これは、良い話だ!!!

外貨準備金だって結局国の金すなわち国民の税金からなるものです。
その金がふえるのは良い話に違いない!

日本の優秀な武器をアセアンに輸出するのと同じくらい良い話です。



外貨準備運用、一部を民間に 特会改革法案、あすにも閣議決定
SankeiBiz 10月24日(木)8時15分配信



 政府は、為替介入などに使用する「外国為替資金特別会計」で運用する外貨準備の運用を見直す方針だ。財務省だけで運用してきた体制を改め、一部を民間委託することが柱。外為特会の運用見直しや他の特会の統廃合を盛り込んだ特別会計改革関連法案を25日にも閣議決定し、今国会に提出する。

 外為特会で運用する外貨準備高は、政府が円高阻止のために巨額の円売り・ドル買いの為替介入を行った結果、2000年の約3500億ドル(約34兆3000億円)から今年9月時点では約1兆3000億ドルへと約4倍に増加。これだけの規模の資金を財務省の限られた人員で運用することには限界があるとの指摘もあった。

 海外では、運用資金の一部を民間に委託している例もあり、政府はノウハウが豊富な民間の運用会社や信託銀行に、資金の一部を運用委託できるようにする。投資先は、これまで同様に米国債などの安全性の高い資産に限定する。委託する運用資産の規模などは今後詰める。

 一方、道路や港などの建設費用をまかなう社会資本整備事業特会は廃止し、自然災害による農家や漁師の収入減を補填(ほてん)する「農業共済再保険」と「漁船再保険及び漁業共済保険」の両特会は、機能が似ている「食料安定供給特会」に統合する。統廃合によって、特会は現在の18から15に減る。政府は、14年度予算からの適用を目指す方針。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
95位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる