トランプ氏は、ドル高をどこまで認めるでしょうか?

強いアメリカを標榜しているトランプ氏はどこまでのドル高を認めるのでしょうか?
1$110円あたりではないでしょうかね~
余りにもドル高が進めば黙ってはいないでしょう!
輸出関連株も注意しないといけませんよね・・・・・・・・

為替



株、高値更新 それでもにじむトランプ相場の危うさ
日経新聞証券部 向野崚
2016/12/8 16:00日本経済新聞 電子版

 8日の東京市場では日経平均株価が3日続伸し、年初来高値を1週間ぶりに更新した。相場を主導したのは、孫正義社長がトランプ次期米大統領と会談したソフトバンクグループ。前日に続いて「トランプ相場」を印象付けたが、8日の展開はその危うさを浮き彫りにした面は否めない。

 太平洋を挟んだ米国から届くトランプ氏の言動は、日本株相場にとって存在感を増している。トップ会談を契機に復活した米通信業界の再編への期待から、ソフトバンクグループは8日も大幅に上昇。1銘柄で日経平均を46円強押し上げた。市場では「もはや日経平均の1万9000円到達は時間の問題」(SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長)と強気な見方も増えてきた。

 トランプ相場の波に乗ったソフトバンクとは裏腹に、医薬品株には逆風が吹いた。トランプ氏は7日、タイム誌のインタビューで「薬価を引き下げる」と発言。7日の米株式市場では大手のファイザーなどが下落した。東京市場でも北米で収益力が落ちるとの連想が広がり、塩野義製薬が5%超下落。大日本住友製薬のほか、そーせいグループやアンジェスMGが売りに押された。

 薬価引き下げは、大統領選でトランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン氏の主張だった。トランプ氏の発言は投資家にとって予想外で、「トランプ氏の勝利を受け、価格の引き下げはないと踏んでいた投資家の期待が裏切られた」(三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)という。

 トランプ氏が掲げる減税やインフラ投資などの政策への思惑から、大統領選後の外国為替市場で円相場は急落。円安による企業収益の改善期待は日本株を押し上げる原動力になってきた。ただ、円安はドル高の裏返しでもある。足元で進むドル高は米企業の輸出採算の悪化につながる。トランプ氏がドル高是正に前向きな発言をすれば、資金の歯車は逆回転しかねない。

 市川氏は「トランプ氏がどのタイミングで、どのようなコメントを出すのか読み切れない」と指摘する。8日の医薬品株の下落は、トランプ相場に潜む危うさを示している。



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
157位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる