「同一労働 同一賃金」

カール・マルクスが、考え出した「共産主義」は経済・歴史観・哲学からなっています。

帝政ロシアの時代 人民はしいたげられ食うこともできず塗炭の苦しみでした。

その帝政を打倒して新しい世界を作るために無理やり「共産主義理論」を作り上げました!

共産主義の定義は、
1.プロレタリアート独裁(労働者による政権)
2.すべての固有財産の国有化(地主はいない)
3.国民経済の計画化(コルホーズ・ソフォーズ)


この中で「国民経済の計画」の中に人間の能力を規定しています。
「労働価値説」と「剰余価値説」です。

労働価値説とは、まさに「同一労働 同一賃金」なのです。
分かり易く言えば「1人の労働者が1時間働いて生産された物は同じ価値がある」ということです。
では、ベテランの人と新入社員とが同じ仕事でしょうか?そして同じ賃金で良いのでしょうか?
一生懸命働く人とやる気のないいい加減な人と同じ賃金で良いのでしょうか?

そこで マルクスが考え出したのが「剰余価値説」です。
これは ベテランの人は新人より生産性が高いであろうからその分多い目に収入があってしかるべきだと考えました。

カールマルクスは、「共産主義は高度に発展した資本主義の中から発生する」と言いました。
でも 共産主義国家の中に「高度に発展した資本主義国家」は、存在しませんでした・・・・・・・
ロシア・中国(台湾を除く)・ベトナム・キューバ・北朝鮮が共産主義国家です。
これらの国は、「高度に発展した資本主義国家」ではありません!
しかし マルクスの理論は人類の歴史上初めて日本という「高度に発展した資本主義国家」において民主党という「原始共産主義」に元ずく政権が誕生することにより証明されました。この民主党政権の3代目野田総理は、株式市場を否定しました!
資本主義にあって共産主義に無いものが何か知っていますか?
売春は共産主義のほうが盛んです!麻薬も共産主義のほうが放任です!
正解は、「株式市場」です。
株式市場こそが資本主義の根幹なのです!
北朝鮮やキューバにはまだありません!

マルクスでさえ認めなかった「同一労働 同一賃金」の政策はどうですか?
40年前鄧小平が「改革開放」で外国人を初めて受け入れた時に中国へ行きました。
その時の衝撃は忘れません!
畑で一列に並んだ農民が一日仕事をせずず~と座っているのです。
働いても 働かなくても 同じ給料なんです!
だから誰も働かないのです!

もし 「同一労働 同一賃金」が実現したら 能力があろうがなかろうが やる気があろうがなかろうが 同じ給料でやる気が出ますでしょうか?

小生は、共産主義の正反対の「勝ったものだけが利益を得る」という立場にあり それは間違いということになるんでしょうね!
日本は、カールマルクスの予言した恐るべき道を進んでいますね!

なぐさめ


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
152位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる