7月の米国の利上げはない!

FRB議長、米利上げ時期特定せず 雇用悪化に「失望」
日経新聞 2016/6/7 3:16

 【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は6日午後(日本時間7日未明)、ペンシルベニア州で講演し「緩やかに政策金利を引き上げる」と表明したものの、焦点の利上げ時期については特定するのを見送った。米雇用統計の悪化で「景気見通しに新たな疑問が生じた」と指摘。同氏は6~7月の利上げを視野に入れていたが、経済情勢を当面見極める考えに転じた。

 イエレン氏は5月下旬の講演で「経済成長が見込み通り続けば、今後数カ月内の利上げが適切だ」と述べ、6、7月いずれかの米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げする考えを示唆していた。今月3日に発表された5月の雇用統計が市場予測を大幅に下回る低調な結果に終わったため、市場はイエレン議長の利上げ見通しがどう変化するかに注目していた。

 イエレン議長は6日の講演で「政策金利は物価と雇用の安定を保証するため、緩やかに引き上げていくことがおそらく必要だ」と指摘したものの、利上げ時期を特定するのは避けた。雇用統計の悪化に加え、23日に英国で予定される欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票も「経済に重大な影響を与える可能性がある」と述べ、月内の利上げ見送りを示唆した。

 米経済については雇用情勢が急減速したことについて「注視が必要だが、失望した」と述べた。ただ、自動車販売など個人消費が上向く傾向にあると指摘し、「経済は拡大を続ける」と先行きの底堅さには一定の自信を示した。FRBは14~15日に続き7月26~27日にFOMCを開く予定だ。


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる