株は、為替次第でしょうね・・・・・

望遠鏡



≪今週の株式見通し≫
SBI証券 2016年11月26日

市場関係者の想像をはるかに超えた円安進行が、日本株の上昇を下支えしている。円・ドルレートは25日に1ドル=113円台まで円安が進行し、自動車株など輸出関連の強い買い材料となった。一方、日経平均は急ピッチな上昇への警戒が指摘されながらも、強い買い需要で連日でのプラス引けとなり、市場関係者の間でも強気の見通しが増えている。
日経平均のバリュエーションをみると、25日時点予想PERは15.6倍。同指標は4月に16倍近くに達しており、この時同様に高水準となっているが、為替の円安進行で輸出企業のEPS(1株利益)大幅上積みが期待できることを考慮すれば、もう一段上の水準まで買われてもおかしくはない。また、PBR(株価純資産倍率)は同日時点で1.28倍と今年の最高水準にあるが、昨年11月の1.3倍台と比較すると、若干の上値余地がありそうだ。
一方で、経済イベントを見通すと、12月13、14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に、利上げをめぐるさまざまな思惑が強まる可能性が高い。また、今週末の12月2日には米11月雇用統計が発表されるため、様子見ムードの高まりが予想され、円安進行も一時的に収まると想定される。株式市場においても、短期急騰後の利益確定売りで徐々に売り圧力が増すだろう。
日経平均の予想レンジとしては、1ドル=111円程度まで円安が修正されるようなら上昇一服となり、一時的に1万8000円を割り込むと予想。18日安値の1万7967円付近が下値メドとして意識されそうだ。一方で、円安がさらに進行した場合には、年初に付けた1万8900円台に向け大きく買い進まれる展開を予想する。
物色の中心は主力株から周辺銘柄に移行し、輸出株の中で出遅れているものや、業績堅調にもかかわらず買いが波及していない内需株などが人気化しそうだ。
具体的にはセントラル硝子(4044)、ジーテクト(5970)、新光電気工業(6967)などに注目したい。内需では大型でセブン&アイ・ホールディングス(3382)、小型でビーアールホールディングス(1726)などが面白そうだ。


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
141位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる