(8/31) なんだかんだ言ってもアメリカ大統領は偉い!

8/31日経平均は415円も上げました。

アメリカ大統領がサブプライム問題に対策を発表する見通と言っただけでこれですわ!

実際世界経済が混乱しているのです政治家が「断固として事に当たる」というコメントを出し実際にやらないといけないですよ。なのに日本のあほな総理大臣や閣僚は「アメリカのことだから日本とは関係ない」と言っているのです。こんな馬鹿な連中が、内閣改造だの世論調査だのとつまらないことにうつつを抜かして何もしないのです。日本の国が良くなるわけ無いじゃないですか!こんなの相手にせず勝手に稼ぎましょうよ!

現実にはもうサブプライム問題で荒稼ぎしていたファンドや銀行が窮地に追い込まれて破綻し収束に向かっているのだからこれでもう片がつくことでしょう!

後は「円高」ですが、これも円キャリー取引が危険だと分かったので少しづつ処理していってるのでこれも其のうち片がつきます。

日経平均も40%近く戻してきました。こうなるとアホほど売っていた売り方が怖くなって買い戻さなくてはいけない状況に追い込まれます。ますます戻していくことでしょう!日本経済は決して悪くないし業績好調企業は上がって当然なのです。決算発表でサブプライム問題と円高が起きたもんだから下げましたが、序じょに修正されます!慌てない 慌てない
スポンサーサイト

(8/30) 今日も例のごとくぱっとしません

8/30(木)230円ほど上げていましたが今は例のごとく14:00あたりからの売込みでどんどん上げ幅を縮小しています。

ニューヨークが上げ為替が円安になっても前場は上げて前場引け際に一旦下げて引けます。そして後場寄り付きで少し上げて2時過ぎると手仕舞いで売り込まれて下げて終わるというパターンですね。

これはそれに合わせてデイトレや自己売買部門の連中が相場をかき回していると思われます。上がらないということを前提にして(見込んで)相場を張っていると思われます。

こうゆうようにBOXに入って動く時は静観して上がるのを待つしかありません。

今は一年ぶりの年初来安値から5%戻した程度ですから安値を拾いながらじっくり待ちましょう!年末までには戻すでしょう!あせってもどうにもなりませんから、まあバリでのんびり本でも読んできます!

(8/29) 気分転換が必要です!

相場には、絶対気分転換が必要です

私事ですが、9/2~22までバリに今年4回目の出張します。今回は空港から言うとず~と北のクロボカンに宿泊します。このエリアはビラなどが多く長期滞在者が多い所です。

旅行者が少なく 特に日本人が少なくて極めて静かです。日本人はほんの4泊5日くらいでやってきてたまの旅行だと言うことで夜中じゅう騒ぎどおしで手がつけられません。日本人はクタやレギャンに多いのです。

その点クロボカンなどの旅行者は短くて半年 長い人は何年も住んでいる人が沢山います。前回も宿泊した「バリ アグン ビレッジ」です。その名もビレッジと言うくらいなのでホテルとしてのビラとリースとしてのビラの両方があります。このエリアはビラが多いですね!高級ホテルではなく高級ビラですね。つまり一戸建てですよね!

何時も行くとネットで他のビラやホテルを見つけておいて下見に行きます。そして気に入ったら次の旅で一泊だけします。(本当は一週間くらい泊まらないとよくは分からないのですけどね。)一泊して気に入ったら次回に2週間くらい泊まり後はクタ方面で一週間くらい泊まります。11月には4週間泊まるために今回さらに北の「タマン アユ ホテル」を下見する予定です。

いつも三線持参で行きますが前回はモナさん(ジャヤカルタホテルの専属バリダンサー)と知り合いに成り今回三線で「涙そうそう」「花」をインドネシア語で歌うことになっています。楽しみにしています。音楽に国境はありません

(8/29) CO2削減

CO2の削減は危急の問題となってきました。

CO2削減には原発に切り替えるとか発展途上の森林を持つ国から排出権を買うとかエコカーに切り代えるとかいろいろあります。

エコカーではハイブリットのトヨタ、それに続くホンダくらいしか世界中でも市販されている物はありません。他のメーカーでは製造できていません。日本勢が圧倒的優位に立っています。

ヨーロッパではディーゼルが主流なのでホンダは小型ディーゼルエンジンをいすゞと開発を一緒にやっています。三菱は電気自動車に傾倒しています。

エコカーしか売れない時代が其処まで来ています。自動車株が飛躍的に伸びる時がやってきます。

日本ではトヨタかホンダですよ!

(8/28) すぐ結果を求めてはいけません

今回の急落原因のひとつのサブプライム問題でいくつかのファンドや銀行がいきずまっています。これでいいのです。悪いところはつぶれてなくなればいいのです。

これでひとつの山をこえました。残る問題は「円キャリー取引」ですね。これが問題ですがファンドの連中も円が金利高になる方向はわかったのだから徐々に処理していくと思われます。今まで見たいに一気にと言うのは少しずつ無くなっていくと思われます。

相場は、先週の高値から一進一退を続けています。それほど急激には戻しません。先週の戻しは所謂「自律反発」ですね。下がりすぎたのでその反対売買が盛んになっただけですね。

ここからは何かいい材料でも出ないとなかなか上がりません。第一四半期の好決算発表はもう終わりました。中間決算は10月ですから9月中もなかなか高値は来ないでしょう!

でもいらいらしてはいけません。格言に「株の儲けは我慢料」と言うのがあります。相場では大切なことは失敗した時の「損切り」と安値で仕入れているなら「待つ」ことです。

プラマイであるとかマイナス13円とかいう時はもう放っておきましょう!

(8/27) コマツ

建設機械のコマツは当ファンドの推奨銘柄です。

優良銘柄は今回の下げでもあまり下げませんでした。コマツも下げませんでしたね。トヨタやホンダが円高で下げるならコマツも下げないといけないのにね!下がらなくて買えませんでした。

8/27の日経新聞の記事にコマツ社長が「日本企業は為替が110円でも儲かる」と言っています。「過去10年間は115円±10円くらいでやってきたから今更慌てることは無い」とのことです。

商社も現地通貨なので原油を買い付けて配当のみを円建てで払うのでそれほど大きな為替による損はないそうです。

さて中国オリンピックや上海万博と建設ラッシュですし、インドなどの経済発展により建設機械は安定的に伸びるだろうとの見通しです。

業績は、増収増益がこの先も続きます。高値3990円から2870円まで押して今3580円まで戻しています。3300円くらいまで押したところを狙いましょう!PER18倍配当36円で100株単位です。

(8/26) インドネシアの長者番付

インドネシアの長者番付が出ました。

1位42億ドル(4800億円)二位35億ドル 三位28億ドルとなっています。

しかし、この数字は物価や地価が非常に安いインドネシアでの話なので金額だけでたいしたこと無いと思ってはいけません。

一緒に発表になった所得水準では国民の5人に一人が月収2300円です。特に農村部での所得が低いために平均を引き下げているそうです。

いまだに大地主が沢山の小作人をやとて大規模農業をしています。その小作人は一生貧しいままで終わっていくのです。子供は学校にも行かず夜も稲狩りに動員されます。何時までたってもひとつも良くなりませんね!

それから見ると日本はいいですよね!バリなんかでも食べていけない連中がうようよしています。農村部から観光地バリへ流れてくるんですね!
寄ってくる連中は先ず金クレ攻撃デスネ!

そしてどんどん治安が悪化していくんですね!

(8/26) 相場激変から何を学ぶ?

8/26の日経新聞の「相場激変から何を学ぶ?」の特集について。

7/9から20日営業日で日経平均3000円下落しました。これについては「分散と長期保有」とか「下げれば損切り」とか「過去のトレンドから動きを予想」とかいろいろ書かれています。とても普通の人には出来る話では無い!

当ファンドは 優良銘柄を割安に買い値上がりを待つ を投資方針としております。値上がりを待つとは「どの位の期間か?」これは10年くらいのつもりで居ます。しかし、純利益を最高値更新とか上場来高値更新なら株価は一旦は調整します。こうゆう時は一旦売却します。そして何かの理由で下げる時に又買い戻します。

もちろん業績悪化ではなく地合により下げた物をすかさず買います。

記事にもありますが「分散と長期保有」なら平均すると7%の利回りがあり10年で2倍になると書いてあります。優良銘柄は地合が悪くて下げてもすぐ戻します。板を読めない人が損切りなどやっているうちに切り替えしてあっという間に戻してしまうことは良く有ります。例えばキャノンです。業績は最高利益更新中です。先週5日連続安で1000円下げ 今週5日連騰で1000円戻しました。こんなだったら最安値で売ってしまいます。

したがって急落しても当ファンドは損切りなどは行いません。逆に買い増しをします。今週の日経平均が5日で1000円も戻したのを見れば分かるでしょう!

狼狽売りしてたら間に合いません。長期投資は下げれば必ず買いなのです。

(8/24) 勝つための鉄則

同じくブロガーのパクリです。
やはりなかなか実践的ですね!勝率よりも利益額が大切と言う話はやった人しか言えませんね!儲からなければ何んにもならないのですから。参考にしてみてください。


勝つための鉄則
★相場のモメンタムが反転するにはサプライズが必要。市場心理を好転するときはこれでもかというほど全面高になる。

★毎日チャンスは必ずやってくる。チャンスは決して追わず、そのときを待ちチャレンジすることが重要。

★自分の投資スタンスに自信を深めるためには成功経験を積み重ねるしかない。ただし勝率よりも利益額にこだわるべき。

★相場の波は全てのトレーダーの時間軸で決まる。
1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月全ての波が重なるとうねりは当然大きくなる。
波はいつ来るかはわからないが時間軸が長い波はファンダメンタルの要素が強い。

★朝全面安の日はほとんどの銘柄が陽線をつける可能性が高い。
こういう日は朝高で始まる銘柄よりは朝安の銘柄のほうが良い。
(前日下げすぎ銘柄の方が投げが出やすい。)2番底を確認して買う人が多い。

★2日目の法則
前日の方が安いのに2日目の方が上がる。株は安いから買われるわけではない。その逆もまたあり、下落途中も同じ。

(8/24) 負けないための鉄則 

あるブロバーの記事のパクリです。
なかなか実践的ですね!私はポジショントレードなのでストップ高になるような時に買ったりはしないですけど!人それぞれ投資の方針を持っているいますから。それが無い人は退場するしかないと思います。


負けないための鉄則

★ストップ高くずれで終ったときは陽線でも買ってはダメ

★天井が近くなると資金の逃げ足が早くなる前日比プラスよりもマイナスの時間が多くなると注意。最悪なのは前場15分だけがプラスのとき恐怖のぬるま湯15分

★朝、寄り付き全面高の場合には半分程度は寄り天になる可能性が高い。そうなってしまうと強弱分かれる結果になる

★セクター物色の出遅れはホールドするな。上げは遅いが下げは早い。

★十分な利益を確保した後は、意味のない頻繁な売買を行わないこと。

★ストップロスの値は一度決めたら絶対に変えてはいけない

(8/23) 今回の下げについて!

10年ぶりの下げと言われた今回の下げですが、日経平均は7/9からの20日営業日で3000円下げました。今週4日でもう1000円取り返しましたね!

私が先週買いまくりと言っていましたでしょう!先週がのようですね!まだ安心できませんが・・・。これだけ上げています。当然明日は下げる可能性のほうが高いですね!

先週の安いうちに皆さんは何をどれくらい買えましたか?
先週はホンダ、商事、エーザイを買い下がっていきました。ホンダはもうひとつ戻っていませんが、後の2つは戻しています。

あれだけ下げている中で買うのは勇気がいるでしょう?これが出来ない人は相場は辞めた方がいいと思います。「考えないでやるデイトレなら」とお思いなら逸れは間違いですよ!デイトレは完全に博打ですからいつも五分五分と思っていたほうがいいですね!コツを掴めばいけるのかもしれませんけど!デイトレは私の専門ではないので詳しくは言いません!

こうゆう下げは年に2回くらいはあります。だから下げた時にすかさず買うのです。そのための資金を必ず用意しておかなければいけません。それが出来ない人はこれまた相場を辞めた方がいいと思います。儲ける可能性が極めて低くなるのです。

もちろん 優良銘柄を割安に買い値上がりを待つ でデ~ンといくならかまいませよ!

(8/23) 東京市場415円高の急騰!

今朝のニューヨーク市場の反発そして為替115円への急落そしてWTIは$59となりました。日経平均 +415円高で引けました!

誰しも今日は上げると思ったことでしょう! よかった よかった!
しかし、これほど上げるとも思っていませんでした。今まで買いを売りがこなしながら急騰せずに来たのがいいのですね!

上げると売り方が売り 押し戻されるの繰り返しでした。これが良いのです。

株の損は株でしか取り返せません
と申し上げました。

現在の私の成績
譲渡利益+含み利益 の増減
8/20 +168万
8/21 +109万
8/22  -44万
8/23 +181万

で+414万ですね。4日でこれだけ稼げるサラリーマンは居ないでしょう!
やっぱ株の損は株でしか取り返せないのです!はい!

(8/22) 貧富の差

日本は、格差社会と言われています。
しかし、世界でみると日本は大金持ちですね!

GDPで見る世界一の貧乏(2005年度)は「ミヤンマーの$97」二位「ブルンジの$107」三位「コンゴの$119」です。インドネシアの$450なんかは高いほうですよね!この数字は月収や無いですよ!年収ですよ!ミヤンマーの$97なら月800円くらいですよ!
ちなみに日本は$30615です

そして平均寿命を見ると早死に国の一位ジンバブエの36歳 二位スワジランドの37歳 三位シエラレオネの39歳 四位ザンビア、ボツワナ、アンゴラの40歳です。もちろん日本は女85歳 男78歳です。

こんなの見てると相場がちょっとくらい下がったてたいしたこと有りませんよ

(8/21) 沖縄で中華航空機炎上

8/20沖縄の那覇空港で中華航空機が炎上しました。

私はボーイング737が爆発炎上したので新型機に関連しているかと思い大変興味がありました。

しかし、もっとも驚いたのはたった90秒で160人の人が避難したのですよ!4つの非常口からだと一口あたり40人で90秒だと一人2秒で避難しているのです。訓練も受けてないのにこのすばやさは何でしょうか?

ある報道によると160名のうち日本人が23人だけだったからこれだけの人が助かったと言うのです。なぜか?外国人が多く自分で判断して行動するため迅速に行動できたとの話です。日本人ばかりなら指示を待って行動するからたぶん半分以上が死亡していただろうとのコメントでした。つまり大勢の外国人がど~と避難しているのを見て人の真似するのが得意の日本人がその後にくっついて避難して助かったのです。何しろ管制塔が避難指示をしたのは爆発1分前です。すでに避難が終わっていたのです!

この話よく理解できます。海外では日本人は群れになって行動します。個人で判断して行動出来る人は少ないですね!相場でも同じことが言えますですね!

皆さんが同じ方向に大きく振れます。人と違うことが出来ないようです。
人に行く 裏に道あり 花の山

(8/21) 生活に心の余裕が必要です!

心の余裕とは何でしょうか?

それっていろいろあって難しいけれども私がサラリーマンの時の心の余裕は株から入ってくる不労所得でした。給料以外に収入があるってすごいことですよ!

奥さんにも知られず誰に遠慮も要らずに自由に行動できるのです(行動にはお金が必ず要るのです)。お金あれば旅行も飲みに行くのも絵を買うのも自由ですからね!

投資をやるには勉強して経験を積まないといけません。少しでもいいから始めることです。投資は、王道を行かないといけません。王道とは、「優良銘柄を割安に買い値上がりを待つ」ことです。そして良い指導者を探さないといけません。株で儲けることが出来ない人に「株の儲け方」を聞いてもだめでしょう?儲けている人に聞いてそして自分のやり方にしないといけません。

わずかのお小遣いでも自分の能力で稼げるのはすばらしい事です!それが、私には心の余裕でした。そしてとうとう本業になってしまったのです。

コメント欄を設けました。どうぞ質問ください。

(8/21) 株の損は株でしか取り返せません!

8/21(火)前場はニューヨ-クの上げを好感して東京も今50円ほど上げています。

サブプライム問題や円キャリー取引による円高など不安な話をしてたらきりがありませんが、一応の山は越したと思われます。

好業績が再評価され好業績銘柄は少しずつ戻していくでしょう!この下げで大きく損失を出した方もおられることでしょう!ゲームオーバーリスクの話をしましたが、株の損は株でしか取り返せません。株の損を働いて今よりもっと余分に稼ぐことできませんでしょう?

8/17(金)に874円下げて含み利益が一日でちょうど300万なくなりました。でも昨日で168万今日今現在で80万取返しています。まだ一日分は取り返せていませんが今週中には出来るでしょう。300万を働いて稼げますか?

毎年いろいろの問題で含みを1000万以上減らしたりしたこといくらでもあります(損をするのが偉いのではありません)。相場ですから上げ下げは当然です。それをどうやって切り抜けるかが大切なのです。誰もこうなることを予測できる人は居ません。しかし、こうなった時指をくわえて見ている人と直ちに行動する人とはおのずと結果が違ってくるのです。

ドイツ証券の武者さん(日本で一番悲観的なエコノミスト)が今日の日経新聞で「株価V字回復する」と言っています。逸れは「バブルの時のように中身が無くて株価だけが上がるのでは無く好業績であることに裏づけされた株価上昇」と言っています。

(8/20) 相場も人も立ち直りが大切です

相場はなかなか教科書どおりには動いてくれませんし、原因と結果が逆になる
と(つまり株価の変動が原因→為替が変動のケースと為替の変動が原因→株価
が変動のケースの二つのパターン)動きの方向も変わってきます。
本などを開いて、頭でシミュレーションをしてみても、なかなかイメージは掴みにくいものです。

ここのところ立て続けに起きている事象は、一つ一つのイベントの意味を理解
してさえいれば、ストーリー仕立てで相場の展開を見ていくことができます。
これから投資を始めよう、という人は言葉の難しさや相場の大きな変動に嫌気
してしまわずに、良い機会だと思って生きた相場変動を学ぶ場にしてみてくだ
さい。

既に投資をしている方は、少なからず損失を負った方が多いと思います。マイ
ナス・リターンになる、損切りをする、といった行為の後に「運用嫌い」になっ
てしまう方もいますが、授業料だったと思って、相場の動きを再認識する場に
してみてはいかがでしょうか?相場は決して一本調子はありません。上がると
きもあれば、大きく値崩れすることもあります。値崩れしたところで止めてし
まうのはもったいないと思いませんか?

マイナスになったとき、その理由を考え、ヘッジする方法を考え、その上で新
たに投資していく、この立ち直が投資をしていく上では大切だと思います。
投資は学ばなければ上手くならないというのが、基本的考えですが、もう
一つ、学んだだけで経験を積まなければ、やはり上手くはならないものです。


ぜひ今回の相場については株式市場だけ、為替市場だけ、という見方をせずに
各国、各市場の動きの連動を見る良い機会にしてみてください。(そしてご注
意ください!)
まだまだ、乱高下は続きます!

(8/20) 日経平均 458円戻し

やっと戻しました。やれやれですね!

458円の戻しは少ないとお思いですか?
高値は666円までありました。当然デイトレの連中は朝買って上げが止まれば即売ってきました。そして例のごとく証券会社の自己売買部門からの大量の売りが出て急速に下げました。これはいいことなんです。売りたい人が売ってあまり極端に上がらないことは相場が長く続くことが多いのです。

ド~ンと上げても明日の前場から売り気配でも困ります。しかし、いつも思うのは証券会社の汚いやり方です。客には買いを勧めておいて上げては即売りに回っているの居るのです。皆さん騙されてはいけませんよ!

為替は今円安になっています。これでニューヨークが上げてくれれば東京も明日も上げるでしょう!

買い損ねたと思っているあなた!
大丈夫です!相場はまだ一本調子で上げていくことはありません。まだまだ乱高下を繰り返します。買いのチャンスはまだあります。今が一番の安値であることは間違いありません。そして年末の新高値に向かっていくでしょう!

(8/19) 無我の境地です

いろいろのブログで自称トレーダーといわれる方がいろいろの意見を発表しています。見てると楽しいですね!

トレーディングのやり方がデイトレなら毎日手仕舞いしているのだからそれが一番のメリットな訳ですから暴落あっても売りから入って大儲けしたことでしょう!

しかし、当ファンドはポジショントレードを取っています。したがって売りから入って買い戻すのももちろんいいでしょうけれどもそれ(デイトレ)を主力としておりません。

もちろん20日(営業日数)で日経平均が3000円下げていますからほとんどの人は損失を抱えたことでしょう!逸れは相場だからやむを得ません!しかし、下げ続けて紙切れになることはありません。

反発の兆しはあります。どんどん上げることは難しいでしょうが、17日(金)の夜間取引で89銘柄が上げたと言う証券会社もあります。これは来週が上げる可能性が高いことを示唆しています。PERも16倍、暴騰レシオも56%と8年ぶりの安い水準となっています。

慌てずに最大のチャンスと思い安値を確実に拾っていくことです。好業績の銘柄が選り取りです。年末に笑うためには今こそ勇気を出して安値を拾ってください。暴落の時は、業種の中のナンバーワン銘柄に絞ってください。優良銘柄の中の超優良銘柄を拾っていくのです。ポートフォリオも考えてください。好きな銘柄ばかりまた輸出銘柄ばかり買わないようにも注意してください。明日は勝負ですよ!

(8/19) 投信の基準価格急落

投信でも海外不動産投信(REIT)が大きく下げています。

投信とは投資信託のことで投資先が、株や債権そして最近人気の不動産(いずれも国内、国外もあり)があります。

投資信託会社が、個人から集めた資金を国内外の債権や不動産に投資し、買った金額を口数で割って基準価格を出します。そもそも投信を始めたのだが投資した資金がいくらになったかを自分で知ることが出来ない人がいるくらいです。現在の価格を知るには、基準価格(毎週日曜日に日経新聞で発表)×口数です。

流行の外貨預金や不動産投信は株や債権の投信とは比べ物にならないくらいリスクの高い危険なものです。それはいずれも為替リスクがあって博打と同じで紙切れになってしまう可能性すらあります。外貨預金は外貨を買って債権に投資するのであって預金ではありません!

今日の日経新聞の下落率の大きい投信はほとんどが海外不動産投信です。不動産を債権化しそれを細分化して投資していくのです。株などとは全く違うのですよ!
株は倒産するような会社でなければ戻ってきますがREITは発行会社が倒産します。

私も投資信託はフィディリティジャパンオープンを10年以上前から毎月1万円やっています。投資額131万で現在161万になっています。1ヶ月前は180万でした。この投信は優良銘柄に投資しますので値下がり率ワースト30位には出てきません。下がったと言っても郵便局の10年定額(年0.02%)だと10年で2000円の利子ですね!

投信は年金や退職金と思って長~く続けないと利益出ません
でも優良な投信にしてね!他はさわかみ投信も優良です!

(8/18) 米公定歩合緊急下げ

昨日の世界同時株安に対しアメリカは直ちに手を打ちました。

公定歩合を0.5%引き下げを即日実施しました。そして短期資金の返却についても即日から30日延期を決定しました。

これを受けてニューヨークダウは$233上げて引けました。一応歯止めが掛かりました。それにつけても日本の責任者は何処で何をしているのでしょう?

当ファンドの投資方針はポジショントレードなので下げているからと言ってどんどん売っていく訳にも行きません。逆に安値を拾っていく方向です。

しかし、さすがに7/9時点で1160万あった含み利益はもう60万にまで落ちました。譲渡利益と合算してももう今年の儲けはマイナス50万になりました。日経平均が1万5500円を切ると利益はなくなるということですね!しかし、日経平均がたった20日で3000円も下がったのです。もう信用取引の売り方は居なくなったでしょう!追証で売り尽くしたに違いありません。後は買い方しか残っていないでしょう!

為替の「エンキャリー取引の解消」での円高や損失の穴埋めで日本株売りもいつかは必ず底を打ちます。株式市場はどんなことも織り込んでいく不死鳥なのです。

好業績の優良株を割安に買い値上がりを待つっておれば長い目で見ればそう遠くない時期に戻します。

相場に上がり下がりは付き物です。慌てず資金を確保して割安な銘柄を確実に拾っていきましょう!今こそ最大のチャンスです!

(8/17) 日経平均874円の下落!

今日は日経平均874円の下落です!

これだけ下げるのはいったい原因はなんなのでしょうか?7/20の戻り高値(18223円)から本日(15273円)までわずか20日でおおよそ3000円下げています。16%以上の下げとなっています。

皆さんは忘れているかもしれませんが、バブル崩壊後の最安値(03年4月)からの上昇の中で、今回と同様の短期での大幅下落は、2003年11月(13.9%下落)、2004年5月(13.7%下落)、そして2006年6月(13.0%下落)と、年に1度ずつ記録しています。また、いずれも下落率は13%台でした。

理由はその時その時いろいろあります。今回は初め「サブプライム問題」でその後用収縮が起き 「エンキャリー取引」解消による円高が急激に進みました。エンキャリー取引は、金利の安い日本で金を借りて金利の高い外国で運用するのです。ところが日銀が「今月も金利を上げる」と言っている為外国の債権などを売って資金を回収しそれで円を買い返済しているのです。

理由は何でありわずか20日の間に日経平均が16%も下げると信用取引しているほとんどの人に追証が発生します。追証払えないから手仕舞いになります。売りが売りを呼ぶ展開となっています。

しかし、当ファンドは信用取引はしておりませんのでさらに安値を狙って買い続けていきます。近くは2001年の「9.11テロ」の時も連日ストップ安でした。こんなの年中行事みたいなものです!慌てない 慌てない!

(8/15) 日経平均年初来安値更新

今朝 ニューヨークダウが$200も下げ 為替は117円と円高進行 WTIは上昇!

早い話がええとこが無いのです!これでは下げるしか無いですね!

サブプライム問題でアメリカは疑心暗鬼に陥り売り込まれて下げています。しかし、日本はなんの関係も無いんですけど!

3月の年初来安値まで更新して、肝心のニューヨーク株はそこまで下げていないのに全くどうなっているのでしょう?しかし、先週ほど銘柄で言うと下げていないので買いに出れません!

デイトレの連中が下げること分かっているので空売りから入っているのでその勢いに押されて狼狽売りが加速しておるようです。ずいぶん損した人が居るでしょうね!

地合が悪い時は 「休むも相場」です!
慌てない 慌てない !

(8/14) インドの鉄道事業続報

延長2800kmの鉄道建設に日本政府が4000億円の円借款供与を決定

川重が、鉄道車両とインフラの両面を受注の可能性が大きいとの報道ありましたがそれをさらに一歩進める内容です。

8/22安部首相が訪印するとき正式発表との事です。政府がここまで遣るのは軍事的脅威となる中国をけん制のためインドとの結びつきを強化するのが狙いとの事です。

今 川重513円(+9円)です。この情報はまだ織り込まれていません!明日ですね!

(8/14) 川重 インドで鉄道車両製造合弁会社設立

8/14に日経新聞によると川重はインド国鉄と鉄道車両製造合弁会社設立します。

川重は鉄道車両製造だけでなく総延長2800kmのインフラも同時に受注する可能性が高いとのことです。

川重は当ファンドが推奨する銘柄で造船、ボーイング、鉄道車両を3本柱としてきました。ニューヨーク地下鉄の落書き防止車両は有名です。

業績も好調で今決算で純利益298億円を出し 来期決算で360億円を予定しております。

PERは26倍と少し高めで配当率は0.966%です。業績上ぶれの可能性が高いので買いを推奨しております。高値570円から押して現在517円(+12円)です。500円くらいなら買いですね!

(8/14) 雑草からディーゼル燃料を合成

8/14の日経新聞によると政府機関のRITEが雑草や木屑からディーゼル燃料を合成する技術を開発したとの記事がありました。

バイオエタノールはガソリン用はあるのですがディーゼル用は世界初です。

雑草から作ったバイオブタノールを軽油に混ぜて作るらしいですが、ディーゼルエンジンを開発中のホンダが走行性能に問題が無いことを確認したそうです。

バイオエタノール製造メーカーは分かりませんが、ディーゼルエンジンメーカーにはホンダは入っています。

(8/13) 投資スタンスが違う?

安い時に買い 高くなれば売る  相場の基本です。

しかし、今回の下落でもそうですが下げ始めるとどんどん売っていくのです。
そして 今日(8/13)反発すると今度は大慌てで買い戻すのです。

こんなことやっていて儲かるはずないじゃないですか!

なんでこんなことになるのかと言うと60%以上の個人投資家は信用取引なのです。レバレッジが3倍ですから例えば100万円の資金で300万円の株が買えるのです。しかし、5%の評価損が出ればすなわち15万円下げれば15万入れなければいけません。所謂 追証です。

下げればもう生きた気がしないわけです。

当ファンドは優良銘柄を割安に買い値上がりを待つという投資スタンス(方針)です。したがってトヨタやホンダや商事や丸紅やキャノンやソニーが業績悪くて下げた訳でない時はすぐ買いに回ります。こういう時が割安の時なのです。先週みたいな時に買わないで何時買うんですか?

今日は10:30現在プラス120円ですが、そらまだ上げ下げはあるでしょうけどサブプライム問題はもう山を越しました。

(8/13)  分散投資とは?

分散投資というと様々な商品に分けて投資することで資産三分法(現金
・預金、株式、不動産)が有名でよく知られていますが、これはあくま
で「商品の分散」にすぎません。

その分散投資ですが、大きく分けると次の3つの種類があります。
(1) 商品の分散  
(2) 時間の分散  
(3) 時期の分散

(2)の時間の分散ですが、これは「長期運用の効果」を意味しています。
長期に運用することで株式などではリターンが安定的になり、リスクを抑える
ことができることが過去のデータによって立証されています。(未来を約束する
ものではありませんが・・・)とはいえ手持ち資産を全て長期投資することは不
可能です。短期投資、中長期投資、長期投資と資産の運用する時間を分散し、
運用期間が長くとれる資産ほどリスクの高い商品に投資する、という方法をと
ると良いでしょう。

(3)の時期の分散です。「ドル・コスト平均法」という言葉はすでにお
馴染みかもしれません。価格変動する商品に投資する時、安く買って高く売れ
れば良いのですが、それができれば皆大金持ちですよね。そこで一度にまとめ
て購入しないで、継続的に一定額ずつ購入していきます。それによって平均購
入金額を低く押さえることができる、つまり値下がりの影響を小さくすること
ができるのです。これが「ドル・コスト平均法」です。運用する時は一度にど
んと投資するのではなく、少しずつ分けて投資していくことで、リスク・
ヘッジもできているのです。

分散投資は
リターンを増やすためでは無く リスクを減らすために行うものです

(8/13) ゲームオーバーリスクとは?

ゲームオーバーリスクとは資産運用していてリスクを取りすぎた結果、資
産価値の下落に精神的に耐えられなくなってしまい、値下がりしたところで運用を止めてしまうリスクです。

長期の過去データでは5年10年単位で資産を分散して運用すればプラスのリターンが確保できたことがわかっています。つまり一時的にリターンがマイナスになっても、平均的に見るとプラスになったわけです。とすれば途中でやめないことが大切です。

リスクをコントロールして、最悪の場合でもマイナス幅を自分が耐えられる
範囲内にできれば、運用を途中で投げ出す事態を避けられます。そのためには
資産をどのように分散するかを知っておく必要があります。

つまり「有り金全部株に突っ込んで下げても買い増しも出来ない」とか「来年春に金が要るのに今下げている」とかやり方に問題があります。

下げに備えて資金を確保するのは分散の基本です。また期限付きの金を株式投資に使ってはいけないのです。すべてゲームーオーバーリスクです。

私は、トレーダーとして生きていますが もし30年間株から利益が出なくても困らないのです。ゲームーオーバーリスクへの許容度は極めて高いのです。したがって優良銘柄を割安に買い値上がりを待つ事ができるのです。

(8/13) 暴落とは?

古い話をひとつ
515円(3/9)とか406円とか下げて大騒ぎになっているが、かつ
て大幅下げを幾度も経験した身にはあわて過ぎの感じがする。

87年10月20日 -3836円(ブラックマンディ)
この2年後に日経平均は最高値をつけます。 谷深ければ山高し。

90年4月2日   -1978円
90年2月26日  -1569円
90年8月23日  -1473円
00年4月17日  -1426円

ちなみに2001年の同時多発テロでもマイナス682円です。
サブプライムローンなんざ大したことありません!
慌てない 慌てない 
アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる