尖閣諸島を中国に獲られるぞ!

トランプ大統領”誕生翌日、中国武装兵士の尖閣上陸もありうる !
産経新聞 2016.05.10


 米不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)が、7月18~21日にオハイオ州クリーブランドで開催される共和党大会で大統領候補に指名される。

 まさに「悪夢」が「正夢」となった感がする。

 トランプ氏は昨年6月、大統領予備選挙出馬表明した。

 当時、誰が「トランプ大統領」の可能性を予期したか。それは、サッカーのイングランド・プレミアリーグでレスターの初優勝を予想したことに等しい。

 シーズン前のレスター優勝のオッズ(予想掛け率)は5000分の1。その伝で言えば、トランプ指名獲得のオッズは5万分の1であったはずだ。

 「正夢」はさらに続く。では、万が一、トランプ氏が、次期大統領が事実上決定する11月8日の一般投票・開票で、民主党候補のヒラリー・クリントン元国務長官(68)に勝利したら、一体どうなるのか。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(5月2日)は、「中国は『トランプ大統領』を望んでいる」の見出しを掲げて、次のように報じた。

 《トランプ氏の孤立主義と、同氏が頻繁に口にする『ディール(取引)』好きを、中国指導部はめったにないチャンス-第2次大戦以来張り巡らされた米国の安全保障協定の網の目を解きほぐすのだ-と見なしている。中国政府は、地域における支配的地位に向けた当然の野望を米国のこうした安保体制が封じ込めてきたと考えている》

平たく言うと、トランプ=米国は日本、韓国、フィリピンなど東アジア地域から部分的に撤退し、中国がその間隙を突いて朝鮮半島や南シナ海で“好き放題”やるということだ。

 大統領就任式は来年1月20日である。極論すると、中国はその翌日、沖縄県・尖閣諸島に武装兵士を上陸させる。

 だが、普天間飛行場(宜野湾市)に駐屯する米海兵隊は動かない。米軍最高司令官である大統領のゴーサインがなければ日本支援の軍事作戦に踏み切れないのだ。

 トランプ氏は先日、日米安保条約廃棄の可能性をちらつかせて、日本がのめるはずのない在日米軍経費の全額負担を求めた。

 故に、そうした「悪夢」は現実味を帯びてくる。

 それでも、ほのかな希望が見え始めた。トランプ陣営に本物の選挙参謀が参加したことだ。

 歴代共和党大統領のアドバイザーを務めたポール・マナフォート氏である。トランプ氏を「リバタリアン」(孤立主義者)から、「リアリスト」(現実主義者)に変身させることができるかもしれない。 (ジャーナリスト・歳川隆雄)


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる