昭和電工は、「悪材料出尽くし」か?

昭和電工は、業績は確かに下方修正しましたが 業績は大幅に改善されています。
この銘柄は、「BOX相場」銘柄で年に2回くらい100~150円の間で動いています。大きく儲けようと思わなければ十分利益がでます。
売値は、150円前後を想定しています。


指し棒



昭電工が年初来高値、SMBC日興証は「2」継続、目標株価は1370円に引き上げ <4004.T>
2016/09/09 13:11

 昭和電工<4004.T>が反発、73円高の1338円まで買われ、9月5日に付けた年初来高値1317円を更新している。SMBC日興証券では8日付で、投資判断「2」(中立)を継続、目標株価は1150円から1370円に引き上げている。

 16年12月期下期計画の為替前提を1ドル=100円に変更し、ハードディスク(HD)メディアや黒鉛電極の損益見通しを引き下げ、会社側が16年12月期連結業績見通しを下方修正したことで、当面の悪材料出尽くしと同社では認識しているとコメント。「下期計画に比してエチレンの対ナフサマージンは上ブレ推移かつNANDフラッシュの市況強含みに伴いSSDに対するHDDの割安感が醸成され、HDメディアの需要に底入れ感が広がっている」としている。

 また、エチレンの対ナフサマージンの前提引き上げや、8月23日に発表したポリプロピレンの製造販売を手掛ける関連会社サンアロマーの株式追加取得による子会社化なども織り込み、同証券では業績予想を上方修正。連結営業利益について、16年12月期300億円(前期比10.9%減、従来260億円、会社側計画は300億円)、17年12月期370億円(従来290億円)、18年12月期375億円(同315億円)と試算。それでも、16年12月期はHDメディアの販売数量減と黒鉛電極の市況軟化・水力発電設備の改修費用計上などを主因に営業減益が避けられない見通しとなっている。

 午後零時59分時点の株価は、前日比62円高の1327円。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる