ホンダ業績下方修正!

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

ホンダ <7267.T> は31日引け後、12年3月期連結業績予想(米国会計基準)を明らかにした。売上高は7兆8500億円(前期比12.2%減)、営業利益は2000億円(同64.9%減)を見込む。タイ洪水の影響が不透明なため、11年9月中間期の決算発表時において、今期業績予想を未定としていた。

 通期売上台数は、二輪事業で1266万台(同121万5000台増)、四輪事業で315万台(同36万2000台減)、汎用事業で585万台(同34万1000台増)を計画している。第4四半期(12年1-3月)の前提為替レートは1ドル=77円、1ユーロ=97円。

 同時に発表された第3四半期(11年4-12月)決算は、売上高5兆5430億3300万円(前年同期比17.6%減)、営業利益1193億8800万円(同77.2%減)だった。四輪事業の売上が大幅に減少するとともに、台数変動および構成差、減産に伴うコスト影響、原材料価格の変動影響などにより、採算が悪化した。

 タイ洪水の影響については、四輪生産拠点のホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドの工場建屋および製造設備の復旧を現在進めており、3月末には生産を再開する予定。また、タイ周辺のアジア諸国の生産拠点は順次生産活動を再開し、4月までには全生産拠点で通常レベルに戻る見通し。

 31日終値は16円安の2666円。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
スポンサーサイト

偽名保険証の波紋・・・・・・・

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

産経新聞 1月27日(金)15時6分配信
元オウム真理教幹部、平田信(まこと)容疑者(46)をかくまったとして犯人蔵匿(ぞうとく)容疑で逮捕された元信者、斎藤明美容疑者(49)が、偽名の健康保険証を入手していたことが波紋を広げている。斎藤容疑者は偽造ではなく、正規の手続きを経て取得しており、携帯電話の購入などに使われていたことも判明。保険証は身分証明にも利用されるが、加入団体は「偽名かどうかは申請時に勤務先で精査してもらうしかない」としており、専門家は「保険証への信頼性が損なわれる」と問題視している。

 捜査関係者らによると、保険証は勤務先の整骨院(大阪府東大阪市)を運営する有限会社が申請し、社会保険事務所(現・全国健康保険協会)が平成12年に発行。「吉川祥子」という斎藤容疑者の偽名が使われていた。

 斎藤容疑者が加入していた健康保険は「協会けんぽ」と呼ばれ、主な加入者は中小企業の従業員や家族。加入手続きは、申請者の勤務先から提出される「資格取得届」に基づいて行われる。

 ただ、資格取得届に必要なのは氏名や住所、生年月日などの簡単な個人情報で、住民票や戸籍謄本など個人を特定できる書類の添付は必要ない。現在は記載が義務づけられている基礎年金番号も、斉藤容疑者が申請した12年当時は省略が可能だった。

 斎藤容疑者が勤務していた整骨院の男性院長は「(保険証は)正式な手続きを経て、会社として申請した。おかしなことはやっていないし、身分証の確認なども必要なかった」と釈明。全国健康保険協会大阪支部も、当時は偽名で保険証を入手することが可能だったことを認め、「元看護師だった斎藤容疑者が保険証制度を熟知していた可能性がある」と推察する。

 斉藤容疑者は、この保険証を携帯電話の契約や銀行口座の開設に利用。保険証を使い、自宅近くの病院にも通っていたという。

 これに対し、府内のある社会保険労務士は「保険証は公的な身分証明書として認められており、今回のケースは保険証への信頼の根幹を揺るがす大問題だ」と指摘。「斎藤容疑者が保険証を使って通院していれば、偽名の人物に医療費が支払われていたことになる」とも話す。

 同協会によると、協会けんぽには現在、全国で約3500万人が加入しているが、同協会は「不正がないかを調べるとなれば、膨大な人員やコストがかかる。基本的には、勤務先の情報に基づいて保険証を発行しており、勤務先が申請する段階で人物を精査してほしい」としている。

3銘柄売って4銘柄買いました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

日本電技が 昨日業績の大幅な下方修正をして配当も30円から20円へ下げるとの事で急落しました。
すかさず300株を売りました。
ここは、利益のたくわえも沢山あるし小型株はだいたい個人株主のために業績が下げても直ちに配当をへしたりはしないものなのです!でも すぐ減配?って言うのが嫌になりましたね!
業績の回復は そのうちするとしても配当の維持は当然だとおもいますがね~
Jの株は 個人株主を大切にするので2008年のリーマンショックでも減配しなかった所がおおいのです。
そういう所は 大切にしたいですがこんな所は必要ないですね!

SHO-BIとコンドーテックも複数持っていることと配当利回り低下で売りました。

買いは、DCMホールディング(3050)・ヤマトインターナショナル(8127)・日本管財(9728)・岡部(5959)の4銘柄です。
岡部は以前から考えていましたが今日は寄付きからいきなりストップ高でした。
いったい何が起きたのか分かりませんでしたが昨日の引け391円から450円でした。
そのあとだんだん下げてきて411円で買いましたがそのまま406円まで下げてその後
417円まで上げて大引けは406円と大荒れの相場でした!
いや~ 久しぶりにわくわくした楽しい相場でした♪

少しずついれかえています♪

ビッグカメラの優待が変更になってました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

http://www.biccamera.co.jp/ir/news/pdf2011/20111013news2.pdf

ビッグカメラの株主優待制度が昨年10月に変更になっていました。
1株所持の株主に初年度優待券年間1000円3枚は変わりませんが 2月に2枚8月に1枚になってます。
詳細は、以下の通りです。

ビッテグカメラ優待健康

配当利回りと国債との利回りの差が最大!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします


ソースは ここ
http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/bond_report_P1487_120119.pdf

潮目が、変わった との見解が沢山出ています。

それは、いろいろの指標からうかがえるのです。


世界のPBR比較


よく言われている「PBRの1倍割れ」で主要国ではもっとも低くなっている。

配当と国債利回り


もうひとつの指標で「配当利回り-国債の利回り」があります。

この差額がリーマンショック以来最大の開きとなっています。
株式の国債に対する割安感は強くなっています!

潮目"は変わった、日経平均9050円にトライ!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

相場は、投資家の気持ちが変わると本当に変わるのです。
評論家やエコノミストやトラジスト連中がこのように言うとそんな気分になる人が出てくるのです。

相場の潮目は変わった――。
まず、ボリューム面では、18日に東証1部売買代金が1兆1364億円と、株価指数先物・オプションSQ(特別清算指数)算出日を除くと昨年12月7日以来1カ月半ぶりに1兆円大台復帰。テクニカル面では、18日に日経平均が5日移動平均線と25日線の間でミニ・ゴールデンクロスを達成。翌19日には、一目均衡表の先行スパン(「雲」)の上限を突破した。
外部環境にも変化の兆しが現れている。特に米国では、企業収益が好転。これまで低迷していた雇用においても改善の兆しが顕著に現れてきたほか、懸念されたクリスマス商戦が好調に推移し個人消費も向上している。懸案の住宅投資に関しては、依然として慎重な見方が多いものの、底入れ期待が強まってきたのも事実である。
これを再確認する上でも、今週(23~27日)発表される米経済指標に要注目だ。中でも、25日に発表される米11月FHFA住宅価格指数・12月中古住宅販売、そして27日の10~12月期GDP(国内総生産)速報値の結果が注目される。
株価底入れの兆候が見えてきた中国では、インフレ抑制効果が発揮され、今後は金融緩和策への期待が株価上昇の支援材料として注目されている。
気掛かりなのは、やはり欧州だ。今週は24日にスペイン、25日ドイツ、26、27日にイタリアがそれぞれ国債を入札する。その面でも23日のユーロ圏財務相会議、24日EU(欧州連合)財務相会議、ユーロ圏1月製造業PMIが注目。ギリシャが3月下旬に145億ユーロ(1兆4500億円)の国債償還を迎える。無秩序なデフォルト(債務不履行)回避に向け民間債権者との協議を行っているが、今後の動向から目が離せない。
欧州債務問題に関しては、これまでの国債入札が順調な結果となっている上、ECBの緩和期待が強く、一時的に危機意識が後退する可能性は十分予想される。
一方、国内に目を転じると、24日に通常国会が召集され、12年度予算、消費税増税関連法案などに関心が集中しよう。ただ市場マインドが好転している株式市場では、膨大な震災復興需要によって来年度の業績がV字回復することへの期待が日増しに高まっている。
昨年12月高値8722円(終値ベース)を20日にクリアした日経平均は、上値を試す展開となろう。

12/1/20 18:00
提供:モーニングスター社

パーク24・タナベ経営を買いました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

銘柄入れ替えを続けています。

売りは 星医療酸機・シモジマです。
星は、6万円くらい儲かっていましたが 業績が悪化して株価低迷しています。
配当も2%代であまりよくなくなりました(株価が上げたせいです)

シモジマは、損きりです。
2万円くらいの損失ですね!
ここも業績が悪化していて当面回復が見込まれないので売りました!
配当も2%切っているし・・・・

買いは、パーク24・タナベ経営です。
パーク24は、「配当+優待」で4.5%だし駐車場を1.5倍増やす方針なんで業績が伸びることは間違いありません!

タナベ経営Hは 業績は改善の方向なんで下げる銘柄より良いと思って買いました。
配当も4.3%ですから!

きょうも入れ替えました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします


兵は 迅速を尊ぶべし
孫子の兵法の一番初めに書いてある事です♪
きょうの売りは 先週買ったものが上げたので売りました。
2万円程度の利益ですが 軽くジャブですね!

銘柄を入れ替えています。
複数持っているもので優待の単位から外れているものを売って入れ替えもしています。
3月決算で「配当+優待」分が権利落ちするので優待付き以外の株を手仕舞いしています。
2銘柄売ってプロトコーポ(4298)を買いました!

明日は 星医療酸機を売ってパーク24・AGS・タナベHそして押せばタカミヤを買います。
さらに売りは 東京デリカ・SPK・NDソフトウエアの予定です。
戻せば ペパボ・中山福・あいHです。

来週も銘柄入れ替えだ!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

来週も銘柄の入れ替えをやります。

買値まで戻った銘柄で優待の対象外株数分を売って行きます。
売りは ペパボ・もしもしホットライン・中山福・SPKなど

買いは、プロトコーポ(4298)・パーク24(4666)・タカミヤH(2445)・AGS(3648)などです。

3月決算前には 優待付き銘柄は 「配当+優待」分権利落ちするので優待権利付き分のみ保有して
残りは一旦売っておいて押せば買い戻すのがいいと思います!

昨日も銘柄入れ替え続行!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

ユーロ・ドルに対して円高になっているためどんどん下げているトヨタを損きりしました。

返す刀でNECモバイル(9430)とリック(3147)を買いました。
いずれも中長期投資ブロガーの方からの情報で「リックが株主優待を導入して配当+優待の還元率10%になる」ので買いました。
この時点では急騰していましたがそれでも10%なら割安なので買いました。
NECモバイルも業績好調・有利子負債無しでEPS400円って超優良会社です。
当ファンドは、長期投資を目指していますので「PERが低く 有利子負債が無く 1株利益が大きい会社」は結局株価が上昇する可能性が高いのです。
しかも配当が4%以上であれば長期保有に耐えられます!

AIT(9381)も業績急拡大ってんで950円から急騰して2週間上げっぱなしでとうとう1150円で止まっています。
待っている間に 早い話しが 買いそびれたのです・・・・

後 2銘柄追いかけています!

円高で海外への投資が進む!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

円高を背景に商社や資源会社は海外企業の買収に動いている。
きょうは 商事は31円高の1631円です。
今3月期に最高純益を更新する予定です。
ただし来期は 経済の低迷懸念から10%の減益を予想していますが 次々と停止する原発の代替として
石炭や天然ガスなどの化石燃料は当面必要です!


三菱商事は豪マーチソン・メタルズ の持つ豪西部の鉄鉱石プロジェクトと鉄道港湾インフラプロジェクトの権益を取得することで合意し、買収の口火を切った。三菱商事は権益を取得後、ポスコを含む中韓の鉄鋼メーカーに売却する狙いだ。

JPモルガン証券は17日付で三菱商事 <8058.T> の投資判断を「ニュートラル」(3段階中2位)から「オーバーウエート」(同1位)まで1段階引き上げた。12年12月までの目標株価は2100円(従来2000円)。投資案件のパイプラインの充実化、豪州鉄鉱石プロジェクトの事業リスク後退などを背景に、市場での懸念要因が解消されつつあると判断した。

ナミビアでウランを生産するパラディン・エナジーは、福島第一原子力発電所の事故で原子力エネルギー需要が懸念されて以来、株価が70%下落しており、安値で買収できる標的となる可能性がある。  

きょうも2銘柄売って2銘柄買いました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

損きりと利益確定で2銘柄売り!

NECモバイル(9430)とミライトH(1417)を買いました。

業績は 急回復しています。
有利子負債がほとんど無く PERは10倍以下で PBRは1倍割れです。
配当は、5%弱です。
言う事 無しです!

どんどん入れ替えています!

損きりは トヨタ・ホンダ・キャノンそして残り数銘柄の1部銘柄です。
輸出関連銘柄は 3月までの高値を待って損きりします!
もう為替に振り回される銘柄は 必要ありません!

いよいよ年内に銘柄の入れ替えがおおよそ完了します!

お金が貯まらない人の10の悪い習慣

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします


お金が貯まらない人の10の悪い習慣

こんな習慣を持っている人はお金が貯まりにくい?

 今月からちゃんと貯金を始めよう!と思っていたのに、いつのまにかお金を使ってしまっていた…というのはよくある話。なかなか貯まらないお金、どのようにすればしっかりと貯蓄できるのでしょうか。

 マネーカウンセラーとしてこれまで1200人以上からお金についての悩みを聞いてきた田口智隆さんは、『「なぜかお金が貯まる人」がやっていること』(廣済堂出版/刊)で、「お金の管理は人生の管理」だといい、貯金ができる人は総じて“自己管理”が出来ているといいます。
 では、自己管理が出来ていない、つまりお金が貯められない人によく見られる習慣とはどのようなものでしょうか? 本書から、お金が貯まらない人に見られる10の悪い習慣をご紹介します。

(1)週に何度もATMでお金をおろしている
 一週間に何度もお金を下ろすのは、典型的なお金がたまらない人のパターンです。ATMで頻繁にお金をおろしていると、自分がどれだけ使っているかの感覚がマヒしてきます。
(2)自分が悪くなくても謝ってしまう
 すぐに「すいません」を口にするのも危険です。なぜなら、「すいません」を大安売りする人は、相手に流されやすいから。相手に流されてばかりでは、お金は貯まりません。
(3)いつも残業をしがちである
 残業しがちな人も貯まらない典型のタイプです。残業代もロクにつかないこの時代、頑張って残業してもお金が稼げるわけではなく、疲労とストレスだけが溜まります。「タイム・イズ・マネー」です。時間をムダにしていませんか?
(4)使いかけの調味料がいくつもある
 どの家庭にもある冷蔵庫ですが、1度使ったまま賞味期限が切れてしまったドレッシングや調味料はないでしょうか。使いかけの調味料はムダ使いの象徴だと言えます。
(5)ランチでさえも即決できない
 優柔不断は自分にとって必要なものを見極められないということです。そしてついつい不必要なものに手を出してしまいます。また、ランチを即決できない男性は女性にも嫌われる。
(6)店員に対して横柄な態度を取っている
 横柄な態度は自分の自信のなさの現われです。他人の気持ちを考えることができない人は、自分の気持ちをしっかりとコントロールできていないといえます。
(7)三十歳を過ぎても親と同居している
 実家にいたほうがお金はたまると思うかも知れませんが、実際、若いうちからお金を貯められている人の多くは一人暮らしをしている人です。若いうちの一人暮らしは自己管理能力を養います。
(8)「夜ふかしは贅沢」だと思っている
 深夜遅くまで起きている人はお金を貯められないと田口さんはいいます。例えば飲み屋にしても、タクシーに乗るのも夜にお金をかけると割高になるからです。
(9)気が付けば全然運動をしていない
 「気が付けば全然、運動していない」という人もお金を貯められない傾向にあるといいます。運動は健康維持のために必要ですが、それが出来ていないということは、自己管理ができていないということ。健康的な体を維持することはお金の貯蓄にもつながります。
(10)自分の会社以外のことに関心を持っていない
 毎日が「会社一色」も悪い傾向です。会社に満足すると自分の現状に満足してしまうため、その後の自分の進歩が止まってしまいます。社外の人間と付き合い、世界を広げることが大切です。

 実は、著者の田口さん自身も10年前まで以上のような悪い習慣を繰り返しており、ついには“借金大魔王”とまで呼ばれていたといいます。しかし、そんな田口さんを救ったのは「お金が溜まる習慣」を身につけたことで会得した自己管理能力でした。本書にはどうしてお金が貯まらないのかといったところから、お金との付き合い方までを著者の経験とともに分かりやすく説明します。

 お金を貯めることができないという人は一度自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。もしかしたらムダだらけの毎日を過ごしているかも知れませんよ。
(新刊JP編集部)

銘柄入れ替え中です!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

今週も「重厚長大」「輸出関連」を損きりして内需関連を買います!
もっか銘柄入れ替え中です。
今週は、FPG(7148)タナベ経営(9644)ミライトH(1417)前沢化成(7925)を買う予定です。
いずれも好業績銘柄ばかりです!


12/1/13 18:00
来期の事業計画に希望の光
新興国の金融緩和策などを皮切りに、世界の株式市場のムードが一気に好転する可能性を指摘しておきたい。特に、中国が景気刺激策などに打って出れば、日本株でもコマツ(6301)などの株価が反応するのは確実だ。
一方で、国内株式市場の物色動向に目を向けると、直近では低位株や材料株に買いが集中している。個人投資家の視点がこれらの銘柄に向いているため、当面は一部の銘柄が突然急騰する相場展開が続きそうだ。
ただし、今週から始まる3月期決算企業の第3四半期累計(昨年4~12月)決算発表は最注目となる。主力企業の業績発表は1月下旬~2月上旬となるが、これに先立ち、1月中には来期の販売計画や業績予想が報じられることが多い。
震災後の影響が色濃く残る今期決算に比べ、来期計画はまっさらな状態からスタートできる上に、国内消費は順調に回復している。予想を超える来期計画に対して、株価の見直しが徐々に進む可能性が高いとみる。
今後は、懸念される持ち合い解消売りを吸収しつつ、日経平均は上値を目指すと予想。今週(16~20日)は12月の戻り高値8729円に接近し、1月下旬~2月にかけては9000円台を試す展開が期待できる。
波乱があるとすれば、ペルシャ湾問題だろう。イランによるホルムズ海峡封鎖予告で、欧米諸国との間で緊張が急激に高まっている。同問題がさらなる紛争に発展するようなら、原油価格が乱高下し、米国株や日本株の急落要因となることもあり得る。
提供:モーニングスター社

今週は、マルコとオンリーを買いました!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

今週は 「行って来い」 でしたね。
結局 週始めと週末変わらずでしたね・・・

そんな中 マルコ(9980)とオンリー(3376)を買いました。
今週は両銘柄とも上げていますね。
昨日は 買った後すぐオンリーがストップ高でした。
両方とも好業績な見通しですが株価はじり高でしたが 割安でした。
特にオンリーは買おう買おうと思っているうちに10%以上上げていました!
スーツの小売なんでいくら業績よくてもなかなか手がでませんでした・・・・


紳士服・婦人服販売などを手掛けるオンリー <3376.OS> が7000円ストップ高の4万5500円となり、カイ気配で推移している。11年1月14日に付けた昨年来高値4万円を更新した。
 12日引け後に発表した12年8月期第1四半期(11年9-11月)連結業績が大幅な増益となり、好感されている。営業利益は前年同期比43.4%増の3億7200万円、純利益は同3.05倍の2億3200万円となった。
 主要製品であるスーツ、シャツの販売が好調で、スーツは前年同期比9.3%増収、シャツは同10.3%増収。既存店売上高は同9.9%増となった。
 通期業績予想は従来予想を据え置いた。営業利益予想は前期比23.0%増の8億500万円、純利益予想は同40.0%増の4億円。
[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2012-01-13 13:07)

テクニカルで選ぶ注目株=丸紅

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

今3月期で丸紅や三菱商事などの資源株は最高純益を更新する予定です。
しかし 来期は 先行きが見通せないということで慎重な見通しで減収減益になっている。
でも 原発の再稼動が難しい以上は当面化石燃料に頼るしかないですからどうしても資源株
に注目せざるをえません!
早晩 株価の水準訂正があると思います!


丸紅 <8002.T> の株価が昨年12月30日に終値で25日移動平均線を抜き、5日まで4連騰となっている。株価が5日・25日の両移動平均線の上位に位置するなか、上昇中の25日線に5日線が下から接近している。2本の移動平均線のカイ離幅もわずか3円程度にまで縮小していることから、12月1日以来となる5日線と25日線のミニ・ゴールデンクロス形成が射程圏内に入っている。週足でも今週には26週移動平均線を上回ってきたことから、中期的にも上値を目指す動きが期待できそうだ。連結PERは4倍台、配当利回りも4.1%台の水準にある。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2012-01-06 08:30)

「ノムラ個人投資家サーベイ」では3カ月後の株価は「上昇する」との回答比率が上昇

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

投資家の意識が改善されて来ているのは良い事ですね!
昨年は ほんとうに悪い事ばかりで相場も落ち込んでいました。
でも これ以上どんどん悪くなるというよりも改善に向かうしかないって感じでしょうかね!



野村証券は5日、「1月ノムラ個人投資家サーベイ」(調査期間11年12月19-20日)を発表した。それによると、3カ月後の株価見通しについて「上昇する」という回答比率と「下落する」という回答比率の差が40.6と前月の36.4から4.2ポイントの上昇となった。調査期間にあたる12月19日の日経平均株価の終値は8296円だった。その日は、北朝鮮の金正日総書記の死亡が伝わり、地政学リスクの高まりから下げ幅を拡大する場面があった。個人投資家は冷静に事態の推移を見つめたようだ。3カ月後の日経平均株価の変動幅は引き続き、1000円程度の上昇を見込む回答比率が高く、投資家心理に変化はないようだ。

 今後3カ月程度で株式市場に影響を与えると思われる要因については、前回と同様に「国際情勢」「為替動向」「国内政治情勢」と続いた。財政難が続くイタリアやスペインなど南欧諸国での国債発行が控えており、金利の急上昇(価格は下落)を警戒する声は依然としてあることから「国際情勢」に関心が高まる状況が続きそうだ。

 投資対象として短期、長期を問わず株式を保有したと思う銘柄(実際に保有している銘柄も含む)あるいは注目していきたいと思う銘柄は、トヨタ自動車 <7203.T> 、武田薬品工業 <4502.T> 、ソフトバンク <9984.T> 、ソニー <6758.T> 、みずほフィナンシャルグループ <8411.T> が上位に入っている。前回調査と比較すると、日本マクドナルドホールディングス <2702.OS> と三菱商事 <8058.T> が上位から外れ、ソニーとみずほがランクを上昇させた。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2012-01-05 15:03)

民主党が参院選に勝利した翌日のyahoo!!掲示板でのやりとりです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

*民主党が、 消費税を上げるのは外国人のために金を使うためなんです。
高校授業料無償化は、朝鮮高校を援助するためです。
子供手当ては 外国人の外国に居る子供に金をやるためにやったのです。
生活保護は 三分の一が外国人です。


民主党が参院選に勝利した翌日のyahoo!!掲示板でのやりとりです。

Re: 中国の反日デモ 2007/ 8/25 21:57 [ No.83344 / 93498 ]
いよいよ 投稿者:スヒョン
投稿日:2007年 7月30日(月)04時32分31秒  

計画通り民主党が参院選で過半数を獲得。いよいよ始まりますね。
自民党独裁弾圧政治の終わりの始まり。
我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり。
最近はネットのおかげで90年代以前なら使えたネタが通じにくいですが
民主党さんにはがんばってもらいましょう。
まず短期的には在日同胞のお年寄りへの年金支給実現が急務です。
生活保護だけでは本当に最低限の生活しか補償できないのが現実です。
差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を
気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。
多くの日本人同様に税金をしっかり払ってきたわけだし、これまでの差別の歴史を
考えてみたら我々にも年金をもらう資格はあるし日本政府にもその責任があります。
在日同胞への年金支給がいちばんの優先です。
その次は地方参政権獲得へと山を作っていきましょう。
各地のコリアンタウンを基点に、組織的に民主党議員を支援していく体制は
すでに整っていますが、足りないものがあれば、各支部ごとにまとめて本部に
頼んでください。
民主党の中での雰囲気醸成や意見の舵取りなどは、同胞議員の先生たちが
きちんと動いてくれる予定ですから心配ありません。
また北韓同胞との連携も必要になってきますので、支部長レベルでの会合等調整をお
願いします。
 ・
【中略】
 ・
Re: そうですね 投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)08時20分48秒   返信・引用

しかし予想していたより早かった気がします。
ある意味では自民党に感謝する必要がありますね。
自民党の族議員たちが自分の利権を守るのに必死でr
普通の日本国民が日本の政治に興味を持たないように
政治家が自分の腹だけを肥やせるようにし続けてきたからこそ
同胞たちの日本マスコミ改革とうまく合って日本の世論を誘導
できるようになったのですから。
今回は民主党の先生がたが頑張って社保庁の年金問題を公開
してくれたおかげは大きいですね。
日本のオンモンに「漁夫の利」というのがありますね。
日本と中国が我が韓半島を奪い合ううちにロシアが横から
奪い去ろうというものですが、
これからは日本人同士で利権の奪い合いをしている横から
我々がそれを奪い去るという構造です。
与野党と官僚が利権の奪い合いをしているところから
我々が美味しいところをいただける。
日本の一般国民も今は年金や不祥事なんかの目の前のことだけしか
見てませんしね。マスコミもそういうところをどんどんやりますから
都合がいいですよ。笑いが出るくらいです。

とにかく日本の左派はまだまだ利用できます。
とくに日本が嫌いな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます。
日本憲法改悪反対派の議員たちをもう一度洗い出しましょう。
護憲派の人たちは我々と考えが似ていますから、まだ利用できます。
同じような人たちは自民党にもいます。落選議員に活動資金を献金する
といった方法で良心を目覚めさせることも簡単でしょう。
民主党にはかつて北韓の辛先生の擁護をしてくれた人たちもいますし。

注意しなければいけないのは民主党内の一部の保守派ですね
民主党は圧勝したといえ党内は一枚岩でないところも多いので。
ただし基本的に相手は日本人です。一度信用させれば継続して信用し、
その上でこちらのつらい状況を涙ながらに語れば心底同情してくれます。
こういった点をうまく使いましょう。

意外高の意見が多いですね!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

長い事投資をやってきて人の話しを参考にすることもあります。
会社に雇われて投資をしている人(評論家)の話しはまったくあてにはしません。
自分の金でやってない人には発言にも真実味がありません!
でも まあ正月の相場については「希望的な観測」が多いですね。
それは まあいいでしょう!
例年1月2月は高くなりますから3月までに一旦利食いもいいでしょう♪
今年は 金融危機が日本→アメリカ→欧州ときましたから 次は中国でしょうね!
夏までに危機があらわれると大方の評論家・アナリスト・トラジストといわれる人が言っています。
多少 ポジションを下げるのはいいでしょうね!

意外高の妄想
米景気の底堅さがクローズアップされてきました。ダウ平均は年初からの上昇で12500ドル付近まで回復。2011年の高値を起点とした上値抵抗線の節目まできましたが、その節目ブレークも時間の問題でしょう。

ダウ平均の史上最高値は2007年10月の14198ドル。4年超経過した足元の水準は高値から14%程度下落した水準に過ぎない。株価が堅調なのに景気が失速するなどは素直に考えられないでしょう。特に資本主義だから当然なのかもしれません。日経平均は史上最高値38957円を付けた4年後には高値から55%も下落してしまいました。

長期的な視点から、高値でもみ合いが続く米国市場と、高値から急速かつ大幅に下落した日本市場との間には、立ち直りに相当な時間差があるのは当然。個別株でも高値もち合い株はやっぱり業績が好調だし、株価上昇の次のステップも早いですもんね。

一方、中国の上海総合指数がさえません。中国では11月末に約3年ぶりに預金準備率の引き下げを実施したほか、11月の消費者物価の上昇率が市場予想以上に鈍化するなど、足元は金融緩和に対する期待は続くと思います。ただ、金融緩和でも株価のポジティブな反応が鈍いのは注意。これを景気減速の兆候とみるのか?

さて、大発会から好調なスタートとなった日本株。内需主力株中心に終日買いが続いた動きを見る限りでは、買い戻しだけではなさそう。「単なる買い戻し」といえば簡単ですが、買い戻しが終日続くほど売り玉はたまっていません。最も、相場の立ち上がりは買い戻しからスタートするのが常です。投資主体は定かではないですが、数日買いが続く可能性があり、下げる場面では押し目買いで対処したいところでしょう。

東証1部の騰落レシオ(25日)は120%まで上昇し、確かに過熱圏はありますが、株価が敏感に反応する指標ではありません。また、1月相場は年初の買い一巡後に下げるケースも多いですけど(直近2年間は1月中旬頃に高値を形成)、日経平均は昨年一年間で17%程度下げていますので、直近の経験則をそのまま当てはめるのもどうか。

もしかすると、1月か2月相場の意外高? イタリアなどの国債償還が一段落すれば相場は持ち直すといった議論も多いですが、相場はスケジュール通りには動きません。

月足の一目均衡表では1月は転換線が下げ止まり、抵抗帯(雲)の下限水準が2月まで切り上がっています。また、遅行線の位置(今月を含めて26ヶ月前)は2009年12月に一ヶ月間で1200円上昇したタイミング。同じように意外高(大陽線)が有り得るかも。それとも、妄想ばかりで空回りか・・・。

東野幸利

株式会社T&Cフィナンシャルリサーチ

年明け「陰の極」離脱も~米景気回復が刺激材料に

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

年明け「陰の極」離脱も~米景気回復が刺激材料に

大納会の東京株式市場は、前日にNYダウが135ドル高となったにもかかわらず、日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)ともに小幅高。掉尾(とうび)の一振どころか、年内最終取引まで調整ムードがつきまとう逆風の11年相場は幕を引いた。
 日経平均の年間足は2年連続の陰線。欧州債務リスクよりも堅調な米国景気を前向きに評価して動く米国株と、方向感を欠いたまま安値圏で迷走する日本株との"勢いの差"は広がるばかりだ。
 本来なら、米国株高の恩恵にあずかるはずの輸出型主力も、その足どりはきわめて鈍い。為替市場での「1ユーロ=100円割れ」が時間の問題とみられるほか、高止まり状態にある対ドル相場を警戒しているため。しかし、悪い意味でのこうした日米株の著しいデカップリング(非連動)相場は、1月にもピリオドが打たれ、いくぶん軌道修正に向かう可能性が出てきた。
 ひとつ注目したいのは、今や東京市場のコンセンサスとなっている「1~2月の欧州不安再燃」リスクを足元の相場が前倒しで消化し、ポジション整理がかなり進んでいる点だ。1月末に開催するEU首脳会議や、イタリア国債の償還がピーク入りする2~4月をにらんで、なお神経質に振れる可能性はあっても、調整進行で徐々に「下値の壁」は厚くなりつつある。
 米国の中古住宅販売件数の先行指標とされる11月の仮契約住宅販売指数が前月比7.3%アップ。既に小売売上高は11月まで6カ月連続で増え、消費が経済を押し上げる自律的な景気回復傾向が強まっている。年明けには、12月のISM製造業景況指数が日本時間で1月4日午前零時に発表される。マーケットで注目度の高い同指数の堅調が確認されるようだと、4日の大発会の支援材料となり、自動車など日本の輸出株も動きはじめるだろう。ISM製造業景況指数とともに、現地6日発表の米12月ADP雇用統計も有力な刺激材料として見逃せない。
 一方、年明けからは国内では「復興需要」が相場の現実買いテーマとなって頭角を現わす。"陰の極"から抜け出す条件は揃いつつある。低PBR(株価純資産倍率)の実力株に加え、来3月期の収益向上が見込める銘柄を先回りの感覚でマークする段階だ。


提供:モーニングスター社

あけましておめでとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
クリック応援お願いします

相場は、ポジティブな人しか生き残れません!
投資は 時として希望を生む
復興需要が、業績に反映されるのが景気の刺激になるといわれています。
当ファンドは、復興需要銘柄では水道関連の前沢給装、前沢化成で攻めたいと思っています。
そして いよいよ輸出関連のトヨタ・ホンダ・キャノンなどを手仕舞いを最後にしたいと思っています。


年明け「陰の極」離脱も~米景気回復が刺激材料に

大納会の東京株式市場は、前日にNYダウが135ドル高となったにもかかわらず、日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)ともに小幅高。掉尾(とうび)の一振どころか、年内最終取引まで調整ムードがつきまとう逆風の11年相場は幕を引いた。
 日経平均の年間足は2年連続の陰線。欧州債務リスクよりも堅調な米国景気を前向きに評価して動く米国株と、方向感を欠いたまま安値圏で迷走する日本株との"勢いの差"は広がるばかりだ。
 本来なら、米国株高の恩恵にあずかるはずの輸出型主力も、その足どりはきわめて鈍い。為替市場での「1ユーロ=100円割れ」が時間の問題とみられるほか、高止まり状態にある対ドル相場を警戒しているため。しかし、悪い意味でのこうした日米株の著しいデカップリング(非連動)相場は、1月にもピリオドが打たれ、いくぶん軌道修正に向かう可能性が出てきた。
 ひとつ注目したいのは、今や東京市場のコンセンサスとなっている「1~2月の欧州不安再燃」リスクを足元の相場が前倒しで消化し、ポジション整理がかなり進んでいる点だ。1月末に開催するEU首脳会議や、イタリア国債の償還がピーク入りする2~4月をにらんで、なお神経質に振れる可能性はあっても、調整進行で徐々に「下値の壁」は厚くなりつつある。
 米国の中古住宅販売件数の先行指標とされる11月の仮契約住宅販売指数が前月比7.3%アップ。既に小売売上高は11月まで6カ月連続で増え、消費が経済を押し上げる自律的な景気回復傾向が強まっている。年明けには、12月のISM製造業景況指数が日本時間で1月4日午前零時に発表される。マーケットで注目度の高い同指数の堅調が確認されるようだと、4日の大発会の支援材料となり、自動車など日本の輸出株も動きはじめるだろう。ISM製造業景況指数とともに、現地6日発表の米12月ADP雇用統計も有力な刺激材料として見逃せない。
 一方、年明けからは国内では「復興需要」が相場の現実買いテーマとなって頭角を現わす。"陰の極"から抜け出す条件は揃いつつある。低PBR(株価純資産倍率)の実力株に加え、来3月期の収益向上が見込める銘柄を先回りの感覚でマークする段階だ。


提供:モーニングスター社
アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
171位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる