相場の都市伝説

「都市伝説」と言われるものや「格言」と言われるものがあります。
その内容は 長い間に本当にそうなっているものもあるのは「事実」です。
今からなら「節分天井 彼岸底」ですね!
大概 その通りになっています!
今年もそうなるでしょう!
そして4月の消費税増税で急落します。
5月アメリカの投資会社の決算売りで「底」を打つでしょう♪
最高の「買い場」がやって来る!



相場の都市伝説

金融業界にも(たぶん、どの業界にもそれぞれあるのだと思いますが・・・)、ジンクスのような、「アノマリー」と言われるものがあります。

Wikipediaによれば、「アノマリーとは、ある法則・理論からみて異常、または説明できない事象や個体等を指す。」中でも
「市場アノマリーとは、効率的市場仮説と矛盾するような金融市場の価格およびリターンのねじれ現象をさす。」とあります。

アノマリーはその定義通り、ほとんど根拠のないものが多いです。ですが、プロの投資家の多くも注目しており、相場は人が動かすものだけに、結果として不思議とその通りになることも多いのです。

アノマリーと呼ぶには、法則も理論も「効率的市場仮説」の存在もない、言ってみれば「都市伝説」に近いものも投資家の間ではまことしやかに囁かれています。

その一つに「ジブリの法則」または「ジブリの呪い」というものがあります。耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。
「金曜日に(一説には第一金曜日、つまり米雇用統計の日限定)スタジオ・ジブリの作品が放映されると市場が荒れる」というもの。

そもそも米雇用統計は投資家にとっては最重要指標の一つだけに、市場が荒れる要因になることも多く、また、ジブリ作品は日本テレビが独占放映権を持っているため金曜ロードショーで、つまり金曜日に放映されるわけですから、たまたま荒れる日と重なりやすいとも言えます。

とはいえ、ネットユーザーには熱烈なジブリファンも多く、『天空の城ラピュタ』の放映時にはアニメ内のセリフで「バルス!」(破壊の意味をもつ滅びの呪文)と叫ばれる時に「バルス!」と一斉に書き込むユーザーが大量にいて、「バルス祭り」と言われているとか!ネットリテラシーが高い⇒ネット証券の活用⇒ネット投資家 も多くがこうした現象を知っている(または参加している?)ことは間違いないでしょう。ちなみに「バルス祭り」ではサーバー負荷にも影響を与えるほどだということですから、警戒すべきとも言えますね。(ちなみに、『天空の城ラピュタ』は昨年8月に放映されたばかりですからしばらくはないでしょう。)

先週金曜日にもジブリ映画『ゲド戦記』が金曜ロードショーで放映されました。事前に米国相場の荒れを警戒している市場関係者も一部いたようです。結果としては特別に荒れるということはありませんでしたが、こんな一見ジョークのような都市伝説でも、多くの人が同様の思惑を持ってすれば市場を動かすことにつながります。頭から否定せずに柔軟な気持ちで受け止めて行くのもよいかもしれませんね。

廣澤 知子
マネクス証券
ファイナンシャル・プランナー


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
166位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる