民主主義の根幹を揺るがす重大事件なのです!

2013年7月21日に施行された第23回参議院議員通常選挙において、香川県高松市選挙管理委員会が比例代表の開票の際、集計済みの白票約300票を再度入力させ白票を増やした。この選挙で当選した自由民主党所属の参議院議員・衛藤晟一が高松市内での得票が0票となっていたことから、刑事告発を受けて高松地検が捜査していた。
2014年6月25日、元・高松市選挙管理委員会の容疑者ら3人を公職選挙法違反(投票増減)の疑いで逮捕[1]。逮捕されたのは元高松市選挙管理委員会事務局長の農業委員会事務局長(以下事務局長)、元高松市税務部長、高松市消防局次長であった。(いずれも逮捕時点の役職)[2]
検察の調べによると、3人は開票作業において白票の数を実際より329票水増しするとともに、衛藤晟一の票を312票減らしたとされる。
これにより本件は選挙制度の根幹を揺るがす「前代未聞[1][2]」の事態となった。


この不正選挙事件は、「事務処理で時間が無いから発生した」という事で処理されました。
自民党の票が「ゼロ」だったからばれたのでが もし312票を12票にしておけばばれなかったのです!
投票用紙を差し替えるなんてことがおこなわれていたのです。
こんなことが当たり前のように行われていたのでしょうね~

でも 選挙管理委員会ってのは市役所の職員で民主党・社民党・共産党に所属する職員が管理するものなのです!
事務処理で間違いがあったのならなぜ民主党などの票だけが増えて自民党の票が減るようになっているのでしょう!
これは 高松市だけではなく全国で自治労を中心に組織的に進めてきた選挙違反ではないのでしょうか?
これは、ミヤンマーやタイやカンンボジアで当たり前のように行われた選挙管理委員会による不正は発展途上国の話では無く先進国の日本でも数十年にわたって当たり前のように行われていたのではないかと思わざるを得ない!
これだけの不正が「事務手続き」の間違いによって起きるはずがないのです!
しかし この事件は封印されました!
もう事件は、闇から闇へと葬られて表に出ることは無いでしょうね・・・・・

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
158位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる