教室で生徒が騒いで「学級崩壊」が起きているのを皆さん知らない!

教室で授業中に生徒が騒いで授業ができなくなっています。こんな状況は 当たり前の状態です。
だから 金がある親は私立中学・高校へ入れるのです。滋賀県の「いじめ殺人事件」のように暴行・恐喝が当たり前のように学校内で行われ教師が注意するとやくざの親が出てきて教師を脅すので教師は怖くていじめている生徒を注意もできません!もともと暴行・恐喝など指導ではなくこれは「犯罪」なので警察の分野ですよね!
この「個別指導」に反対する親はいじめ側の親なんでしょうね!
真面目な生徒がろくに勉強できない状況に反対する親はどうするのか?
それにマスコミが「生徒を平等に扱わないのは問題だ!」って言ってますが 教室で騒いで暴れる生徒をどうやって対処するのか?そして まともに授業を受けられない生徒の権利はどうなるのかちゃんと答えなさい!
橋本市長 真面目な生徒のために頑張ってください!


問題行動の生徒「個別指導教室」で“隔離”へ 大阪市教委
産経新聞 6月10日(火)15時19分配信

 大阪市教委は10日、橋下徹市長と教育行政について議論する協議会を開き、市立小中学校で悪質な問題行動を起こす子供を各学校から一定期間引き離し、経験豊富な教員らが対応する「個別指導教室」の新設を提案した。問題行動を起こす子供への指導を充実させると同時に、ほかの子供たちの安全や学ぶ権利を守ることが狙いで、橋下市長は「特別な体制を組んで子供に合わせた指導を行うことを否定する理由はない」と了承した。

 橋下市長は「問題のある生徒の行為で、真面目な生徒がバカをみることはあってはならない」とも強調。市教委は来年度からの導入を目指しており、既存施設の活用を軸に教室数などをつめていく。

 同教室での指導対象となる問題行為は悪質な校内暴力、授業妨害など。市教委は昨年9月に問題行動を軽い方からレベル1~5に分類した対応マニュアルを策定しており、傷害行為や危険物所持などが例示されたレベル4、5に相当する行為を想定している。

 学校教育法に基づく出席停止措置を行い、その期間中に同教室で指導。子供ごとに個別指導計画を作成し、在籍する学校と連携して問題行動の克服を図る。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
166位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる