米国大使「80針縫う大けが」

法治国家でない韓国がまたやらかした!
こんな犯人をわざと野放しにしてアメリカに危害を加えさせてゆすぶりをかけようというアホな計略なんでしょうね!
シャーマン米国務次官が、「国の首脳がかつての敵国を非難することで陳腐な喝采を浴びることはできるが、そのような挑発行為は前進ではなく麻痺状態をもたらす」と発言しました。全くもって常識的な発言でした。これに韓国中国が反発しました。韓国は、国民が反発していることをアメリカに示すためにわざと犯罪者を野放しにしてアメリカ大使を攻撃させたのでしょう!
「火病」が出ましたね!
早く 産経新聞支局長を解放せよ!


そうだそうだ

大使「80針縫う手術」と病院関係者 容体は安定
産経新聞 2015.3.5 14:58

 【ソウル支局】ソウル中心部の世宗文化会館で5日朝、講演のために朝食会に出席し、暴漢に襲撃されたマーク・リッパート駐韓米国大使(42)が、右頬からあごにかけて長さ10センチ以上、深さ3センチの傷を負い、約80針を縫う手術をしたことが分かった。病院関係者が明らかにした。

 大使の容体は安定しているという。

 聯合ニュースなどによると、取り押さえられた襲撃犯は市民団体代表を自称するキム・ギジョン容疑者(54)。

 目撃者によると、キム容疑者は大使の円卓に歩み寄りあいさつを求め、立ち上がった大使にいきなり切りつけた。男が「オバマ(米大統領)はなぜ変節したのか」などと叫ぶ声が聞こえたという。

 周囲にいた数人の男性らが飛びかかってキム容疑者を組み伏せる間も「訓練反対」などと叫んでいた。

 現場は在韓米国大使館の向かいにある大型の会合施設。大使は講演のため出席し、最前列のテーブルで関係者と歓談している際に襲われた。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
152位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる