久しぶりに感激した本です!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

にささぐこの命 義


涙 涙 で読みましたね・・・・
スポンサーサイト

BSPとマニーを買いました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

2月決算銘柄を売り 3月決算銘柄も順次売っています。
(2月決算は、2/24本日が権利確定日です。)
資金が あるので以前から買いたかった2銘柄を買いました♪

3月決算で配当+優待付きで権利落ちがひどい銘柄は決まっています。
共立メンテナンス・JSP・NECキャピタル・オートバックスなどは優待が人気で優待取りで3月中までに急騰することが多いのです。

含み損もずいぶん改善されました!
特に三菱商事・丸紅は もう少しで利益が乗ってきます。
2008年春ころには商事は3980円 丸紅は1230円くらいでしたからその頃の最高利益を更新しているので
なんとかそのくらいまで上げてほしいものですね♪
この頃には商社だけで1000万円の含み利益があったのが夢のようですね・・・・

2月決算銘柄を売りました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

2月決算銘柄では ローソンを3回に分けて売りました。
譲渡利益は、3万、5万、7万と合計15万円でした。
先週は、ベルクを売りました!
38000円の利益でした。

3月銘柄では NECキャピタル・JSP・共立メンテナンスを売るタイミングを図っています。
これらは、高配当で優待が付いて配当権利落ちがすさまじいのです・・・・
一旦 売っておいて買い戻すのが良いのです。

先週売ったものに松田産業があります。
これも優待がよくて権利落ちがひどいのです!

今年は 2月3月銘柄の「高配当+優待」銘柄を売って買い戻す作戦に出ています。
さて どうなりますかね♪

買いは、日本和装だけですね!

ipadもiphoneも中国の商標なんですか?

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします


中国iPad訴訟 アップル製に初の販売停止命令 広東省恵州地裁

産経新聞 2月21日(火)7時55分配信

 【上海=河崎真澄】中国広東省深センのIT(情報技術)企業が、米アップルのタブレット型多機能端末「iPad(アイパッド)」の商標権を主張し、中国国内での販売差し止めを求めていた裁判で、同省恵州の中級人民法院(地裁)が20日までに市内の販売店に対し、販売停止を命じたことが分かった。

 中国紙の南方週末(電子版)が伝えた。それによると、商標権を主張する「唯冠科技」はこれまでに複数の裁判所で同様の訴訟を起こしているが、販売停止命令が出されるのは初めて。

 同地裁は、唯冠による中国国内でのiPadの商標権を認定、アップルによる販売は商標権侵害に当たると判断した。今後、別の地区でも販売停止が命じられる可能性がある。北京など各地の販売店ですでに店頭からiPadを撤去する動きも広がっている

ついに資源株に水準訂正が入る!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

昨日は 株価が急伸しました。
とくに資源株で三菱商事の5%(98円)の上げとなりました。
WTIは、1バレル104円そして為替は円安となっています。
その上日本全国の原発が停止し代替えエネルギーとして化石燃料の確保が急務となっています。
ガス・石炭などの価格が急騰しています。
最高純益を更新する三菱商事・丸紅が水準訂正にはいりました。
赤字に転落する企業が多々ある中最高利益を更新し 今後も利益は続伸でしょう。
株価は、商事はPER6倍代PBR1倍 丸紅は、PER5倍代 PBR1.1倍と超割安です

2008年の6月頃は 両方とも現在の株価の倍くらいでした。
しかも純益は今のほうがはるかに多いのです!

でも ガス代は上がるし電気代は上がるし ガソリン代もじり高で困りますが・・・・

総合商社、SMBC日興証は「強気」に、三菱商など投資判断格上げ
12/02/21 10:14


 SMBC日興証券は20日付で総合商社セクターの業種格付けを従来の「中立」から「強気」に変更した。株式市場や市況商品に対する投資家のリスク回避姿勢が後退したと判断したほか、各社の堅調な業績を評価。個別銘柄では三菱商事 <8058.T> のレーティングを3段階中2位の「2」から1位の「1」に、目標株価(6-12カ月)を1890円から2240円にそれぞれ引き上げた。双日 <2768.T> も3位の「3」から「2」に格上げし、目標株価を160円(従来130円)とした。

 ・SMBC日興証の総合商社株レーティング

 伊藤忠商事 <8001.T> ―投資判断「2」継続、目標株価920円→1020円

 丸紅 <8002.T> ―投資判断「1」継続、目標株価600円→660円

 三井物産 <8031.T> ―投資判断「1」→「2」、目標株価1520円→1570円

 住友商事 <8053.T> ―投資判断「1」継続、目標株価1310円→1420円

 三菱商事 <8058.T> ―投資判断「2」→「1」、目標株価1890円→2240円

 豊田通商 <8015.T> ―投資判断「2」→「3」、目標株価1380円→1600円

 双日 <2768.T> ―投資判断「3」→「2」、目標株価130円→160円

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

日経平均、1万円奪回視野に!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

皆さんが、強気の見通しを持ってきました。
こうなるとほんとにそうなるのです!
外国人による買い越しが続いています。
早晩 1万円乗せもちかいかもしれませんね・・・・


日経平均、1万円奪回視野に!

14日に発表された日銀の金融緩和以降、相場の空気は一変した。各国の金融政策に変化の兆しが見えつつある中で、今週(20~24日)は日経平均1万円乗せ、さらには昨年7月の高値1万207円奪回に向けた動きが期待される。
日経平均は1週間で437円上昇。日銀による金融政策変更で日本株市場は「買い一色」となっている。急騰後の相場展望としては、「一度もみ合ってから上昇」と読むのがセオリーだが、今回に限っては、このまま日経平均1万円に接近する展開もあるとみたい。
理由は二つある。一つは、米国景気への見方が変わってきたことだ。これまで米国においては、FOMC(米連邦公開市場委員会)のたびにQE3(量的緩和第3弾)が期待されてきた。しかし、直近ではQE3は当面実施されないとの見方が多く、むしろ、先送りが好感されるムードに変わりつつある。
同様に、中国にも変化がみられる。これまでは、預金準備率の追加引き下げなど金融緩和を打ち出してくるとの見方が強かったが、1月のCPI(消費者物価指数)上昇で再度インフレ懸念が浮上している。中国の場合は「政策判断の難しい局面になった」とも言えるが、いずれにしても、欧米債務危機の下でがんじがらめに縛られていた各国政府が、金融政策のフリーハンドを得始めたことには注目すべきだろう。
日銀の方針転換をはじめとして、政策の自由度の高まりは、多くの場合には株式市場にはプラスに寄与する。2月最終週から始まる経済指標発表を前に、今週は各国の強気な景気分析が、日本株の上昇を加速させると考えたい。
一方、国内の経済統計では、今週は20日に1月全国百貨店売上高と1月主要コンビニエンスストア売上高、22日に1月全国スーパー売上高が発表される。1月の気温低下は国内消費にプラス寄与とみられるだけに、好調な経済指標が内需株の株価を刺激する展開が続きそうだ。また、輸出銘柄は為替次第の面があるが、アク抜け感がより明確になった自動車株や鉄鋼株、中国の好調が寄与する建機株などは「強気継続」で問題ないと思われる。
ただし、総強気な展開は長くは続かないだろう。上値で非情な「取捨選択」が待っている点には注意しておきたい。明確な業績回復材料を持ち合わせていない銘柄については、今回の上昇を「絶好の戻り売り局面」とみるべきだろう。


提供:モーニングスター社

韓国は、こんなもんです!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

韓国は 詳しいほうです。
ハングル語も話しますが やはり韓国に限らず現地語が話せなければ事故に巻き込まれますね!
特に韓国は 警察が被害者が日本人だとまったく相手にしてくれないので注意が必要です。
夜遅くは タクシーもかなり危険ですよ!


わずか2キロで2万円! =邦人被害、ぼったくりタクシー摘発―韓国

時事通信 2月17日(金)20時11分配信

 【ソウル時事】韓国のソウル中部警察署は17日、日本人観光客に法外な料金を要求し、支払うまで車内に監禁したとして、恐喝の疑いで、違法タクシー運転手の男(48)を摘発したことを明らかにした。聯合ニュースが報じた。
 男は1月29日午後11時半ごろ、ソウル市内で買い物を終えた日本人女性(47)を車に乗せ、ホテルまでの約2キロを走り、33万ウォン(約2万3000円)を支払わせた疑い。女性が抗議して、降りようとすると、約5分間、「金を払うまで降りられない」と脅したという。警察は女性の通報を受け、男の行方を追っていた。 

久しぶりにわくわくした♪

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

毎日上げ続けたNDソフトウエアーを売りました。
買値は、803円でした。
昨日 高値を2970円として予測して指しました!
なかなかここまで来ませんでしたが きょう3回目の高値で3070円が来たときに売れました!
利益は、おおよそ22万円ですね。
久しぶりに3倍以上になりました!
楽しかったですね~

それとハードオフをひとつ売り22000円でした!
ちゃくちゃくと利益を上げています。

東京もいよいよ反騰だぞ!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

リーマンショックの発信源のアメリカは、さっさと高値を更新しました。
日本も震災があったとはいえ内需株には好業績銘柄がおおいのです。
先行きは 民主党さえやめればいまよりましでしょうから明るいのです!
マスコミがいくら偏向報道で民主党を支持してももう国民はだまされません!
株価も反騰に向かっています。


NY株、反発=3年9カ月ぶり高値更新〔米株式〕(16日)☆差替

時事通信 2月17日(金)7時0分配信

 【ニューヨーク時事】16日のニューヨーク株式相場は、良好な内容の米経済指標やギリシャ支援実施への期待感を背景に反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比123.13ドル高の1万2904.08ドルと、9日に付けた3年9カ月ぶりの高値を更新して引けた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同44.02ポイント高の2959.85だった。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比249万株減の8億0262万株。
 新規失業保険申請件数が約4年ぶりの低水準になるなど、朝方発表された米経済指標がおおむね改善を示したことから、買い安心感が広がった。また、欧州中央銀行(ECB)がギリシャの債務交換(スワップ)に応じる見通しとの報道を受け、デフォルト(債務不履行)懸念が後退したことも買いに拍車を掛けた。
 相場はこのところ、ギリシャ関連のニュースに一喜一憂する展開となっているが、「基調を決めているのは米景気の動向」(大手証券)。「良好な内容の指標が続いているため、米経済は思ったよりも減速しないのではないか」(同)との見方が広がっているという。
 個別銘柄では、昨年の純利益が通年で過去最高となったゼネラル・モーターズ(GM)が9.0%の急騰。一方、一部金融機関の投資判断引き下げを受けて、ネット販売大手アマゾンが売られた

損失が、160万円になった♪

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

2008年9月のリーマンショックの頃は損失が1200万円くらいになっていました。
配当と相殺しながら損切りしたり利益確保したりしながらやっとマイナス160万円まできました。
日経平均が1万円に戻ればここらあたりから含み利益に反転するでしょうね・・・・
もう少しですね♪
でもリーマンショックのおかげで為替の変動や大きく動く重厚長大銘柄から小型優良銘柄に入れ替えが
終わってきょうも大きく上げていないが下げもしないようになりました。
これでいいのですね!




東京株終値 208円高の9260円 約半年ぶりの高値
産経新聞 2月15日(水)15時32分配信

 15日の東京株式市場は、日銀の追加金融緩和を受けた為替相場の円安を好感して幅広い銘柄が買われ、日経平均株価は続伸し、前日比208円27銭高の9260円34銭と、昨年8月5日以来、約半年ぶりの高値で取引を終えた。

 東証1部全体の動きを示す東証株価指数(TOPIX)は16・16ポイント高の802・96。

 東京外国為替市場の円相場は、円売りドル買いが膨らんだことで一時1ドル=78円60銭台まで続落。円安による輸出企業の業績改善への期待感から、自動車や海運などの輸出関連株を中心に買いが先行した。前日の米国の株式市場が堅調に推移し、投資家に買い安心感が広がり、午後に入ってからもアジアの主要な株式市場が堅調なことから一段高となった。

 ただ財政危機に陥っているギリシャ問題をめぐり欧州連合(EU)のユーロ圏諸国が支援決定を先送りしたことから、今後の行方を見極めたいとのムードも強い。行き過ぎた相場への警戒も高まっており、当面の利益を確保しようとする売りも目立った。

年金の所得税、7万2千人分・17億円取り過ぎ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

おそらくわざとやってばれなければ良いって思っているのでしょうね!
国民は 十分注意しないといけません!
公務員は 一般国民から常に搾取しようと狙っています!
「自分を守れるのは 自分だけです」
国や政府(民主党)は、常に国民の敵です!


日本年金機構は13日、今月15日に支払われる約7万2000人分の年金給付額(2011年12月と12年1月の2か月分)について、計約17億円の所得税を源泉徴収で本来より多く徴収するミスがあったと発表した。

 過徴収される金額は平均で約2万3000円、最も多い人で約5万1000円になるという。
同機構は対象者に謝罪文書を郵送すると共に、過徴収分を3月15日に口座に振り込む形で返還することにしている。

 同機構によると、年金の振り込み通知書を受け取った受給者からの問い合わせでミスが発覚した。受給者から扶養親族の申告があったにもかかわらず、委託業者が入力を忘れ、申告がなかった場合の税率を適用したのが原因だとしている。.

最終更新:2月13日(月)19時29分

共通番号制度関連法案 国会提出へ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

住民基本台帳の時と同じで公務員が情報を売って大もうけするだろう!
とても情報を漏洩させないようにはできるはずが無い・・・・
民主党や官僚自体が情報を私有化するだろう!
誰もこれから逃れられないようになる!
大変な事だ!!!


政府は国民1人1人に番号を割りふる「共通番号制度」の導入に向け、個人情報が保護できているかを監督する第三者機関を設置することや、不正に情報を提供した公務員などへの罰則を盛り込んだ関連法案を、今週、国会に提出することにしています。

政府は、社会保障と税の一体改革と併せ、社会保障制度の充実や税の適正な徴収を図るため、国民1人1人に番号を割りふる「共通番号制度」を3年後の平成27年から導入したいとしており、今の国会で「マイナンバー法案」と名づけた法案の成立を目指しています。
法案では、まず共通番号について、年金の受け取りや納税などの手続きに加えて、公営住宅の賃貸契約や金融機関が被災者に保険金を支払う際に利用できるとしています。
また個人情報の流出を防ぐため、自治体や事業者などが情報をきちんと管理しているかを監督する「第三者機関」を設置し、この機関に立ち入り検査などの強い権限を持たせます。
さらに不正に情報を提供した者に対しては、最長で4年以下の懲役、または200万円以下の罰金を科すことも盛り込んでいます。
政府は、この法案を14日、閣議決定し、国会に提出することにしています。

関連ニュースを読み込み中...

[関連リンク]

今週も売買は多かったですね♪

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

2月3月決算銘柄で急騰したのを売ってゆく方針なのでそれをやっています。

2月決算のローソン・ベルクを売りました。
高配当や優待が付く銘柄は 配当権利落ちがすさまじいのです・・・・
今年は 予想以上に上げたものは売ることにしています。

買ったものは、1stH・イーストン・前沢化成・杉本商事の4銘柄です!

3月決算では いつも急騰して急落するのが激しい共立メンテナンスを注視しています。
それ以外でも「配当+優待」が良いものには注意が必要です。
信用で買ってすぐ売るのもありですから「配当権利落ち」が 配当分ではなく 「配当+優待」分落ちる傾向が
あります。
したがって優待対象株数でない場合は 最低限売っておいたほうが良いのです。

優待が すごいのはオートバックスですね!
3月9月とも7500円分の割引けんをもらえるのです・・・・

やはり3000円くらいの商品券やクオカードを出す所は下げがきついですからね・・・
売って下げた所を買い戻すのが 配当もらうよりいい場合も多いのです!

業績で明暗を分けていますが・・・・

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

業績の明暗が 株価に反映しています。
同じハイテクでもパナソニックと日立は選択と集中で赤字か増益かの「天と地」の差でした!

赤字拡大のソニーが急進し 増益のキャノンが急落しました・・・・
理由は、ソニーは、悪材料出尽くし キャノンは、予想以上の減益でした。

輸出関連からみると内需株は順調に業績を伸ばしている所がおおいです!

震災関連などで実需で上げているものも多いです。
震災で前半不振でしたが 後半盛り返し今期は増収増益も少なくありません。
足場リースのSRGタカミヤ・コンドーテック・岡部などは最高益ですね!

ソフト開発や会計ソフトやネット関連も業績好調ですね。
NDソフトウエアー・ソフトクリエイト・プロシップ・テクマトマートなど

ただ業績が株価に反映しているとはかぎりません・・・・
そういう意味では エネルギー関連で商社株なども最高純益なのに株価はまったく反応していません。
三菱商事や丸紅ですね!

好業績=株価上昇とは限りません♪
でも好業績で無い限りは買ってはいけません!

ちなみに昨日は 東洋テクニカ(8151)を買いました!
ここも好業績で有利子負債無しで株主資本比率86%で配当は4.5%です!
すばらしい会社ですね♪

今日は 売りだけでした!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

きょうは、売りだけでした・・・・・

イチネンと日本ケアサプライを売りました!

買値まで戻ったので「やれやれ売り」ですね♪

日本サプライは 上げ続けてきましたからいつ止まるか不安でした・・・・

2日下げたので即売りました!

イチネンは、3月決算が近づき「配当+優待」の対象株数より多かったので手仕舞いでした。

明日の買いは 東洋テクニカ(8151)と1stホールディング(3644)です。
1stホールディングは、東証2部へ鞍替えすると同時に株主優待を導入して急騰しました!
でも 大丈夫です!
一週間もたてば売りが出て下げてきますから そこが狙い目ですぞ♪

ほんと値幅の無い動きですね・・・・

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします


ここ最近は 毎日の動きがほとんどありませんね・・・・
先月は 10銘柄売って13銘柄買いました!
日本電技の損切りもありました。
本日は 住友鋼管を売りました。
優待のギフト券が2000円から1000円になったので利回りが3%切ってしまったので売りました。
利益は、16000円くらいです。

これで東洋テクニカ(8151)を狙っています。
ここも業績がよくて有利子負債も無く株価は高値と安値の真ん中あたりにあります。
優待は無いが 配当は4.6%あります。
今年は 配当+優待を10万円増にするのが目標です。


節分天井、彼岸底」といわれる格言があります。
昨年も年末から2月から3月前半まで好調でした!
でも3・11の大震災でそれが吹き飛んでしまいましたが・・・・・
配当狙いで株価が上げて行き 権利落ちで「配当+優待」分まで下げたのを買い戻すのが得な場合が多いです。
例年は 何もせず見ている場合が多いのですが 今年は優待対象株数まで絞って行っています。

基本は、配当受け取り7割 譲渡利益3割 なのでここが勝負所ですね!

ガソリンが また上がるぞ!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

◎南スーダンが原油生産を停止。原油輸送めぐるスーダンとの交渉が決裂。

 ◎生産停止は中国を含む権益保有国の痛手に。    ◎中国、日本は輸入減少分の埋め合わせにベトナム、西アフリカ諸国産原油を手当て。    [シンガポール 30日 ロイター] 昨年7月にスーダンから分離独立した南スーダンが原油生産を停止したことを受け、既に過去最高のプレミアムが乗っているスポット原油相場がさらに高値へ押し上げられる可能性がある。  スーダン産原油の主要顧客である中国と日本が、イランに対する国際制裁が原油フローに与える影響を検討する一方で、代替となる原油探しに奔走しているためだ。  南スーダンは今月、石油産業の開放や国境問題、債務分担をめぐるスーダンとの対立を受け、推定日量約35万バレルの原油生産を停止した。    中国通関統計によると、2011年に中国はスーダンから日量約26万バレルの原油を輸入した。中国は契約条件をめぐるイラン政府との衝突でイランからの輸入を削減しており、スーダン産原油輸入の減少分を合わせると、不足分は輸入全体の約10%に相当する日量54万5000バレル前後となる。  オイルコンサルタント、パービン・アンド・ガーツの上級パートナー、ビクター・シュム氏は「全体の量がかなり多いので、今回の突然の生産停止による供給不足分を補うのは至難の業となるだろう。総合的に見て、アジアの精製業者にとって需給がひっ迫する状況だ」と指摘した。    昨年の東日本大震災による原発の稼働停止で日本からの発電用需要が急増し、余地が限られているため、アジアのスポット原油市場が救いの神となる可能性は低い。  供給をめぐる混乱が相場上昇に一役買っており、スポット原油3月渡しのプレミアムは過去最高水準に達している。第2・四半期に予定される精製所のメンテナンスで一時的に上昇が抑えられるかもしれないが、相場はさらに上昇する可能性もある。  スーダンは今月29日、南スーダン産原油を積載したタンカーの拘束を解除したものの、ターミナルからの今後の輸出にはまだ合意していない。    南スーダンが原油生産を停止したことで、権益を保有する中国石油天然ガス集団(CNPC) 、マレーシア国営石油会社ペトロナス 、インド石油ガス公社(ONGC) への供給も止まっている。1社の関係者は「生産停止で積み出しスケジュールにある程度の混乱は予想している。早期の解決を願っている」と語った。  南スーダン産のナイル・ブレンドおよびダール・ブレンドといった重質スイート原油は日本が発電用に輸入しており、中国の精製企業の需要も旺盛だ。

 アジア太平洋地域では、インドネシアとベトナムで老朽油田からの生産が減少し、生産企業が増加傾向にある国内需要を満たす方向に切り替えているため、全体として原油が不足状態にある。  イラン産原油の減少を補うため、中国は1月と2月に既にロシアやアフリカ西部、中東、ベトナム産のスポット原油を追加購入している。

 日本はベトナムやインドネシアから中・重質スイート原油を大量に定期購入しており、これらの原油はスポット市場にはほとんど流入してこない。  オイルエコノミストの藤沢治氏は、日本にとってスーダン産原油の代替となるのは、ガボンのラビ・ライト原油や低硫黄燃料油だと話す。ラビ・ブレンドの試用は既に始まっており、7月から月間60万─120万バレルが日本に輸入される。  日本は昨年1─11月にスーダン産原油を日量4万8847バレル輸入。輸入量は前年の4万4294万バレルを上回った。主要輸入企業はJXホールディングス <5020.T> 子会社のJX日鉱日石エネルギーと三菱商事 <8058.T> 。  日本にとってスーダンはインドネシアに次ぐスイート原油供給国だ。
アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる