トランプ大統領の本当の狙い!

本日 米国が対中国の追加関税を9月から発動すると発表し株価は急落しました。

そもそも 7/6の米国の対中国関税はハイテク製品に限られています。

つまり 米国は中国が力を入れているハイテク製品産業を潰そうとしているのです。

中国がハイテクの技術が向上する事はそれこそ安全保障上の問題なのです。

中国が関税を掛けたのは農産物ばかりです。

中国への米国の輸出額は1300億ドル 中国の米国への輸出は5000億ドルです。

関税を掛け合いをやれば中国は大打撃を受けます。

この状況から言って中国が折れて来るのはわかっているのです。

それを見越してやっているのです。

9月の2000億ドルの関税発動までには何らかの妥協が出るでしょう!

まだ何も起きていないのに株価が急落する日本市場は一体 どうなっているのでしょうかね!

空売りで儲けている人がいるって事でしょうね!



下がってる





(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね




スポンサーサイト

「日本人を裏切るな!」 92歳マハティール首相と日本の縁

「日本人を裏切るな!」 92歳マハティール首相と日本の縁
デイリー新潮 7/9(月) 6:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00543915-shincho-int


「日本人を裏切るな!」 92歳マハティール首相と日本の縁

日本軍人は律儀だった

 6月12日、92歳のマレーシア首相であるマハティール・モハマド氏と安倍首相との会談が実現した。

 マレーシアの前政権は親中的と見られていたが、無類の親日家として知られるマハティール首相が再登板したことで、その路線が変わることを期待するのは安倍首相だけではないだろう。
.

 マハティール氏が前回の首相就任時に「ルックイースト(日本を見習え)政策」を掲げたことはよく知られている。これは簡単にいえば日本を手本にして経済成長をしよう、という政策だが、マハティール首相は決して、日本が高度成長したから「見習おう」と言ったわけではない。その「親日感情」は戦時中にも培われていたようだ。

 マハティール氏の著書『立ち上がれ日本人』には、訳者である加藤暁子氏による長い解説が収録されている。そこでは、マハティール氏と日本にまつわる「いい話」がいくつも紹介されている。同書より抜粋、引用してみよう。

 1945年、マレーシアは日本の占領から解放される。祖国が解放されたこと自体は喜ばしいことで、青年だったマハティール氏(当時20歳)もその喜びを味わう。

 しかし当時、英語学校の学校新聞の編集者をつとめていたマハティール氏は、紙面で日本占領中の苦しみを語るとともに、すでに日本の復興を願う文章も寄せていた。

「日本が原爆の悲劇を乗り越え、平和と発展に貢献してほしい」と論説で訴えていたのである。

 これは占領中の経験が影響しているようだ。

 占領中、マハティール氏は学費を稼ぐために屋台でコーヒーやピーナッツを売っていた。その頃のことをこう振り返っている。

「英国人はカネも払わず勝手に商品を奪うことも多々あったが、日本の軍人は端数まできちんと支払ってくれた。町でみかける軍人は折り目正しく、勇敢で愛国的だった」
.


「日本人を裏切るな!」 92歳マハティール首相と日本の縁



部下を一喝した理由

 それから約30年、マハティール氏は「マレーシア食品工業公社会長」というポストについていた。当時の首相から与えられたポストで、名前は立派だが、実際は品質の悪いパイナップル缶詰工場の責任者だった。

 この時、親しくなったのが三井物産クアラルンプール出張所に赴任していた鈴木一正氏だ。鈴木氏は自社のルートを通じて、米国のパイナップルの缶詰の作り方をマハティールに無償で教える。その結果、マレーシアの公社が製造するパイナップルの缶詰は輸出に耐えられる品質に変わった。

 そこで彼らは米国市場を目指し、実際に米食品医薬品局(FDA)の検査基準もクリアする。

 こうなると、その輸出権を奪おうとする会社が三井物産以外にも現れるのは当然だろう。多額のフランチャイズ・マネーを提示されて、公社の職員にはそちらに傾きそうになった者もいたという。それを一喝したのがマハティール氏だった。

「ここまでの商品にできたのは、誰のおかげだと思っているのか!」

 世話になった人を裏切ることが、マハティール氏には許せなかったのだ。

 鈴木氏はその後もマレーシアとの親交を深め、退職後も現地に居を構え、マレーシア日本人商工会議所会頭を務めた。マハティール氏にとって一番親しい日本人で、その日本びいきは鈴木氏によるところが大きい、と加藤氏は解説している。

 律義さ、真面目さ、恩を忘れない精神……マハティール氏は日本人の美徳をそうしたところに見ているようだ。そのうえで、バブル期以降低迷してきた日本人に対して、誇りをもって、立ち上がってほしい、というメッセージを常に送っている。

 その期待を裏切ってはならないだろう。

デイリー新潮編集部

2018年6月20日 掲載


(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね


アルゴリズム取引

アルゴリズム取引(あるごりずむとりひき)

コンピューターシステムが株価や出来高などに応じて、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引のこと。具体的には、自らの取引によって株価が乱高下しないように売買注文を分散したり、また株価が割安と判断したタイミングで自動的に買い注文を出したりする。利用については、投資家が発注時に証券会社が提供する複数の執行ストラテジー(アルゴリズム)から、自分に合うものを選択する方法が一般的である。
機関投資家の売買注文については、従来から証券会社の電子取引執行システムを活用したダイレクト・マーケット・アクセス(DMA)により、取引所に直接、注文を自動執行する仕組みもあるが、アルゴリズム取引は、より有利な価格で約定できるための証券会社独自のノウハウをプログラミングとして盛り込んでいるのが特徴である。アルゴリズム取引は、当初は米国の機関投資家を中心に広まり、日本国内の機関投資家にも普及している。
(野村証券 引用)



★株価の急落の時に下げ過ぎるのは例えば「5%以上下げると 自動的に売り」というプログラムが働くのです。

ですから 何も可にも下げるのは何も考えずに売りに出るからです。

大手機関投資家の盲点がそこにあるのです。

だから 当ファンドの「買いのチャンス」または「儲け口」があるのです。





指し棒





(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

3/24 「つなぎ売り」追加!

つなぎ売り」に「信用売り」に空きがあったので追加で買いました。
1.日本製紙  20万円   自社商品 2000円相当

2.エクセディ  32万円  カタログギフト 3000円

3.日本水産  26万円  自社商品詰め合わせ3000円




手数料1500円 優待8000円  利益6500円 です。



ダッシュ

もう それ病気ですよ!

現在 当ファンドは、テンバーガー(10倍ごえ)が5銘柄ありますが 業績が良いから売る予定はありません!

これらの購入時期は、2014年以前です。つまり 6〜7年は保有していたのです。
今8倍になっている アルプス技研やニチダイですが これも2014年頃です。
ニチダイは、業績が良くても5〜6年株価は上がっていませんでしたが でも今年1月に入って急反発しました。

モリテックも1年間ほとんど上がらず昨年8月頃から急進して3倍くらいになり一服しています。
早くも いつ売りましょうかというメールが舞い込んできています。業績が良いのだから売ることを考える必要がないのです。

少し上がると売って 上がらないと言って売って 株の売買を繰り返す方が大勢います。
それもうほとんど病気ですよ!
それは、意味がない事なのです。
誰も知らないうちに業績が良い銘柄を買って静かに値上がりを待つのです。
株で大切な事は、待つ事と損切り」と言われています。
待てない人は まず儲からないでしょう!
ひどいのになったら1ヶ月で上がるものがありますかと聞いてくる方もおられます。
そんなものは まずないでしょう!

株の儲けは我慢料!




我慢




(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらrクリックしてね

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
128位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる