3/24 東京市場は、反発!

日経平均続伸1万9262円53銭、米金利やドル/円に落ち着き
オトナンサー 3/24(金) 15:02配信

日経平均続伸1万9262円53銭、米金利やドル/円に落ち着き
米金利やドル/円の落ち着きが買い安心感に
 3月24日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前日比177円22銭高の1万9262円53銭で取引を終えました。


 マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミストによると、日経平均は一時、前日終値比200円を超える場面も。米下院で23日、医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の採決が延期されましたが、米株は小幅な下落にとどまりました。米金利やドル/円が比較的落ち着いていたことも、買い安心感につながりました。

 東証1部33業種中、パルプ・紙、電気・ガスなど30業種が上昇、一方、石油・石炭製品、海運など3業種は下落しました。個別銘柄では、東芝、北越紀州製紙が買われ、ユニチカ、古河電気工業は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比13.51ポイント高の1543.92。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=111円40銭台で推移しています。

オバマケア改廃法案の行方に注目
 西田さんによると、オバマケア改廃法案の行方が引き続き注目されます。同法案は早ければ米国時間24日にも採決が行われる見通し。「可決されれば、ドル高・米株高・米金利高の材料になりそう。その場合、日経平均にもプラスです」(西田さん)。

 来週は、29日にメイ英首相が欧州連合(EU)に離脱通告を行う見通し。また、31日には、米連邦準備制度理事会(FRB)が重視する物価指標である、PCE(個人消費支出)デフレーターの発表があり、マーケットの動向に影響しそうです。

オトナンサー編集部


綱渡り


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね
スポンサーサイト

円高になっているが 一時的なものです!

SBI証券
2017年3月17日
前週は現地15日のFOMC(米連邦公開市場委員会)、オランダの下院選が注目されたが、いずれも市場想定内の結果となった。FRB(米連邦準備制度理事会)は2会合ぶりの利上げに踏み切ったが、今後の利上げ回数の見通しに変化はなく、外国為替市場では材料出尽くし的な円高の動きが強まった。
現状のボックス圏から浮上するためには、マーケットはより踏み込んだ“確証”を必要としている。
カギを握るドル・円相場は、16日に一時1ドル=112円台後半の円高水準に突っ込んだ。米国の利上げペースの加速が示されなかったことで、日米の金利差拡大の期待が後退してドルの上値の重さが増したことが主要因だが、学校法人・森友学園の問題を受けた日本政治の混乱を不安視する向きが、リスク回避の円買いに動いたという観測もある。
今年に入りドル・円は2月7日に1ドル=111.59円、2月27日に同111.92円まで下落している。上限は同115円どころのレンジ相場を形成しているが、仮に安値を割り込んでくると、本格的な円高見通しが日本株を直撃することになる。
円高・株安の暗雲が重さを増すのか、それとも再び円安・株高の流れが生まれるのか。目先のポイントとなるイベントが、18日まで開催中のG20(主要20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議と、23日のイエレンFRB議長の講演だ。
G20では米トランプ政権の保護主義的な主張が声明に盛り込まれる可能性も指摘され、ドルの上値を一段と重くする恐れがある。一方、直近のFOMCは金融引き締めに慎重なハト派の色合いが強いとの評価が優勢だが、イエレン議長の講演でそうした見方が補強された場合も円高リスクは高まる。


現在の東京市場は 全く米国の為替次第の情けない状況です。しかし 落ち着いてみれば 米国と日本の金利差は明らかで今後も年内2回利上げでさらに差がつくことは明白な事実です。
今後も円高が続くことは全く考えられません!現在が米国1%で 日本はマイナス金利です。年末には金利差は1.5%の予定です。目先は 円高があっても先行きが ドル高=円安 に変わりはありません!
したがって それにより株高も間違いがありません。週刊誌などでもしきりに輸出関連株をススメテいますが 当ファンドは 確かに円安で将来は株高になる可能性が高い輸出関連株ですが 絶対に買いません。
理由は、昨年9月は平均想定為替レートは105円でしたが 現在は113円です。将来もドンドン円安はありえません!確かに 120円近くまで行くかもしれませんが それ以上はこれまたありえないです。少しでも円高になればボロボロに売られます・・・・
それと 当ファンドの投資方針は 「業績が悪化しない限り 半永久的に優良株を保有する」ものです。たとえ 大相場が来ても全て売って市場から撤退することはありえません!それは 配当を貰って生活しているからです。確かに配当が少ない「優良株」を短期として売買して利食いしていますが 生活のためです。長期銘柄は 何もせずず~と保有です!相場にも山あり谷ありですが 優良株を長期で保有することが結局株価2~3倍はおろかテンバーガーにもなるのです。バタバタ売買するだけが 儲ける方法ではありません!
さて 週明けはまた下げて日経平均は -100~200円でしょうか!

望遠鏡


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね

週明けは、上げるでしょう♫

🌟好調な雇用統計で 利上げは確定的になってきました。
利上げが進めば円を売ってドルを買う動きがもう少し促進されるでしょう!
それしか今低迷している東京市場の一段の上げは期待できません・・・・・・



為替



[10日 ロイター] -
<ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティチュートのグローバルクォンティタティブ・テクニカルストラテジストのサミール・サマナ氏>

ADP全米雇用報告が大幅増になっていたため、さほど驚きはない。
労働市場の回復の裾野が広がっているという点で、失業率が下がる一方、労働参加率が上昇していることは勇気付けられる兆候だ。
市場は(3月)利上げを確実視しており、米連邦準備理事会(FRB)を阻むものはない。それでも年内は3月、9月の2度の利上げを見込んでいる。ただ12月の可能性は排除しない。
個人消費支出(PCE)価格指数が2%を下回っている限り、FRBは利上げに慎重姿勢で臨む。2.1%、または2.2%を上抜ければ、雇用よりも物価安定を強調すべき時期に来たと考えるだろう。



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね

SQ清算日でしたがあげました♫

市場が推計する3月限の日経平均先物・オプションの特別清算指数(SQ)は1万9434円30銭となった。足元の指数はこの水準を上回って推移している!


日経平均は高値圏。1万9600円付近で推移している。証券株が後場一段高。市場では「1月4日に付けた終値ベースの昨年来高値(1万9594円16銭)を意識する動きとなっている。メジャーSQ後の全面高であり、需給面の節目はクリアしているが、SQ分を除くと売買高はやや物足りない」(国内証券)との声が出ている。


やったー


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね

分散投資は、リスクを少なくします‼️

質問がありましたのでおこたえします。

こんな話があります。瓶に酒が半分入っています。
これを見てある人は、「もう半分しかない」と思い
またある人は、「まだ半分ある」とかんがえます。
ひとつのことでもこれ程考え方が違うのです。
では 投資家に置き換えてみます。<
一般の方は、「いかにして儲けるか」と考えます。
でも 当ファンドは、「いかにして損をしないか」とかんがえます。<
損をしなければ結果的に儲かる訳です。
分散投資は、リスクを少なくする切り札です。
通常 銘柄の分散・機会の分散・時の分散と3つの分散と言われます。


1.銘柄の分散
1000万円を10銘柄(1銘柄100万円)と1000万円で120銘柄(1銘柄10万円以下)があったとしますね。
株は、上がるか下がるしかないからリスクは半々と考えている方が多いとおもいます。でも そうでしょうか?
昭和電工のように中間期には業績絶好調って言っておいて第3四半期で赤字になりましたっていわれたらどうでしょうか!
このリスクは、10銘柄の1つと 方や120銘柄のうちの1つではダメージが全く違います。第3四半期で予算を達成している
東京印刷が放置されているのは会社の発表を信用していないからです。本決算を見るまで何もしないのが普通の投資家です。
でも 予定通りの決算を信じて投資するのですが 昭和電工の例もあります。
でも 逆にリンク&モチベーションの例のように昨年のれん代支払いで赤字になり今年は最高利益と言ってその通りになり
株価は昨年2月の110円が一年で550円と5倍になるっこともあります。かと言って1000株しか買っていないのはやはりどうなるかはわからないからですね~

2.機会の分散
200円で1000株買うなら200・198・196・194・192円と5つの指値をかけて買います。
一度に200円で1000株買うより安く買える可能性が高いですね!

3.時の分散
いわゆるナンピンですね。
200円で1000株買うなら500株を今日買って 明日また機会の分散を使って500株をかうことです。買いの時も売りの時も同じです。


リスクが少ない投資 は、あるのです。
株は、何の根拠も ない希望的な思い込みだけでは勝てません。
「 株価は、業績に連動する」 これが全てです!



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね
アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる