なぜ中国は、日本を「鬼子」と呼ぶのか?

ヘリ海自


なぜ中国は、日本を「鬼子」と呼ぶのか?

日清戦争の前に、清朝の大臣、李鴻章が使節として日本に行った。
会談が終って、双方が合同記者会見を行い、日本人が世間に武力を見せびらかす上に、文化上でも清朝を侮辱したかったため記者が集ったあと、日本側が関係のない問題を提示した。

「我々日本に対聯の前の句があるが、下の句がない。だから漢文の起源の地の人に頼みたい。」
と、絹に書いた上の句を出した。

騎奇馬、張長弓、琴瑟琵琶、八大王、并肩居頭上、単戈独戦
この日本の前の句の意味は:我々日本は兵隊が強く、千里を走れる馬に乗り、使ってる弓は長い弓だ。八人の王がいる。彼らは傑出した知力と遠大な計略を持っている。文徳を示し武力を見せる。だから日本は中国に勝てるだろう。

だが、李鴻章も弱みを見せない。
まず、日本にすずりや墨を用意させ、絹を敷かせた後、下の句を書いた。

倭人委、襲龍衣、魑魅魍魎、四小鬼、屈膝跪身旁、合手擒拿
記者たちが見て、素晴らしいと評価した。
その意味は:所詮は倭寇だ。清朝の龍服を盗みに来たのか。兵は強く馬も頑強というが返り討ちにして見せよう

それから、みんなは日本を倭寇と呼ばなくなり、四小鬼を元に「鬼子」と呼びかたを変えたそうだ。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
95位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる