朴大統領妹の“日本寄り”発言を、朴大統領義弟が称賛「勇気ある行動」

この記事は、朝鮮日報やRecode china 以外の国内のマスコミは一切報道しておりません。
日本国内での記者会見であるのに日本のマスコミは 都合の悪いことはやらない体質が如実に表れています。

憲法改正



朴大統領妹の“日本寄り”発言を、朴大統領義弟が称賛「勇気ある行動」
recode-china 配信日時:2015年7月31日(金) 11時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150801-00000018-xinhua-cn

30日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵大統領の妹である朴槿令氏が、慰安婦問題や靖国神社問題に関して「日本寄り」の発言をしたことについて、槿令氏の夫であるシン・ドンウク共和党総裁が「勇気ある行動だ」と述べた。写真は朴大統領。
2015年7月30日、韓国・アジア経済によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹である朴槿令(パク・クンリョン)氏が、慰安婦問題や靖国神社問題に関して「日本寄り」の発言をしたことについて、槿令氏の夫であるシン・ドンウク共和党総裁が「勇気ある行動だ」と述べた。
日本を訪問中の槿令氏はこのほど、日本メディアでの特別対談で、「慰安婦問題について、日本に謝罪を要求し続けるのは不当」、「靖国神社参拝を批判するのは内政干渉だ」などと発言し、韓国内から批判が相次いでいた。

これについて、シン・ドンウク総裁は30日、「『日韓関係は時代の流れに合わせて変わっていくべき』というのが発言の要旨だった。(槿令氏は)『韓国は時代に遅れている』と訴えている」と説明した。

また、韓国が日本に過去史への謝罪を求めていることについて、「日本の天皇や過去の首相らは公式に謝罪した。日本は首相が変わるたびに謝罪しなければならないのか。それは間違っていると思う」と述べた。靖国神社参拝についても、「当然のこと。私の両親や先祖が過去に間違いを犯したからといって、子孫が参拝に行かないのは人の道に反している」と強調した。最後に、「(槿令氏の発言が)韓国内で問題となることは予想していた。99人が賛成している中、1人で反対することはとても勇気がいること」と称賛した上で、「口に出さないだけで、同じ考えを持っている人が大勢いると信じているから勇気を出したということを分かってほしい」と釈明した。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
158位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる