米国の利上げはどうなるのか?

9月16~17日のFOMCで米利上げが決まるのか? 日経平均はどうなる?
マネーの達人 9月15日(火)5時10分配信


今年最大のビックイベントと言っても過言ではない、16~17日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)。

去年から推測されてきたアメリカの9月利上げですが、FRB(米連邦準備理事会)は本当に利上げに踏み切るのでしょうか? 結果次第で日経平均にはどのような影響があるのでしょうか?

今年最大のビックイベントと言っても過言ではない、16~17日に開催されるFOMC
9月16~17日開催のFOMCで、9月の米利上げは先送りしつつも12月利上げの意志表示をする可能性が高いと思われます。「12月に利上げ」という明確な意思が表明されれば不透明感が払しょく。日経平均は上昇基調になるでしょう。

9月16~17日のFOMCで米利上げが決まるのか? 日経平均はどうなる?
ドル円60分足チャート 9/7~12日
FOMCで利上げが決まるのか? それとも先送りか?
市場の大方の予想は、FRBが9月利上げを先送りすると見ています。主な原因は、外部要因。とりわけ中国発の世界同時株安により、今後の景気動向に不透明感が増しており、米経済指標が示す数値は悪くないものの、市場の心理を冷やしているのが現状です。

今の状況で利上げとなれば、アメリカを含む世界各国市場に動揺が走り、結果として株価やドル通貨が実質とかけ離れて推移する可能性があります。

そうした状況をふまえ、9月利上げは先送りになるという予想が大部分を占めているのです。

しかし、現在、各国の株価変動率が高くなっている主な要因は、先でふれた「不透明感」です。FRBがただただ「利上げを先送り」の決定をしただけでは、さらに不透明感が増し、市場に更なる混乱を引き起こす可能性があります。

ですから、その点を重々承知しているFRBも9月先送りという決定だけでなく、年内、とりわけ12月に利上げするという一定の方向性を示すものと思われます。そうすれば、利上げ時期が分からず今後の方向性が定まらないという最悪のシナリオを避けると同時に、不透明感が払しょくされます。

結果、日本の株式市場も落ち着きを取り戻し、年内に日経平均2万円を目指すことになるのではないかと。

ここまでの予想は、一番手堅いシナリオに過ぎません。大方の予想が「9月の米利上げを先送りしつつ12月利上げの意向」というだけであって、実はサプライズ要因がたくさんあるんです。

たとえば、9月4日に発表された米・雇用統計で、失業率は5.1%まで低下(事前予想は5.2%)、時間給賃金も前月比+0.3%という好結果に。8日に発表された8月労働市場情勢指数や雇用情勢インデックス数値も、労働市場の拡大を表すものでした。

イエレンFRB議長が常々言っていたのは、労働市場の改善と拡大に自信を持てること、です。少なくとも最近発表された経済指標を見ると、労働市場の拡大は明らかだと言える現状であり、外部要因だけを考慮して利上げを延期するのはいささか矛盾が生じるという声があるのです。

また、気になるのがドル円レートの動きです。16~17日のFOMCで9月利上げが決定すると言わんばかりに、ドル円は円安に動いています。先週のドル円チャートをご覧ください。

先週、一時期は118円台まで下落する場面があったものの、週後半は利上げを織り込むかのように円安に動いています。

9月利上げ延期ならば円高基調に向かっても良いはずですが、120円台で底固めしているようにも見えるドル円相場。この為替相場とドルを買う投資家たちは何を考えているのか、非常に興味深いところです。

9月利上げが決定された場合と、先送りになった場合の日経平均の動きとは
FOMCで米利上げに関する決定は、大きく分けると3パターンあります。

■9月利上げ決定

もし、米利上げが決定となれば、日経平均は下落することになると思います。どのくらいの値幅かわかりませんが、市場は利上げになる心の準備はできておらず、利上げ決定は明らかにサプライズです。

9月利上げはないと思いますが、仮に利上げとなれば、日経平均1万7000円台まで下落する可能性は否定できません。

■9月利上げ先送り

9月の利上げが先送りになると、日本経済にとって悪いことではないのですが、市場がもつ不透明感が増すことになり、結果、日経平均も不安定な動きをすると見ています。

■9月利上げ先送りと同時に12月利上げの意向を示す

これが理想的なパターンでしょうか。利上げはできないものの「いつ」という明確な方向性が示されれば、市場は落ち着きと安定を取り戻すと思います。

ただし、米利上げは新興国にとっては明るいニュースではなく、新興国の株や通貨は売られることに。その代替投資先として日本が選別される可能性が高いでしょう。そうなれば、日経平均は年内2万円を目指すことになりそうです。

冒頭でもふれましたが、今のところ市場の大勢は「9月の米利上げは先送り、12月利上げの意志表示」と見ています。

サプライズに十分注意しながら、16~17日のFOMCの決定を待ちましょう。(執筆者:堀 聖人)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
157位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる