「カナダメディア」って何なの?

日本に勝算なし...日中の軍事衝突、「人民解放軍が自衛隊を圧倒」―カナダメディア

XINHUA.JP 11月24日(日)17時44分配信




カナダメディアは日中が軍事上で対峙した場合、中国の人民解放軍が日本の自衛隊を圧倒するだろうと報道した。11月23日、青島日報が伝えた。

【その他の写真】

カナダの防衛関係メディアは、過去10年で日本の海上自衛隊に比べて、中国海軍の軍備増強速度が明らかに速く、最先端の戦艦30隻以上を保有しているほか、空母も加わり、中国の大型戦艦の総トン数は日本の海上自衛隊に匹敵しているかそれ以上だろうと分析した。また、解放軍の潜水艦部隊の実力は高く、日本海上自衛隊の「東南アジア最強」時代は過ぎ去ったと断定した。

ロシアの防衛雑誌は、「制空権の奪取が制海権につながる」と指摘。日本の自衛隊がこの10年で新型戦闘機を増やさず、現役のF-15J戦闘機は老朽化している一方で、中国の航空部隊の増強は目覚ましいものがあると指摘した。

カナダメディアは中国海軍の航空兵は日本に対して大きな圧力となっており、もし海上戦が勃発したら日本は対抗できないだろうとした。

作戦能力においても、中国軍の情報戦や訓練手段には大きな進歩があり、解放軍の総参謀部には情報戦部が置かれ、一体化作戦能力は明らかに向上していると論評した。カナダメディアは、解放軍とが東シナ海で自衛隊と戦争を行えば、海上自衛隊と航空自衛隊は勝算がないだろうと結論づけた。

(編集翻訳 浦上早苗)

カナダメディアって何なの!
そんなに中国軍が、帝国海軍以来の海上自衛隊を圧倒するほど強いならすぐに日本も侵略されてもうモンゴルやチベットやウイグルみたいに「自治区」になっているでしょう!

日本民族って結構強いんですよ~
中国に勝って ロシアに勝って ドイツにも勝って オランダ・イギリスにも勝った!
負けたのはアメリカにだけです!
人類の歴史上「空母艦隊」を運用できたのは帝国海軍とアメリカだけです。
ロシアもイギリスも難しくてできなかった・・・・・
戦争は、船や飛行機の数では測れない!
機械を使う人間の技量」もあるし 「国を思う心」 が強さの秘訣でもあるのです!
リムパックの訓練で空母エンタープライズを2回撃沈したのを知らないのですか?
アメリカは、日本と戦争をしました。
その恐ろしさを知っているのです。
だから日本を味方につけてアメリカの「」にしているのです。
できるだけ「軍備」を持たさずに・・・・・
戦争は、無いのが良いのに決まっています
シンガポールの前首相の「勝てないのが分かっっていても戦わないといけない時があるのです」って数年前の中国に対しての声明を知っていますか?
小国であっても大国に毅然と向き合うことが重要なのです。
これで中国を領海から退けました(後ろでは同盟国のインドネシアが軍事行動を起こそうとしていました。同じイスラムの国で兄弟分だからです。ちなみにインドネシアは、人口4億3000万人の世界3番目の大国です)
ましてや日本は小国ではないのです!
国民が、「負けないぞ」って一致して思うことがたいせつなのです!
孫子曰く
戦争は、無いに越したことはない。しかし 戦争に対して備えをしないことは愚かなり

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はこういう海外の論調は、日本の装備更新を後押ししてくれると思って歓迎です。
中国側が日本の戦意をくじこうと思って海外でこんな記事を書かせるんでしょうけれど。

中国の軍備がそれだけ脅威であれば、自分の身を守るために軍備を強化しなくてはいけませんものね。
日米同盟の深化と沖縄。そして装備の更新で十分勝算ありかと思います。
そのため、重要なパーツの1つである沖縄に対して、中国は子飼いの狗を放って米軍基地反対を叫ぶのでしょうね。

No title

to 志弦さん

やれるならやってみればいいですよ!
後ろから「ウィグル自治区」や「ミヤンマー」や「ベトナム」や「フィリピン」も非積極的に協力してくれるでしょう!

中国の体制が維持できなくなるでしょうね!

No title

自衛隊が幾ら有能であろうと 国民は平和ボケ、マスコミは
ほとんど左巻きでは いざ事が起こってもやられっぱなしじゃないかと
心配です。
自衛隊機が撃墜される、とかにならないと皆目が覚めない気がします。 
交通事故の例をとっても、尊い犠牲者がたくさん出なきゃ
法改正されない。憲法改正を早くしないと・・・。

この先何十年何百年とあの国と
神経戦を続けなけらばいけないんでしょうかね。
子供達の幸せな未来を脅かすあの国が本当に憎いです。

No title

to ユカリさん

日本が中国に占領されるならもうなっています。
なっていないのは、「日本が弱くない」むしろ「日本が強い」からです。
中国も内政に問題があり建国60年ですからそろそろ内乱も起きるでしょう。それまでにミヤンマーやベトナムやフィリピンやインドネシアやオーストラリアと同盟を結んで対抗する体制を作るのです。それまでは小競り合いは続くでしょう!万一撃墜されたら国民も分かるでしょう!
それまで 何もない事を望みます!
アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる