安倍総理の「70年談話」は素晴らしかった!

安倍総理の「70年談話」は素晴らしかった!
19世紀の植民地主義の中から立ち上がった日本が欧米の罠にはまり戦争せざる得ないように追い込まれ敗戦となった。しかし 戦後70年間戦争をせず世界平和に貢献したとのくだりは素晴らしかった!
そして中国朝鮮が「1000年でも謝り続けろ」というのに対しもう謝り続けることはないことを示唆しました。
この断固たる態度 日本民族の誇りを取り戻したぞ!

今までの歴代の総理は中国朝鮮の顔色を見ながらやってきました。
民主党の菅などは中国の胡錦濤主席が怖くて顔を正視することもできませんでした(小便ちびりそうでした)
中国が最も恐れる総理大臣なのです!

中国は、大国でベトナムやフィリピンの漁船を体当たりで沈めたりしています。
でも 日本が本気になったとなれば攻めてくる気はなくなるでしょう!
日本が、怖くて「猫パンチ」しか出してこれないでしょう!
ボクシングでは 一度負けた相手にはリベンジはほとんどできないそうです。
 

憲法改正




戦後70年談話を閣議決定 首相が記者会見で発表 「謝罪」繰り返しに歯止め
産経新聞 2015.8.14 18:26


 政府は14日の臨時閣議で、戦後70年の安倍晋三首相談話を決定した。首相は決定後に官邸で記者会見し、談話を発表。談話では、先の大戦に関し「お詫(わ)び」や「侵略」「植民地支配」といった過去の首相談話のキーワードについて対象を名指しせずに触れる一方、「子や孫、その先の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と述べ、謝罪の繰り返しに歯止めをかける考えを示した。

 談話では、有識者会議「21世紀構想懇談会」の報告書を踏まえ、先の大戦に至る経緯を詳述。戦後50年の村山富市首相談話や60年の小泉純一郎首相談話をめぐり「わが国は繰り返し痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきた」と述べ、「こうした歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」と強調した。

 その一方で「日本では戦後生まれの世代が今や人口の8割を超えている」として、将来にわたる謝罪の継続の必要性を否定。戦後、日本が国際社会に復帰できたのは諸外国の「寛容の心」によるものだとして、「心からの感謝を表したい」とも述べた。

「侵略」「植民地支配」の文言は「もう二度と用いてはならない」「永遠に訣別(けつべつ)」といった一般論的な形で触れた。また慰安婦問題に関しては「20世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去をこの胸に刻む」と述べ、今後、女性の人権問題で世界をリードする姿勢を強調した。

 最後には「積極的平和主義の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献していく」との決意を示した。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
141位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる