FC2ブログ

「戦後レジームからの脱却」に恐怖感を抱いた朝日新聞

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

「戦後レジームからの脱却」に恐怖感を抱いた朝日新聞

このところ安倍元首相のテレビ出演が毎日のように各局で見られる。
いよいよ総裁選に出馬かと安倍氏の歴史観や国家観に共鳴し、日本再生を願う人達は期待に胸を膨らませている。
その一人が長谷川三千子埼玉大学名誉教授。
産経新聞や雑誌「正論」での主張にいつも共鳴しており、2年前に長谷川先生の記事をエントリーしていたのを思い出した。
「ホントは怖い多文化共生」(2010/9/14)
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/36094438.html

この長谷川先生が創生「日本」の7月総会で講演した動画をブログ仲間の「しばりょう」さんから教えて頂いたのでご紹介する。
安倍政権待望!日本は、いつまでも敗戦国のままで、いいんですか?
長谷川三千子氏
http://sibaryou55.iza.ne.jp/blog/entry/2752710/allcmt/

要旨をまとめれば・・・
日本を良くするにはどうしたらいいかを真剣に思っている若者たちの勉強会の相談相手になっている。
その若者たちの「安倍先生、立ってください」という熱い思いを伝えに、アジテートの講演をしにきた。
日本はいま集中治療室に居る患者である。
その最大の疾患は経済問題であり、学生たちは半年間の勉強の結果、デフレ対策が重要課題だと分かった。
「日本を救うのは安倍さんしか居ない」と直感的に思っていた学生の一人が、その本能的な直感を自分自身で納得するために「安倍政権の一年を検証する」という3カ月かけて論文に纏めた。
そこで、「いかに安倍さんという人が大きい事をやろうとしていたか」ということに気が付いた。
「戦後レジームからの脱却」は保守の人達にも必ずしも浸透していなかったかもしれない。
その学生の発見は「『戦後レジームからの脱却』の凄さを実感していたのは実は朝日新聞だった」ということだった。
「安倍元首相の葬式は俺が出す」と公式の発言ではないが、朝日新聞の幹部が言った。
なぜあの時、マスコミはあんなに酷い安倍バッシングをしたのか。
この学生は、「朝日新聞は『戦後レジームからの脱却』に対する恐怖感が理由だと結論した。
これは非常に正しい。
安倍政権は防衛庁を防衛省に昇格、教育基本法改正、憲法改正のための96条改正の道筋をつけるなどの実績を上げた。
朝日新聞は対米従属を批判しながら、アメリカが日本を従属国のままに置くために作った日本国憲法守れという。
戦後の日本は「アメリカの揺り籠の中で安心してバタバタと手足を動かしてむずかって見せる」に過ぎなかった。
つまり自主独立の気概を持たなかった。
「あなたは自立できる」と親に言われて不安に思い、反抗するひきこもりの子供がいま多いという。
朝日新聞が起こしたパニックはその子供のパニックと同じだ。
日本人の大多数が持っている気持ちを朝日新聞は代表しているのではないか。
民主党政権の3年間、日本はどこかおかしいと日本人のみんなに見えてきた。しかしその日本を立て直す政治家は一人も居ない。
小沢さんは壊すだけ、野田さんは何を血迷ったのか、このデフレの中で増税に政治生命を賭けると言う。
しかし、「ただ民主党はダメだ」と言っているだけではダメだ。
単なるスローガンではなくて、本当に自分の血肉にした言葉で語れる政治家が日本をリードしなければ日本は集中治療室で死に至る。
(野田首相の上滑りな4文字熟語や、言葉だけの演説が思い出される)
朝日新聞は「安倍の葬式はウチが出す」と言い、葬式寸前まで追い詰められた。ここで安倍さんが死んだら本当に殉死だった。
朝日は安倍政権の終焉を漫画にして見せた。

「お腹が痛くて辞めた首相」「投げ出した首相」というレッテルを日本人に刷り込んだ。
驚くべきことにこの刷り込みが自民党員のなかにも行き渡っている。
安倍元首相の再登場を自民党内で口にすると、必ず「辞め方問題」や「禊ぎ」という言葉に突き当る。
その場合には「バカヤロー!」と言って欲しい。
朝日新聞のマインドコントロールにやられている以外の何物でもない。
安倍元首相はインドなどのアジアに「価値観外交」も進めた。
日本をもう一回救って頂きたい。このチャンスを逃がしたら二度と日本再生の機会は巡って来ないのではないか。(終わり)

日本の若者たちが「A(安倍)プロジェクト」を立ち上げ、保守派の「マイニッポン」はフェイスブックなどで5万人が参加しているという。
期待したい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
108位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる