南海トラフ地震対策銘柄を追加!

鳥取地震でいよいよ「南海トラフ地震」が近いと言われています。
地震対策として中四国の地元の銘柄の「BRH」や「ウェスコH」をオススメしました。
四国でも地震が近いと本当に身近に感じております。そこで地盤改良銘柄で「兼松サステック(7961)」を買いました。ここは、かつて兼松日産農林と言われていた会社ですが 現在 ジオテック(地盤改良)、木材・住建や、セキュリティー機器などCCTVシステム事業に特化しています。しかも集成材の木材を使って地盤の強化を図る技術で話題になっています。1000株で16万円と安いです。

当ファンドは、7割は投資基準通りの配当4%前後の銘柄を維持し配当をもらいます。しかし 3割は利益を稼ぐ銘柄にしています。近くは「昭和電工」「ダイワボウ」「モレスコ」「FPG」などです。地震銘柄もそれにあたります。基本 業績は好調でないといけません!


まくら非難訓練



兼松サステック<7961.T>に注目したい。

 ジオテック(地盤改良)、木材・住建や、セキュリティー機器などCCTVシステム事業で展開している。10月1日付で「技術で社会を支える」(Support Our Society wits Technology)企業を目指し兼松日産農林から兼松サステックへ社名変更。17年3月31日付でマッチ事業から撤退する予定で、新たな時代に向けてスタートを切った。

 17年3月期連結の営業利益は7億9000万円(前期比5.7%増)、純利益は5億5000万円(同11.8%増)の見通しだが、第1四半期(16年4-6月)は各事業とも好調に拡大し、それぞれ2億6700万円(前年同期比3.2倍)、2億円(同4.8倍)と業績進ちょく率は順調に推移している。19年3月期に連結営業利益9億9000万円を狙う中期経営計画も推進中だ。

 前期末に復配を達成した。期末の配当は前期末の2.5円と同じ2.5円の計画だが、業績進ちょく率の高さ、新生「兼松サステック」のスタート、今期1株利益13.27円の予想、さらに親会社の兼松<8020.T>や、兼松エレクトロニクス<8096.T>が増配を続けるなど、兼松グループは株主還元に積極的なことも考えると、今期末の配当の増額の期待も出てこよう。

株式新聞ニュース  


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる