円安でインフレが加速するが、対策は?

民主党政権が倒れ自民党に政権が移ってから東証一部の時価総額は200兆円増えました。そして為替も民主党時代は1$80円がおおむね平均値でしたが今は109円です。
脱デフレ政策を取っているので当然なのですがこれほど急激に円安になると電気・ガスなどのエネルギー代や小麦や乳製品などの輸入商品は軒並み値上げすることになります。インフレの到来です!

局面インフレ時の


上の図は、
イボットソン・アソシエイツ・ジャパンがまとめた1970年以降のインフレ率の局面ごとの様々な資産の収益率です。
 日本が脱デフレに成功し、例えばインフレ率1~4%の状況が続くなら、過去、株式がもっとも成績がよかった。
「日経新聞電子版」より


インフレが4~8%くらいの頃 すなわちバブル全盛の頃は株価も大きく上がっていたわけです。
年率8%を超えるようなインフレはいくらなんでも日本では起きないでしょうが 株式しか対抗できるものが無い事が証明されています。まず土地は今は安いかもしれないが多額の資金が必要です。それから言えば株式は手軽です。
「業績が良く 有利子負債が無く 高配当銘柄」を買えば良いのです!

まず 2020年の東京オリンピック前までは大きく上がるでしょう!
かつてバブルの頃1985年から1989年までの5年で日経平均は3倍になりました。株は、上がるときには上がるのです!あれからもう25年が経とうとしています。バブルの頃よりも日本企業は財務体質も良くなり純利益は当時をしのいでいます。
今が仕入時なのです。

*当ファンドのお客様のために書いております。
内容については各人の責任でお考えください。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
166位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる