昇、一方、石油・石炭製品、海運など3業種は下落しました。個別銘柄では、東芝、北越紀州製紙が買われ、ユニチカ、古河電気工業は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比13.51ポイント高の1543.92。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=111円40銭台で推移しています。

オバマケア改廃法案の行方に注目
 西田さんによると、オバマケア改廃法案の行方が引き続き注目されます。同法案は早ければ米国時間24日にも採決が行われる見通し。「可決されれば、ドル高・米株高・米金利高の材料になりそう。その場合、日経平均にもプラスです」(西田さん)。

 来週は、29日にメイ英首相が欧州連合(EU)に離脱通告を行う見通し。また、31日には、米連邦準備制度理事会(FRB)が重視する物価指標である、PCE(個人消費支出)デフレーターの発表があり、マーケットの動向に影響しそうです。

オトナンサー編集部


綱渡り


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
198位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる