FC2ブログ

市場の過熱感が下がりましたね!

11/21 今日は一時400円近く下げてこれで3日間下がりました。

相場の過熱感(ボラティリティ・騰落レシオ)が出ていた所でちょうどいい下げでした♪

長く続く相場は、適度の下げがあってちょうどいいのです。

特に今日の相場は、400円くらい下げて 売りたい人が売って下げた後 また値ごろ感から買い戻されました。




ボラティリティ指数
一般的に、大きく値上がりするけど、下落する時も大きく値下がりする銘柄の方を、ボラティリティが大きい(高い)といい、小さく値上がりし、下落するときも小さく値下がりする方をボラティリティが小さい(低い)と言います。

騰落レシオ
市場の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から、市場の過熱感を見る指標で、いわゆる買われすぎ、売られすぎを見るためのテクニカル指標です。値上がり銘柄数/値下がり銘柄数を計算してパーセント表示するかたちが一般的です




カブキャプチャ



スポンサーサイト



そのうちより 今のうち!

元来 株式投資とは、「業績が良くて会社が大きくなり株価も上がる」のが正しい形なのです。
業績が悪いのに「有名ブランド」だから平気で買う人の気がしれません。
業績が悪い株は、上がらないのです。

            2008年12月    今日現在
1.三菱UFJ銀行    567円    573%円

2.三菱重工       450円    421円

3.川崎重工       220円    245円

4.武田製薬      4900円    4518円

5、キヤノン      3900円    2987円
リーマンショックで株価が急落したにもかかわらず その時よりも株価が下がっているのです。
これらの銘柄を11年間も持っていても全く儲かっていないのです!
★三菱UFJだけは、自分への戒めのために(二度とバカなことをしないように)現在も100株だけ持っています。



「重厚長大銘柄」を売って買った銘柄
         2008年10月購入   今日現在

1.イチネン       437円    1428円
2.小林製薬      1693円    8730円
3.共立メンテナンス  1115円    5270円
4.シノブフーズ     183円    699円
5.総合メディカ     670円    1969円

内需の好業績銘柄に切り替えてゆきました。
ほとんどの電機メーカー・造船・鉄鋼・精密・トヨタ・ホンダ・電力・建設などをすべて売り払い「聞いたこともない好業績の内需株」を買ってゆきました。
結果は、2008年12月までに買ったものはたくさんありますが 御覧の通りです。
皆さんのように(一部の方)業績が悪いものを「そのうちそのうち上がる」って10年も持っていても全く儲かっていないでしょうね!

「業績の悪いものを売って 好業績に乗り換える」
これが 最も大切なことなんです。




洞察力



根拠のない自信!

★もっとも恐ろしいのは「根拠のない自信」です。

なんの根拠もなく株を買って「勝手に儲かる」って思って大多数の人は相場をやっています
これを支えているのは「根拠のない自信」なのです。
根拠のない自信」は、いくら失敗しても自分で自分に「言い訳」するから失敗と考えないのです。
運が悪かったとか タイミングが悪かったとか トランプ大統領が悪いとか 塩漬けでも売っていないから損してないとか・・・・・・・
すべて人のせいなのです。
★「根拠のない自信」は、赤字や無敗の企業に平気で投資します!
また 全く儲かっていないのに有名企業だと言って投資します!



相場の世界は、一般の世界とは違います。
儲かったか? 儲かっていないか?
それだけなのです。
極めて明確なのです。

当ファンドは、「ブラックマンデー」や「リーマンショック」を経験してそのたびに投資方法をがらりと変更してリスクが「少ない投資方法」を考えてきました。そのやり方は、ほとんど完成していますが今も少しづつ変化していますし よりレベルが上がっています。

毎年 中間期(11月頃)あたりまでにまでに業績が良い銘柄を選び出し(現在12銘柄)集中的に 投資します。
選んだ12銘柄が 連日交代で値上がり率50位に入っているのは選別が正しかったと思います。

これは、毎年の恒例の行事です。
第三四半期まで待ってさらに選別します!
そのあと 本決算で来期も良ければ継続で 来期が悪ければ売却です。

やはり 株を理解するには時間がかかるのです!



どういったご相談





週明けは、高値更新か!

オススメ11月15日



11/16 ダウは、+222ドルで史上最高値更新 ナスダックも同じ 為替は、108.73円  WTIは、57.93ドルでした。
シカゴ先物は、+25円でした。
週明けは、日経平均は、+200円当たりでしょうか!

米国は、小売りなどの企業の業績が好調で景気が良いとはっきりしました。

翻って日本は、企業の業績が2年連続で前年を下回るとの記事が日経新聞に出ていました。

それなら 業績が良い銘柄を買うだけです。

当ファンドが オススメ銘柄は業績抜群で株価も500円前後と買いやすいものばかりです。

でもやはり業績が良いものは高いものが多いですね~


年末が近づき
1.年末は日経平均は、いくらになるか?
2.来年の高値はいくらか?


こういう話が多くなってきました。
今年の正月にはほとんどのアナリストやトラジストは、2万3000円って言ってました。
今は、年末は、2万4000円が多数派です!

そして来年高値は、2万7000円ですね!

多分 そんな所ではないでしょうか!


業績が良い銘柄を少しづつ買い続けているのです。
儲かっていない人は 何もしていないのです。

業績が良い銘柄を株価が下がった時に買っておけば必ず上がります。
今なら 富士ソフトSBやキャリアリンクのように業績が良くてもずるずる下がることはよくあることです。
そのチャンスを生かし切れていない人は儲かっていないようです。

今年の8月あたりから買った業績が良い銘柄です。


株でぼろもうけはできません。
20万円投資して2割儲けても4万円です。
100万円投資して2割儲けても20万円です。
1000万円投資すれば2割儲けて200万円です。


FUJIKOHを4万円で買ってTOBかかって6万円で売っても2万円しか儲かりません、。
金額が少なければ儲からないのは当たり前なのです。

毎月 業績の良い銘柄を1つづつ3~5万円くらいのを買い続けてゆくのが一番リスクが少ない投資なのです。
もちろん 業績が良くなければ直ちに売ります。そして 良い銘柄と入れ替えます!





やれやれだぜ




「後出しじゃんけん」投資!

いままで当ファンドは、第一四半期決算を見て中間期決算前に銘柄の選別を行い先回りして買っていました。

しかし 中間期が思ったようによくない場合買ってすぐ売ることになってしまいました!

そこで 新しく考えた手法が「後出しじゃんけん」投資です。

決算発表があって業績好調のため株価が急騰した後売られてじりじり下がって 決算発表前あたりまで下げてきて買いに出る手法です。
*普通の投資家は、トレーディングですから買ってから3割上がれば売ってしまいます。待っていれば 急騰した時は必ず下がります。

MCJやレッグスや技研ホールディングなどは、そのやり方で買いました。

決算は、好調過ぎても「材料出尽くし」で売られることがあります。しかし それは気にしなくても良いのです。業績が良いなら心配はありません。




指し棒

「99%の個人投資家は、業績を見ない」と言われています。しかし 相場は、決算内容で動いているのです。

リスクが少ない投資手法を常に研究しています!





 (注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる