FC2ブログ

緊急事態にどう対応するべきか!

花が咲く




最近買っている銘柄
3/12 日亜鋼業・ブロードリーフ・セントラル総合開発・土木管理総合研究所

3/13  MCJ・ウィルグループ

3/16  三菱リース・松田産業(7456)・キャリアリンク・レッグズ・サムティ(3244)・セントラル総合開発(3238)

3/17  クレステック(7812)・信和

3/18  キャリアリンク

3/19  アルトナー・キャリアリンク

3/23 アルトナー・ウィルグループ・レッグズ・信和


★株式投資では 保険といわれるのが「予備資金」です。
これが尽きた時は、もう何の対策もとれません。いずれは戻りますが・・・損失の回収に時間がかかります。

当ファンドは、リーマンショックの時と同じ流れを想定してやっています。

1.反発時期はいつ頃か? 資金をどれくらいの期間で投資するか?(少しづつ入れないと資金が枯渇する)まだ底は来ていない!
2.どの銘柄が早く反発する可能性が高いか?業績が悪くて下がているのと地合で下げて居るものを見分けないといけない!
*銀行・造船などはリーマンからいまだに立ち治っていない!
3.長期戦にそなえて高配当銘柄を選ぶ! 無配・減配にならず高配当を出せる会社
*リーマンショックの時 トヨタでさえ無配になりました。こういう無配・減配の可能性が少ない銘柄に投資が必要です。

昨日 WBS(テレビ)で「派遣切りや人員削減(飲食・工場など)が横行しているので脱コロナでは人材の不足が懸念されます」ッテ言ってました。
今は、先の事を考えられないかもしれませんが 必ずコロナも収まります。その時に 何が一番必要かを考えればいいのです!

最もたくさん買った銘柄
1.ブロードリーフ 4500株
2.キャリアリンク  4700株
3.日亜鋼業  3000株
4.技研ホールディング 1900株
5.ウィルグループ  900株
6.土木管理総合研究所  900株
7.アクモス  600株
8.レッグス  400株
9.MCJ  400株
10.アルトナー・信和・日本基礎技術・セントラル総合  300株

大きく分けると 人材派遣+テレワーク+公共工事 です。
買値は、これでもかという安値で指してかかったものよりさらに下がらないと買いません!
MCJと信和の買い上げ単価を上げました。1割以上下げないと買っていません!


人と違う事をするのはしんどいものです!そこに儲けがあるのです。人と同じことをして儲ける事は出来ないのです!
格言
「人の行く裏に道あり 花の山」




(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

スポンサーサイト



ガソリンが、1L124円でした♪

ガソリン




WTIが、1バレル23ドルで一時19ドルに暴落しました。

OPECが3年続いた「協調減産」を中止したためだぶついて急落です。

なにしろ2月初めは、1バレル60ドルだったんですからね・・・・・・

こんな時だからガソリンが1L124円(レギュラー)は嬉しいですね~






(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね



夜明けは近い!

指し棒



マネックス証券
2020年3月12日
VIEW POINT:明日への視点
本日も日本市場は大幅安となりました。マーケットは世界的に悲観一色の様相です。

先日来記載しているように本格的な反発は新型肺炎の感染拡大収束の道筋が見えてくることや、効果的な治療薬の開発、世界各国で大規模な財政支出の拡大や金融緩和の実施が行われることが必要になると思われます。

大底がいつなのかそしていくらなのかは誰にもわかりませんが、既に日経平均や東証1部のPBRは1倍を割れており長期的に見れば割安感のある水準まで下落していますし、歴史を振り返るとマーケットが総悲観の際というのは後から見ると投資のチャンスだったということも多くあります。
ご自身の大切なお金がかかっていることであり、簡単なことではないのは承知しておりますが、こうした局面こそ冷静に企業のファンダメンタルズを分析し、企業業績や保有している資産以上に売られている銘柄を少しずつ買い下がっていくというスタンスも有効ではないかと考えています。

これだけ毎日株価が大きく下がったり、新型肺炎の感染拡大の報道ばかりのなかでは皆様のお気持ちが非常に暗くなりがちだと存じます。
軽々しく申し上げて良いことではありませんが、明けない夜はないことに目を向けぜひ冷静にマーケットに望んでいただければと存じます。



(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

日経平均の暴落ランキング!

日経平均暴落率ランキング ワースト10位
日付 前日比 

1位
1987/10/20 -3836.48
ブラックマンデー
2位
1990/4/2 -1978.38
バブル崩壊
3位
1990/2/26 -1569.10
バブル崩壊
4位
1990/8/23  -1473.28
バブル崩壊
5位
2000/4/17  -1426.04
ITバブル崩壊
6位
1991/8/19  -1357.61
バブル崩壊
7位
1990/3/19  -1353.20
バブル崩壊
8位
2016/6/24  -1,286.33
イギリスEU離脱ショック
9位
1987/10/23  -1203.23
ブラックマンデー3日後
10位
1990/2/21  -1161.19
バブル崩壊

率で行くとこうなります。
値下がり高ならまた別のらんきんぐになります!


(日経平均下落率ランキング)
日付      終値    下落幅
1 1987.10.20 21910.08   -3836.48   (ブラックマンデー)
2 1990.04.02 28002.07   -1978.38   (湾岸戦争)
3 1990.02.26 33321.87   -1569.10   (湾岸戦争)
4 1990.08.23 23737.63   -1473.28   (湾岸戦争)
5 2000.04.17 19008.64   -1426.04   (ITバブル崩壊)
6 1991.08.19 21456.76   -1357.61   (バブル崩壊)
7 1990.03.19 31263.24   -1353.20   (湾岸戦争)
8 2016.06.24 14952.02   -1286.33 (英国のEU離脱問題)
9 1987.10.23 23201.22   -1203.23   (ブラックマンデー)
10 1990.02.21 35734.33  -1161.19   (湾岸戦争)
11 1990.08.13 26176.43   -1153.12   (湾岸戦争)
12 2013.05.23 14483.98  -1143.28   (中国経済危機)
13 1990.09.26 22250.62   -1108.70   (湾岸戦争)
14 1987.10.26 22202.56   -1096.22   (ブラックマンデー)
15 2008.10.16 8458.45  -1089.02   (リーマンショック) 
16 1990.08.22 25210.91   -1086.93   (湾岸戦争)
17 1995.01.23 17785.49   -1054.73   (阪神淡路大震災)
18 1990.03.30 29980.45   -1045.71   (湾岸戦争)
19 2011.03.15 8605.15  -1015.34   (東日本大震災)
20 1990.03.22 29843.34  -963.85   (湾岸戦争)

ワースト20位下落高!


戦後の日経平均暴落の時にはほとんど立ち会ってきました。

したがって 今回の下げなんぞは ワースト20位に入るかどうかという所ですね!

でも  暴落大好きです♪






(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

ニューヨーク株 1031ドル安!!!

落ちるー




【ニューヨーク時事】週明け24日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への懸念が強まり、急落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比1031.61ドル(3.56%)安の2万7960.80ドルで終了。幅広い銘柄が売られる全面安の展開で、下げ幅は2018年2月以来2年ぶりに1000ドルを超えた。ロンドン市場でも株価が大幅下落。香港や中国市場でも下落しており、世界的な株安となった。









(注記)当サイトは投資顧問業ではありません。上記情報は私個人のためのデータであり、当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
面白かったらクリックしてね

アクセスカウンター
プロフィール

諸葛孔明

Author:諸葛孔明
サラリーマンを辞めて「専業トレーダー」やっています。現在は、配当重視株7割 売買3割でやっています。
(注)「FHファンド」は、個人事業届出時の屋号です。投資顧問業ではありません!

株価&為替ボード
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
129位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブログ村
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる