皆さん 強気ですよ!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

先週末から今週末で日経平均は、9637円から9561円とマイナス76円でした。
日経平均は 下げましたが当ファンドは、含み損益は変わらずでした。
相場に関しては全体的には強気になっています。
楽観的でないと相場はできませんからね!
当ファンドは、日経銘柄はもう3分の一になっていますが丸紅・商事の比率が高いので影響を受けやすいのです。
でも 順次切り替えて行きます。
日経平均が 1万円になれば含み損がゼロになります。
今年は 3年前と2年前の繰越損を使うよう利益を出す予定です。
そして 来年は含み損はすべて損失という形にする予定です。
今年 利益が出ないと繰越損が消えてしまうのです・・・・


マネクス証券 チーフ・ストラテジスト 広木隆
今年の株式市場展望
1.株価は企業業績で決まる。
2.2012年度の企業業績はV字回復が見込まれている。それを織り込めば日経平均は1万1,000円まで上昇する。
3.正確に言えば、株価は企業業績の「見通し」を投資家がどの程度信じるかで決まる。すなわち、12年度はV字回復との見通しに対する投資家の確信度が重要で、それに影響を与える要因は大きく分けて以下の3つである。
1)世界経済情勢
2)欧州債務問題
3)円高懸念
スポンサーサイト

ソウルも気をつけないと危険ですよ!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

男性と別れた後不明の女子大生、無事にソウルから帰国
2012.4.18 10:34

にぎわうソウル市の繁華街。韓流ブームに伴い、若い日本人女性の観光客も増えている(加藤達也撮影)
 韓国・ソウルで昨年9月以降、行方不明となっていた兵庫県出身の日本人女子大生(21)が4月に入って現地で保護され、帰国していたことが18日、兵庫県警への取材で分かった。女子大生は事件に巻き込まれておらず、けがもなかった。
 警察関係者などによると、女子大生は昨年9月下旬、ソウルの観光ホテルで消息を絶った後、現地で知り合った男性とともに行動していたという。男性と別れた直後の4月中旬、日本大使館に駆け込んだ。

 女子大生の家族は昨年10月、県警に相談した後、韓国を訪れて捜索願を出していた

http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/3372909.html
昨年9月、日本人女子大生が韓国で行方不明になったとして、
韓国の警察が捜索を行ったところ、無事存在が確認された事件があった。
その後、彼女 は韓国内で不法滞在を続け、韓国を訪れる日本人観光客に対し、
滞在費の借金を申し入れるなどの行為を繰り返しているという。韓国の複数のメディアが報じ た。

■「韓国 女子大生」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  韓国メディアは、「失踪日本人女子大生、訪韓観光客相手にもの乞い行為」
「愛の逃避の女性が日本人観光客相手に」と題し、現在の様子を伝えた。
昨年9月26日、観光のため韓国に入国した日本人女子大生Aさんが、同年10月6日、
宿舎であったソウル明洞(ミョンドン)のある観光ホテルを出た後失踪し
韓国の警察当局が大々的な捜査に入ったが、
単純な「愛の逃避行」だとして捜査を終結した事件があった。

日韓両国で話題となった女子大生失踪事件は、
うやむやのうちに両国国民から忘れられたようだったが、まだAさんは韓国にとどまっていた。
しかも Aさんは、韓国を訪れる日本人観光客を相手に
滞在費を得るために物ごいのような行為をしているとして、周辺の人々を驚かせているという。
この事実は、Aさんの動向を追跡してきた韓国関係当局の調査の結果明らかになったと伝えられている。
Aさんは韓国観光情報サイトなどのインター ネットを介して、
韓国を訪れる日本人観光客と知り合い、チャットを通じて携帯電話番号を入手。
「日本に帰ったら、すぐに返す」と約束し、合計5回にわたり
約300万ウォン(約21万8000円)の滞在費を受け取ったとみられる。
しかし、その約束とは異なり、Aさんはいまだに韓国に不法滞在している状態にある。
これらの事実は韓国を訪れたAさんの両親と駐韓日本領事館も すでに把握しており、
日本領事館と韓国警察関係者は、Aさんが韓国を訪れるほかの日本人観光客を相手に
同じ被害を与える可能性が濃厚だとして、Aさんの動 きを引き続き注視している。
一方、日本人の被害者からはAさんから金銭的詐取にあったと
韓国警察に申告した事実は1件もなく、韓国警察関係者は推移を見守っていると説明した

売った銘柄のほうが上げている・・・・

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

きょうは、ダウが194ドル上げて昨日も64ドル上げましたが東京は下げました!
でもさすがに今日はザラバで174円上げています!

昨日から買おうと狙っていた銘柄は日経平均とは関係なく上げていて買えませんでした!
きょうは 押した学究社が670円で買えました!
日本和装やNECモバイルはだめでした・・・・

その他 2月~3月で売った銘柄は全部上げていて買い戻せません・・・
10銘柄ほど毎日チェックしていますが なかなかうまくいきませんね!

当ファンドは、
1.配当が4%以上で多少業績が悪くても減配しない
(2,008年の9月リーマンショック時で分かる)
2.財務内容が良くて業績が安定している
(有利子負債が無いか ほとんど無い)
3.株価が あまり上げない
これらの安定して配当をもらえる銘柄が良いのです

中央自動車・BSP・SHL・日本和装などを買い増して行こうと思います。

利益確定で売りまくりですね!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

商社株は、利食いに押されて下げ続けていますね!
あっと言う間に11%も押してしまいましたね!
しかし 原油がじり高なのに変わりはありません。
単なる利益確定の売りです!

◇東証大引け、3営業日ぶり反落し9400円台後半 下げ幅は今年2番目
 16日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落した。終値は前週末比167円35銭(1.74%)安の9470円64銭と11日以来、3営業日ぶりの安値水準をつけた。下げ幅は230円安だった今月4日に続き、今年2番目の大きさ。欧州債務問題に対する懸念が強まり前週末の欧米株が大幅に下落した流れを引き継いだ。取引時間中には安全資産とされる円が買われ、円相場が対ドル、ユーロともに上昇したことで企業の業績改善期待が後退し、輸出関連株に売りが出た。欧州債務不安への警戒から金融株も下げ幅を広げた。
 午後には下げ幅を173円まで広げる場面があった。前引け時点の東証株価指数(TOPIX)の下落率が1%を超えたため日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測が広がり、日経平均は後場寄り後は下げ幅を縮める場面があったが、投資家のリスク回避姿勢は根強く主力株は売りに押された。中国株をはじめアジア株が軒並み安く推移したこともあり、コマツなど機械株のほか三菱商など商社株が一段安となった。市場では「欧州への不安感はすぐに払拭できるものではなく、相場の重荷となり続けそうだ」(トヨタアセットマネジメントの浜崎優チーフストラテジスト)との声が聞かれた。「今週はスペインの国債入札なども控え様子見姿勢が強まりやすい」(国内証券の情報担当者)との指摘もあった。
 東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反落した。業種別TOPIXは全33業種のうち「海運業」「証券業」「保険業」など28銘柄が売られた。「パルプ・紙」「陸運業」は買われた。
 東証1部の売買代金は概算で9860億円と9日以来、5営業日ぶりの少なさ。売買高は同15億2120万株と1月16日(13億4534万株)以来、3カ月ぶりの少なさだった。
 三菱UFJ、日立、トヨタ、ソニー、三井物、ファナック、ファストリ、野村、日産自、コマツ、パナソニックが売られた。半面、シャープ、NTT、ヤマダ電、JR東日本、武田、セブン&アイが買われた。
 東証2部株価指数も3営業日ぶりに反落した。ソディック、オオバ、クオールが下落し、花月園、魚喜、キャリアデザが買われた。〔日経QUICKニュース

長期投資に理想的な「BSP(3800)」!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

北朝鮮のテポドンは発射して1分で墜落しました!
まずは めでたしめでたしです。
コントロール出来なくなって永田町か国会にでも墜落すればよかったのにね!


さて ダウが、181ドルも上げてその流れで東京も日経平均は100円近く上げています。
当ファンドは、残念ながら丸紅・商事の大幅な下げで全体はマイナス圏です・・・・

そんな中BSPを買い増ししました。
現在は ポジションを下げています。
中国経済の減速でいずれバブル崩壊で株価が急落するでしょうから現金比率を少しずつ上げています。
なんと言っても現金です!
でも 株価暴落でも内需株中心に安定的にしかも高配当で受け取れる銘柄で株価があまり上がらないのが当ファンドにとって良い株なのです。
その1つが、BSPですね!
株価急騰は 望めないが安定感は抜群ですね!

安定感でいうなら中央自動車・SHLもそうですね!
丸紅・商事を早く売って切り替えないといけませんね・・・・

今日は、日当75000円でした!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

相場は、8日ぶりに反発しました!
昨日もマニーが急落したので2810円で売って12800円の儲けでした。

3月から4月にかけて松田産業・ベルク・オンリー・NECモバイル・ローソン・JSP・共立メンテナンス・オートバックス・キャノン電子と売りました。
配当権利落ちで押せば買い戻そうと思っていました。
残念ながら買い戻せたのはJSPだけでした。
JSPは 配当と優待で50円分でしたが180円下げましたので1126円で買えました。
他は、みんな上げていますね・・・・

今日は あいHが急騰したので319円で買った500株を469円で売りました!
75000円の利益でした♪

譲渡利益は 相殺で約二十万円です。
損益は、利益九十万円 損切り七十万円です。
現在は 3月からの下げで総含み利益がプラス三十万円からマイナス百三十万円になりました。
まあ配当が 七十万円くらいあるから実質は六十万円のマイナスでしょうか・・・
今年は プラスに転向したいもんですね!

ギリシャなんて目じゃない日本の公務員天国!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

相場は、8日ぶりにやっとわずかに66円の反発でした。
ギリシャなどの欧州の金融危機の再燃や北朝鮮のミサイル発射などいろいろあって相場は低迷しています。
ギリシャが 公務員天国と言われています。
国家予算の40%が公務員のために使われているとのことですが ぜんぜん大したことないでっすよ!
日本は、国家予算のほとんど半分が公務員やそれらの外輪団体に使われているのです。
これは 一般会計だけの話で特別会計ではいったいいくら使われているのか把握もできない惨状です。
これでも破たんしないのは日本の国の予算規模がギリシャの数十倍もあって物理的に額が大きいのと
個人金融資産が、1400兆円もある豊かな国だからですね!
でも こんな公務員天国がいつまでつづくのでしょうか?
消費税上げてもいくらでも公務員のために使ってしまうのですよ!
財政赤字は なぜ出ているのかを是正しないと消費税を100%にしてもだめでしょう・・・



労働者の4人に1人が公務員のギリシャ人の言い分

 そんな夢も希望もない、悲惨な状況は日本ばかりではないが、それでも開き直ってたくましく生きている国民がいる。これまでも数回掲載してきたギリシャの人たちだ。

 最近、ユーロ諸国の援助が決定して、何とか危機を乗り越えられそうだが、それには市民生活も巻き込んだ超緊縮財政が求められている。

 ギリシャの場合、労働人口の4人に1人が公務員で、彼らの給与と年金の支払いだけで、国家支出の約40%を占めるという公務員天国なのだ。

 だからこそ、賃金カットや年金額の減額など、市民にとってはどれも身に詰まされるものばかりだが、かれらもしたたかだ。

「ドイツ人は自分たちのつくったものを、われわれギリシャ人にたくさん売って、さんざん儲けておいて、いまさら“お荷物”になったから、もう取引を停止して、面倒はみられないという態度でいいのか!」

「もともと文明発祥の地として、自分たちの言葉や宗教を守り抜いてきた誇り高き民族なんだ。ECやユーロに加盟したときも、自分たちから頼んだわけではないのに、給料を下げろとか、生活を切り詰めろとか、余計なお世話だ」

 こんなふうに、街中では憤懣やるかたない表情で訴える人ばかりだ。

 専門家によっては、ギリシャは財政破綻(デフォルト)した方が、経済の立ち直りが早いという説もある。共通通貨のユーロから自国通貨のドラクマに戻れば、自国通貨安で海外からの観光客も増え、もともと観光産業国だったギリシャが復活する早道だというのだ。

 いずれの道を選んでも、給与や年金の減額や緊縮生活だけは避けられそうもないが、どんなときでも前向きに開き直る、ギリシャ人のたくましさを、日本人は学ぶべきではないだろうか。

武田薬が米社を8億ドルで買収、痛風領域の品ぞろえを強化

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

[東京 11日 ロイター] 武田薬品工業<4502.T>は11日、米URLファーマ(本社ペンシルベニア州)を8億ドル(約640億円)で買収することで合意したと発表した。痛風領域の品ぞろえを強化するのが狙い。

武田は今後、60日以内に買収を完了する予定。買収後は、米国販売子会社の武田ファーマシューティカルズUSAと統合する。買収は現金で行う。

武田は現在、米国で成人の痛風患者における高尿酸血症治療剤(フェブキソスタット)を販売している。今回のURLファーマの買収により、痛風の予防・治療薬(コルヒチン)を取扱い商品のラインナップに追加し、痛風治療に対し複数の治療オプションを提供できるようになる。

URLファーマの売上高は2011年末時点で6億ドル。主力の「コルヒチン」がそのうち約7割を占める。

武田のファイナンシャル・アドバイザー(FA)はゴールドマン・サックス、URLファーマのFAはJPモルガン。

今回の買収が連結決算見通しに与える影響について武田は、5月11日に公表予定の2012年度の見通しと14年度を最終年とする中期計画に織り込む予定としている。

(ロイターニュース 江本 恵美、編集:吉瀬邦彦)

テポドン発射!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

日経平均は、7日連続の下げとなりました。
極東の地政学的リスクと欧州ソブリン・リスクを警戒して売りが優勢となりました。
これは リーマンショック以来の下げとねります!
市場は、反発の機会を待っています。
あすは、テポドンが発射のの予定ですが これで悪材料出尽くしとなればいいのですが・・
もう2週間で含み損が180万円になっています!


【見通し】極東の地政学的リスクと欧州ソブリン・リスクを警戒へ
 きょう11日の欧米市場では、極東の地政学的リスクによる円売り圧力、欧州ソブリ
ン・リスクによるユーロ売り圧力が強まる展開が想定される。

 ドル・円は一時80円62銭まで下落し、前日安値80円64銭を下回って3月7日以来およ
そ1ヵ月ぶり安値を更新。ただ、関係筋の話として、日本銀行が次回27日の金融政策
決定会合で追加緩和策を検討していることが伝わり、5-10兆円の資産等買入基金の増
額する見通しが明らかとなったことで、反発気味に推移した。

 白川日銀総裁は金融政策の維持を決定した会合後の会見で、「次回会合では特に念
入りに点検し適切に政策運営を行う」「物価1%の上昇達成に金融政策と成長押し上
げの両方が不可欠」と述べ、27日の追加緩和の可能性に含みを持たせたものの、「次
回会合の判断を予め予断もつのは慎む」と発言し、緩和観測の高まりをけん制。た
だ、6日の野田首相と白川日銀総裁の会談や、10日に安住財務相、古川経済財政担当
相、藤村官房長官が、相次いで「日本銀行の適切な対応」への期待を口にしたこと
で、追加緩和に向けた政治的な圧力がかかっているとみられる。

 ドル・円の目先の下支え要因としては、北朝鮮のロケット発射に伴う極東の地政学
的リスクが挙げられるが、11日には燃料が注入され打ち上げ準備が整ったと報じられ
ている。発射日程は12-16日の間とされているが、現地の気象状況の最も良い14日に
発射される可能性が高いとのこと。また、13日は最高人民会議が予定されており、こ
の日は回避される公算が大きい。なお、15日には故金日成主席の生誕100周年を迎え
るため、延期や中止の可能性は低いとみられている。

 欧州では、スペインやイタリアなどソブリン・リスクへの懸念が強まっており、ユ
ーロの重しとなっている。スペイン10年債の債券利回りは11日、6%台で取引が開始
され、一時6.016%まで上昇。6%台に乗せたのは昨年12月12日以来およそ4ヵ月ぶり
となる。また、今月はフランスの大統領選、来月にはギリシャの総選挙が予定されて
いることで、政治的リスクからユーロは買い進みづらい状況となっている。

【今日の欧米市場の予定】
・20:00 米・先週分MBA住宅ローン申請指数(前回:+4.8%)
・21:30 米・3月輸入物価指数(前年比+3.4%、2月+5.5%)
・03:00 米地区連銀経済報告
・03:00 米・3月財政収支(予想:-1960億ドル)

3日で100万円含み損が増えた!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

含み利益が、プラス30万円になったと喜んだのも束の間でしたね・・・・
なんだかんだと言って売りに回っている人が多いですね!
急速に上げてきましたから しばらく調整も必要でしょう。
3/27の日経平均238円上げなどがあり 「利食い」のタイミングを計っていた向きがこれをに売って来たのですね!
当ファンドも今日は 78400円で買った三光マーケットングを1つ残し105500円で2つ売りました。
昨日は アズワンも16200円で買ったのを18200円で売りました!
買いは、今週はマンダム・トラストテックが各100株です。

慌てることはありません!
売る人があって また買う人がいるのですからね!



4日の東京株式市場は、前日の欧米株安と世界経済の減速懸念から大幅続落し、日経平均株価は前日比230円40銭安の9819円99銭で取引を終えた。下げ幅は今年最大で、1万円の大台を割り込んだのは3月13日以来、約3週間ぶり。

 ほぼ全面安の展開で、東証1部の8割超が値下がりした。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は前日比15.66ポイント安の835.36。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による追加的な金融緩和実施の観測が後退したことで、資金流入に対する期待がしぼみ、3日の米株が反落。欧州市場も、スペインの債務がさらに膨らむとの見通しを同国が示したと伝わったことで、軒並み下落した。

 この流れを受け、東京市場も売りが優勢となった。 外国為替相場は円安に振れたものの、世界経済悪化への警戒感から、輸出関連や金融など幅広い銘柄で売り圧力が強まった。

 さらに、豪州の2月の貿易収支が市場予想に反して2カ月連続の赤字だったため、豪州の主な輸出先である中国の景気に対する先行き懸念が浮上し、売りが広がった。

NYダウ、3日続伸=4年3カ月ぶり高値〔米株式〕(2日)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします



【ニューヨーク時事】
週明け2日のニューヨーク株式相場は、堅調な米経済指標を受けて、景気の先行きに安心感が広がり、上伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比52.45ドル高の1万3264.49ドルと3営業日続伸、2007年12月31日以来、約4年3カ月ぶりの高値で終わった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同28.13ポイント高の3119.70と反発して終了した。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比2億0246万株減の7億6250万株。
 同日は、欧州のさえない一部経済指標を受けて取引開始直後は様子見気分が強かったものの、米サプライ管理協会(ISM)が発表した3月の製造業景況指数が前月の低下から一転して上昇し、市場予想を上回ったことから上昇に転じた。市場関係者からは、「このところ内容の良くない米指標も出始めていため、景気の先行きに対し安心感が広がった」(準大手証券)との指摘が聞かれた。
 個別銘柄では、アップルが3.2%高で再び600ドル台を回復して終了。米化粧品大手のエイボン・プロダクツは、同業コティからの買収提案を受けたことで17.3%の急伸となった。一方、決算の修正で赤字幅が拡大したクーポン共同購入サイト運営のグルーポンは16.9%の大幅下落で引けた。(了)
アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる