共産党は 戦後の「シベリア抑留」の反省もなく何を言うか!

共産党は、コミュンテルン日本支部つまりソビエト共産党日本支部として組織されました。中国共産党も同じような経歴です。満州でソビエトに降伏した日本兵をシベリアに送り共産主義者になるよう政治教育を行いました。その時 ソビエト以外にも日本共産党も一緒に日本兵に政治教育を行いました。兵隊に下士官や将校を殴って「階級闘争」を教えるすさまじいものでした。共産化された兵士から順番に帰国させて共産化しない兵士は皆殺しとなりました。帰国した共産化した日本人はほとんどが国鉄などに入り労働組合を組織して反日闘争を繰り広げるのです。
日本共産党がコミュンテルン日本支部であることは今も変わらず中国共産党や朝鮮労働党の力を借りて日本を共産化しようとしているのは明らかです。
共産党などの話に騙され手はいけません!
そうだそうだ



共産・志位委員長「中国、北朝鮮にリアルな危険ない」
産経新聞 11月7日(土)13時32分配信

共産・志位委員長「中国、北朝鮮にリアルな危険ない」
志位和夫委員長(栗橋隆悦撮影)(写真:産経新聞)
 共産党の志位和夫委員長は7日のテレビ東京番組で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮と南シナ海で軍事的挑発を続ける中国について「北朝鮮、中国にリアルの危険があるのではなく、実際の危険は中東・アフリカにまで自衛隊が出て行き一緒に戦争をやることだ」と述べた。

 志位氏は、共産党が「戦争法」と呼ぶ安全保障関連法について「一番具体的な危険はIS(イスラム国)に対し米軍が軍事的行動をエスカレートさせ、日本が兵站で支援し、実体上は戦争に協力していくことだ」と強調。アフガニスタンに展開する米軍の治安部隊についても「実際は戦争だ」と指摘した。

 その上で、「実際の危険はアフガニスタンであり、ISであり、(自衛隊による)南スーダンのPKO(国連平和維持活動)の任務の拡大だ」と語り、中国や北朝鮮の軍事的脅威に言及することはなかった。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる